会社が嫌でたまらないひとも世の中少なくありません。本当に会社に行くのが嫌で、このまま消えてしまいたいと思うことさえあります。相当、精神的に追い詰められると、どうすることもできません。精神的病になる可能性があります。会社が本気で嫌になったときは、人生の大きな岐路に立たされているときかもしれません。

会社が嫌でしょうがない

会社が嫌でしょうがない

会社が本当に嫌だと思う気持ちは、自分だけではありません。世の中は歪んでいるので、人間関係も悪く、会社が本当に嫌だと思うことがあるのです。最初は、仕事を楽しくしていたのに、いつの間にか、会社が嫌だという気持ちが強くなってきます。

所詮、多くのひとがお金のために仕事をしているわけで、心に嘘をついて仕事をしています。そこでは、かなりひどいことや、ひどいことをいう人間も出てくるのです。誰もが善人ではありません。みな、自分が正しいと思って、平気で自分の意見ばかり言ってきます。自分の人間性など棚にあげて、批判ばかりしてくるのです。そのような会社に嫌気がさすのも無理はないでしょう。

会社や仕事は理不尽なことが多くて嫌になる

理不尽なことをいう上司や同僚

会社は理不尽なことだらけです。お客さんの要望が無理をいうのは百歩譲って許せたとしても、会社内部の上司や同僚の理不尽さには、相当ストレスになります。上司は気分次第で好きなことをいい、無理を言ってきたり、責任を押し付けてきます。同僚は自分たちの給料や評価や出世が第一優先なので、トラブルに見舞われても助けてくれません。

むしろ、上司のいいなりになり、自分を攻撃してくることもあります。結局のところ、会社で自分の味方になってくれるひとは、誰一人いないわけです。理不尽なことばかりで、責められ続けます。評価されることはなく、安月給で永遠に働かされるのです。

どんなに耐えしのんでも、苦しみは強くなる一方で、年々耐えきれなくなってきます。職場のひとと一緒に時間を過ごすのさえ嫌になります。会社が嫌になると、自分自身が相当苦しめられるのです。

人間関係が災厄で嫌になる

人間関係が悪すぎて会社が嫌

会社が嫌になる原因のひとつに人間関係の悪さがあります。会社に嫌なひとがいると、それだけでも気分が落ちて、仕事の効率が悪くなります。平気でひとの悪口を言ったり、妬んできたりするひとは少なくありません。そのようなひとが家族を持っているので、どんな子供が育つのかと思うとゾッともします。

人間関係が悪いとコミュニケーションがうまく取れず、仕事に支障が出てきます。問題なのは、それに気づいているはずなのに、上の人間や人事部は見て見ぬふりをしていることです。人間関係のトラブルは、本当に精神的負担になります。会社で顔を合わすのも嫌になります。

相手からどんな仕打ちを受けるのかと思うだけでも、気分がふさぎ込んでしまうものです。職場のひとと関係がこじれると、なかなか修復することはできません。その会社で働く限り、ずーっと苦しめられることになるのです。そりゃ禿げるひとが出てきて当然だとも思います。

会社が嫌すぎて眠れず鬱になり死にたくなる

会社が嫌すぎて鬱になる

本当に会社が嫌すぎると鬱になります。会社が嫌でも、行きたくなくても、働かなくてはならず、自分に嘘をついて働くことになるのです。そのことに対してものすごいストレスが生まれて、心の病気、つまり鬱になってしまいます。鬱になると何もする気力がなくなり、いくら薬を飲んでも解決しません。

むしろ、心も体もボロボロの状態になります。そして、いっそのこと死んでしまいたいと思うのです。残念ながら、それで命を落とすひともいるでしょう。しかし、多くのひとは本気で死ぬことはできず、長い間、鬱に悩まされることになるです。それでも、会社はそのような状態を見てはくれず、働けと言ってきて、さらに苦しめられることになります。

仕事はお金だけのためか、やりがいを求めてはいけないのか

嫌でも会社に行くべきなのか、人生を大切にするべきなのか

考えなければいけないのは、本当にお金だけのために、自分の体を犠牲にしてまで働くべきかということです。自分の体が使い物にならなくなるまで働くことが本当に意味あることなのか、考える必要があります。それよりも、やりがいを持ち、幸せだと心のそこから思える暮らしを目指した方が良いように思います。

頑張ることも大切ですが、自分の体を滅ぼしては意味がありません。ひとは死んだら終わりです。その先はありません。ならば、今を精一杯生き、充実させることが大切なのだと思います。もちろん、会社を辞めることは不安ですし、次の仕事が見つかるとは限りません。

ずっと誰かに苦しめられる生活でいいのか

でも、いつまでも今のように苦しめられる生活を送ることに意味はあるのでしょうか。もっとやるべきこと、もっとできること、もっとやりがいを感じられることは他にあるかもしれないのです。怖さから、誰かの言葉によって、今の仕事を辞めるのを拒んでいるのかもしれません。でも、行動した先に見えてくるものがあります。いやいや仕事をしては、良い仕事はできません。

今が、人生を変えるチャンスかもしれないのです。動けばどうにかなります。しかし、いつまでも同じ環境にしてはどうにも変わりません。本当に今の仕事や会社が嫌ならば、今からキャリアを変えても遅くありません。家族や誰かのせいにしないことです。自分が幸せな気分でいられれば、きっと幸せは相手にも伝わります。今のままで、あなたの周りは幸せになれるでしょうか。本気で考えるときかもしれないのです。

もし、転職を考えるならば、上記のページで紹介している転職サイトを見てみるといいでしょう。いろいろな会社が載っています。すぐに転職せずとも、どのような会社があるのかだけ知っておくと、精神的にも楽になる可能性があります。いまの環境に耐えるのが美徳なのか、それともやりがいを感じる会社を探すのが良いのか、今一度真剣に考えるときです。人生は一度きりです。