就職・転職活動を有利に進めたいならば、プログラミングを覚えると良いでしょう。プログラミングができれば、手に職をつけたのと同じで就職活動が有利になります。

プログラマーはまだまだ不足している

プログラマー未経験

世の中は、まだまだプログラマーは不足しているのです。これだけ機械化が進みながら、プログラムが書ける人間はそれほど多くありません。事実、プログラマーの年収は高い傾向にあり、第一線で活躍するプログラマーならば、相当稼ぐことができるでしょう。

プログラムを勉強するには年齢は関係ない

プログラムを覚えるならば、若い方が覚えも良いかもしれませんが、年齢が高くなったからといって、プログラムを勉強できないわけではありません。実際に70歳を超えた人でも、プログラムの勉強をしている人がいます。プログラムを覚えたい気持ちがあれば、年齢は関係ないのです。

プログラムの勉強に必要なのは情熱

プログラムを勉強するというと、難しそうで敷居が高そうに聞こえるかもしれません。しかし、最初は誰しもが未経験者なわけで、勉強をしていくうちに、プログラムというものがわかってきます。

プログラムの勉強で大切なことは情熱を持ち、努力し続けることです。慣れない言語の勉強なので、つらいと思うこともあるでしょうが、諦めずに努力し続ける、継続的に学び続けることで、突破口が見えてきます。特に最初は挫折することも多いかもしれませんが、プログラムの勉強をするには、学び続ける情熱こそが大切なのです。

ゼロから作る喜びを感じる

プログラミング - 作成

プログラムができれば、ゼロから何かを作ることができます。ゼロから新たなサービスを作り上げたい。世の中に、自分が作り出したサービスで貢献したい、個人の力で稼げるようになりたい、など夢や目標がある人こそ、プログラムの勉強をすると良いでしょう。

プログラマーに必要なのは資格ではなくスキル

そして、プログラマーに必要なのは、資格ではなくスキルなのです。資格がなくても、プログラミングスキルがあれば、就職先に困ることはないでしょう。これから何か手に職をつけたいのであれば、プログラミングスキルを身に付けることをお勧めします。

今は下記のように、手軽にプログラミングが学べる環境が用意されているので、ぜひ検討してみると良いでしょう。