第二新卒者が転職活動で成功させる方法とは

第二新卒者が転職活動を成功させるためには!

今回は第二新卒者が転職活動で成功させるための方法を詳しく説明していきましょう。第二新卒での転職は、不安も相当あるでしょう。本当に今の仕事を辞めていいのか、やり残したことはないか、次の仕事が見つけられるのか、など不安に思うこともあるでしょう。第二新卒ではどうすれば転職活動で成功できるのか、詳しく見ていきましょう。

第二新卒者の定義とは

そもそも第二新卒とは、第二新卒の定義って何?と思うかもしれません。第二新卒の定義は法律などで決まってはいなく、転職業界が作り出した造語のようなものです。具体的には、第二新卒は「新卒から3年以内に転職活動するもの」という意味もあります。新卒3年未満に会社を退職し、転職活動を行う人が第二新卒になります。また、新卒で企業に就職せず、フリーターだったり、遊んでいたり夢を追いかけていた若者が、就職活動をするのも第二新卒の枠に入るでしょう。年齢でいうと、新卒から25歳26歳くらいの人が第二新卒の対象者となるでしょう。

第二新卒者のメリットとデメリット

では、第二新卒が転職する場合のメリットやデメリットはどのようなものが挙げられるのか詳しく見ていきます。

第二新卒者のメリット

第二新卒のメリットとして次のことがあげられます。

早いキャリアチェンジができる

まず、第二新卒のメリットとして挙げられるのが、早い時期にキャリアチェンジできることです。もし30代40代でキャリアチェンジしようと思うと、とても大変です。同年代と大きな差がついてしまうからです。しかし、第二新卒でのキャリアチェンジならば、同年代とそんなに差がなく、早い段階から業界で仕事をして学ぶことができます。第二新卒ならば、まだまだ潰しが効くので、新たな業界への転職もしやすいのです。

若いので転職先を広範囲に選べる

また、30代40代の転職活動に比べて、転職できる選択肢がだいぶ広いです。なので、転職を考える年代としてはまだまだ有利に転職活動をできるでしょう。若い人材を求める企業は少なくないのです。

フットワークが軽い

また、若い時の転職活動の方が、フットワークが軽いです。迅速に軽快に転職活動できます。転職活動をしようとすると、精神的にも体力的にも相当パワーを消耗します。そういう意味でも、まだまだ体力のある第二新卒での転職活動は、他の年代に比べて有利に働くことも多いのです。

第二新卒者のデメリット

では、第二新卒者の転職のデメリットはなんでしょうか。下記で詳しく見ていきましょう。

すぐに退職したことが負に働く場合がある

まず、第二新卒者の転職は、比較的早く前職を辞めることになるので、仕事が続かない人間としてみられる可能性があるということです。忍耐力、協調性が無いのではと見られることがあります。特に若い世代なので、年齢がいっている世代から怪訝な目で見られることもあるのです。これが、第二新卒者の転職のデメリットと言えます。

今までのことがゼロになる

また、少ない期間でも前職で培った評価や信頼関係があるはずです。それらが、またゼロからのスタートとなり、一から職場の信頼関係、評価を積み上げなければいけません。これは相当な労力を伴うので、大変な作業となるでしょう。

キャリア・スキルが足りない

また第二新卒のでデメリットとして挙げられるのが、もともと社会人経験も少ないため、キャリアやスキルが乏しいところです。30代40代の転職者に比べると、まだまだ技術的にも経験的にも足りないことは多々あります。なので、そのような経験者と同じ土俵に立とうと思うと、第二新卒者は力負けしてしまうこともあるのです。

それでも第二新卒者の需要はまだまだある

以上、第二新卒のメリットデメリットについてお話ししてきましたが、それでも第二新卒の需要はまだまだあります。やはり若いので、それだけ企業も魅力的に見えるのです。若いだけで、会社で育てることもできますし、いくらでも重役にまで育て上げることはできるでしょう。やはり、スキルよりも年齢を取る企業は結構多いのです。なので、経験やスキルがなくても、気にすることなく第二新卒者は転職活動すれば良いでしょう。若い人材を求める企業は多いのです。

第二新卒者が転職活動で成功させる方法

また、第二新卒者が転職活動で成功するためにはどうすればいいのか、具体的な方法を詳しく見ていきたいと思います。

何ができるのか・何がしたいのか明確に

第二新卒の就職活動は新卒採用試験とは違います。新卒採用試験の場合はある意味で、勢いでどうにかなったかもしれませんが、第二新卒の採用試験では勢いが通じないことがあります。企業は社会人経験者としてみるので、なぜ会社で働きたいのか、なぜその仕事をしたいのかを見てきます。第二新卒は能力がまだまだ乏しいことを企業側も知っています。その代わりに、なぜその仕事をしたいのか、なぜうちの会社で働きたいのかを見ているのです。

なので、第二新卒者は何ができるのか、何をしたいのかを明確にする必要があります。これがはっきりしていないと、第二新卒の転職活動で、アピールすることができません。まず今までの経験で、自分に何ができるのかを確認しましょう。その上で、何をしたいのか、会社にどのような貢献がしっかりと採用担当者に伝えなくてはいけません。

今遭遇するトラブルは新たな会社でも起こりうる

また、覚えておいてほしいのが、今遭遇しているトラブル、たとえばノルマが達成できない、納期に間に合わない、理不尽なことを言われるなどは、どの会社に行っても起こることです。これは覚えておいてください。理不尽なことはどの業界、どの会社に行っても起こります。社会人生活とは納得のできないことの連続です。そこでどう対処するかが大切なのです。なので、理不尽さから逃げるだけの転職だと失敗する可能性が高いです。そうではなく、何ができるのか、さらに自分はどのように成長したいのかを考えることが大切です。ネガティブなことはどこでも起こりうることなのです。それ以外の要素で、転職活動にフォーカスを当てていきましょう。

新しい仕事を覚悟を決めて始められるか

第二新卒で転職活動をするとき、既に同世代よりも遅れをとる場合があります。特に、業界未経験のところに飛び込むとなると、また一からの作業になります。なので、その経験の差を埋めるためにも、相当な覚悟が必要になるでしょう。本当にこれから新しい仕事をしていく覚悟があるのか、今一度考えて見ることです。既に新卒社員ではないので、厳しい面もあると思います。手厚い指導もありません。これからはさらに真剣に仕事と向き合わないといけないのです。それには相当な覚悟が必要になるでしょう。第二新卒で転職を考えている人は、今一度自分に覚悟があるのか、よく確かめてみましょう。

今の仕事に未練はないか

また、在職中の人は、本当に今の仕事に未練がないか思い浮かべてみることです。精一杯仕事をやれたか、これ以上学ぶことはないか、会社を変えた方がさらに学べるのか、本気で考えましょう。少しでも未練があるのならば、それは転職するタイミングではないのかもしれません。本当に今の会社を辞めて後悔が無いのか、冷静に考えてみましょう。

明確な志望動機を示せるか

第二新卒の転職活動で成功させるためには、しっかりとした志望動機を用意することです。単にその会社に興味があるだけではダメです。なぜ、数多くある会社で、その会社でないといけないのか、その会社に行けばどのように会社に貢献できるのか、どうしてその仕事をしたいのか、真剣に考えるようにしましょう。それらの志望動機を固めることができれば、より転職活動で成功に近づけることができるでしょう。

また、これまでの職務経歴書も詳細に書くようにします。仕事で何をしたのか、どのような成果を上げたのか詳細に書いてください。月間のノルマを達成したこと、経費削減に成功したこと、広報活動により売上が上がったこと、社内統制に貢献したこと、難しいセクション間でのやり取りを円滑に行えるようにしたことなど、なんでも良いので自分が会社に貢献したことを詳細に書くようにしましょう。それにより、採用担当者は応募者の能力や人間性を知ることができます。所詮、面接でその人の全てをわかることはできません。表面的な部分しかわからないのです。なので、少しでもわかってもらえるように、自分の良い面や武器となるポイントを最大限アピールするようにしましょう。

第二新卒の転職成功には行動力が命

第二新卒の転職活動で成功させるためには、行動力がとても大切です。いかにフットワーク軽く動けるか、また狙いを絞った会社に効率よくアプローチをかけられるかが重要になります。これから、第二新卒で転職活動を考えている人は、下記の転職サイトがオススメなので積極的に活用していきましょう!

第二新卒に激しくオススメの第二新卒ナビ!

既卒・フリーターの就職内定は第二新卒ナビ

第二新卒ナビは、まさに第二新卒者のための転職サイトになります。多数の第二新卒者向けの求人案件を掲載しており、業界未経験でも積極的に採用している企業も多数掲載されています。これから、転職活動を行う第二新卒者は、ぜひ第二新卒ナビをチェックしておくべきでしょう!

書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】はこちら!既卒フリーターの転職こそ第二新卒ナビ!

大手なので扱う求人件数も多数のマイナビエージェント

マイナビエージェント転職年収アップを目指すならば!

マイナビエージェントは、転職サイトとして非常に有名です。第二新卒対応の案件も多数用意しており、これから転職活動を行う人にもオススメです。また、専門のリクルートエージェントもつくので、転職活動にいかせる専門的なアドバイスを受けることができます。転職を考えている人は、マイナビエージェントには登録しておいた方が良いでしょう。

転職サイト「typeの人材紹介」無料転職サポートが受けられる!

転職サイト「typeの人材紹介」で年収アップできる転職を行う

転職サイト「typeの人材紹介」には、独自の求人案件があります。転職サイト「typeの人材紹介」のに掲載される募集案件も多いのです。もちろん第二新卒者対象の求人案件もあるので、見ておくといいでしょう。また業界に詳しいエージェントから適切なアドバイスももらえます!転職活動するときに、ためになるサイトです。

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ!

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ!

マイナビジョブも第二新卒者向けの転職サイトになります。自分を客観的に見るための自己分析ツールもあるので、これから何をしたいのか考える上でも良いサイトになります。専門スタッフが就職カウンセリングを行ってくれるので、納得できるまで相談することが可能です。履歴書の書き方や職務経歴書の書き方などわからない場合も気軽に教わることができるので、マイナビジョブはぜひ登録しておくと良いでしょう。

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’S!!20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ

20代専門第二新卒の転職20代専門第二新卒の転職

異業種の求人案内も得られるはたらいく

はたらいくでお仕事先を見つける!転職年収アップ

はたらいくは、異業種で働きたい第二新卒者にもオススメです。業界未経験の第二新卒者も積極的に採用している企業が多いので、これから転職活動を控えている第二新卒者は、ぜひ参考にしてみるといいでしょう。