今の会社がつまらないと感じている人も少なくないでしょう。

でも、つまらないけれども、金のために仕事をしている人も多いはずです。

しかし、今の会社がつまらないならば、はっきり言って、その仕事続けるべきでしょうか。

仕事は金のためだけに働くのではない

金のためだけに働くのではない

仕事をするのは、金のためだけに働くのではありません。

自分の能力を生かし、やりがいを持ち、社会貢献することが大切です。

嫌々させられている仕事に、自己成長も何もありません。

ただ、勤務時間が過ぎ去るように、耐える日々を送るだけになってしまいます。

人生で最も大きな財産は自分と時間

人が生きる上で、最も大きな財産は、自分と時間です。

つまり、金は必ずしも、一番重要なものではなく、自分自身そして時間こそが大切なのです。

その貴重な時間に、嫌な会社で身を置き、働くことが、自分の人生にとって、一番大切なことなのか、考えるべきでしょう。

もちろん、家族を持ったら、なかなか仕事を変えられないと思うかもしれません。

ただ、今の仕事を続けて、将来収入が上がる見込みがあるのか、本当の意味で家族が幸せになれるのか、よく考えるべきです。

人生はやりがいある仕事を持つことで輝く

やりがいある仕事を持つべき

ただ、嫌々仕事をするのではなく、やりがいある仕事をすることで、人生は輝いていきます。

つまらないと感じる会社に身を置くことで、本当に自分が幸せになれるのか、よく考えることです。

自分の人生に幸せを感じるようにするならば、働き甲斐のある、やりがいのある仕事をすべきではないですか。

惰性で生き続けるほど自分の価値は下がっていく

多くの人は、やりたくない仕事でも、なんとなく金のために働き、惰性で生き続けることを選びます。

でも、そのように惰性で生き続ければ、自分の価値を下げてしまうだけでしょう。

惰性に満ちた人生は、その人と会話するだけでわかります。

状況に甘んじることなく、挑戦し続ける人ほど、輝いて見えるのです。

それは、偽ることができない事実です。

自分の価値を高めたいならば、より良い人生を送りたいならば、やりがいを持てる仕事に就くことです。

自分が求める道が険しくとも、賢明に努力し続けることです。

その方が、つまらない会社に居続けるよりも、よっぽど有意義な時間を過ごすことができるでしょう。