嫌いな会社で奴隷として働かされている人も中にはいるでしょう。

しかし、いつまでも好きでもない会社で奴隷として働く必要はないのです。

嫌いな会社だけれども、生きていくために奴隷生活を強いられている

好きな仕事と得意な仕事の違い

嫌いな会社だけれども、生活していくために、しかたなく働くという奴隷生活を強いられている人もなかにはいるでしょう。

本当はその会社で働きたくないのに、無理して我慢して、いまの会社で働いている人は実に多いのです。

理不尽な上司の要求や言葉に耐えながら、お金のために働く社会人は少なくありません。

しかし、いくら生活のためとはいえ、好きでもない会社や仕事で、毎日奴隷のように働くのは、自分の人生を無駄にしているだけです。

会社は他にもたくさんあることを知らないといけません。仕事はいくらでもあるのです。

いまの会社が全てではなく、探せば働きたいと思えるような会社はいくらでもあります。

そのことについて早く気づく必要があるでしょう。

好きでもない仕事のために満員電車に揺られることの苦痛さ

好きでもない仕事のために、毎朝満員電車に揺られて出勤するのは苦痛でしかありません。

夏場の暑いときでも、苦痛に耐えながら、満員電車に揺られて会社に行かなくてはいけません。

会社に行っても、理不尽なことや暴言をいう上司の相手をしなければいけず、苦痛以外の何物でもないのです。

もし、これが好きな会社や、やりがいを感じられる仕事ならば、まだ我慢できたでしょう。

しかし、好きでもない仕事をすることほど、苦痛なものはないでしょう。人生の大半は仕事をすることになるでしょう。

その仕事が、好きでもない会社での労働を強いられるとなれば、かなり辛いものがあります。

そのような状況下では、奴隷生活と何ら変わりありません。今日を生きるための、銭稼ぎでしかないのです。

より自分らしく生きる

職場で暴言を吐かれて仕事を辞めたい

しかし、より自分らしく生きるならば、やりがいを感じられる、少々の苦しみでも苦にはならないような仕事をすべきでしょう。

仕事を続けられるのは、ある程度のやりがいや楽しさがあるからです。

何もなく、苦痛でしかない仕事は、続けても意味がありませんし、第一そう簡単に長く続けられません。

苦痛な仕事は、ただただ苦痛でしかないのです。

ですから、自分らしく生きるためにも、もっと自分にとって実りある仕事を見つけるべきでしょう。

そのような仕事が見つかれば、さらに生活は楽しくなりますし、面白みも増すことでしょう。

今の会社に人生を奪われないために、自己投資を始める

今の会社をなかなか辞めることができない方もいるでしょう。

しかし、いつまでも苦痛で仕事をしても、体を壊してしまう可能性があります。

なので、今のうちに自己投資しておくことです。

今の会社を辞めても生きていけるスキルを身につけることが大事です。

簡単に始められることは、まずは本を読み始めることです。

本を読むことで様々な知識をつけられます。

また、副業を始めて、自分で稼ぐ力を身につけていくと良いでしょう。

投資ならFXがおすすめ

また、多少余剰資金があるならば、投資を始めてみるのもおすすめです。

たとえば、FXならば、少額からでもトレードを始めることができます。

今のうちから、コツコツトレードして、お金を稼げるようになれば、今の仕事に縛られずに、生活していくことは、十分に可能でしょう。

奴隷生活ほど辛いものはない

フリーターはなぜかプライドが高い

世の中には思い病気に苦しむ人がいるでしょう。

しかし、それよりもつまらない仕事に時間を費やされるほど苦痛なことはありません。

嫌いな会社で働くほど、人生を無駄にしていることはないのです。

なので、いまの会社がつまらない、いまの仕事が嫌いならば、いち早く転職を考えた方が良いでしょう。

自分に合う仕事はいくらでも見つかります。いまの仕事だけが全てだとは思わないことです。

まずは、周りを見回して、どんな仕事があるか、探してみると良いでしょう。