第二新卒の就職・転職活動は結構辛いです。

この記事を書いている筆者も、実際に第二新卒の転職を経験したことがあるので、その辛さはよくわかります。

なぜ第二新卒の転職は辛いのか

なぜ第二新卒の転職は辛いのか

なぜ、第二新卒の転職は辛いのか、それには様々な理由があります。

それまでの収入や安定が失われる

もし、第二新卒の転職のために会社を辞めてしまうと、それまでの収入や安定が失われることになります。

特に前職が大手だったり、待遇が良い会社だったりすると、辞めて安定が失われることに対する不安が大きいのです。

また、転職活動を始めても、いい会社に出会える保証もありません。

新卒枠で受けれない

第二新卒となると、新卒枠で受けることはできません。

企業によっては、第二新卒でも新卒枠で受けられることもあるかもしれませんが、第二新卒は新卒枠で採用試験を受けられないことも多いのです。

なので、その分選択肢が減ってしまうでしょう。

特に、大手企業に行きたいひとは、あまり第二新卒での採用を行っていなく、大手への就職活動も厳しくなることがあります。

学生のノリが通用しない

また、新卒採用の時ならば、まだサークル活動やアルバイトのことなど、学生のノリで自己アピールができたかもしれませんが、第二新卒となると、すでに社会人なので学生のノリは通用しません。

第二新卒という肩書きで、冷静に採用担当者から見られることがあるのでしょう。

若さだけでは評価してもらえない

また、新卒ならばまだ若さで評価されたかもしれませんが、第二新卒となると、若さではなく、経験やスキルを求められたりします。

なので、経験やスキルがないと、高評価が得られないこともあるのです。

ネガティブに見られることがある

さらに、第二新卒の転職活動では、前職をすぐに辞めたことで、マイナスイメージがつく可能性もあります。

採用担当者によっては、「またすぐに仕事を辞めるのではないか」と見られることもあるのです。

同年代とすでに差がついている

さらに、第二新卒からの就職・転職だと、すでに同じ業界で経験を積んでいる同年代との差がついてしまっています。

なので、その分人材評価としても不利に働いてしまうことがあるのです。

取り残された感がある

特に、周りの友人はバリバリ働き、自分だけ転職活動をしているときは、取り残されたように感じてしまいやすいのです。

そういうときは、あまり周りばかりに気を取られないことです。

辞めたことを後悔してしまう

また、あれほど会社を辞めたかったのに、いざ会社を辞めると、もったいないように感じて後悔することもあるかもしれません。

ひとは、失ってみて初めて気づくこともあります。

ただ、それは会社を辞めて、ないものねだりで後悔しているだけかもしれません。

在職中なら辞めるかよく考えること

もし、今現在在職中ならば、本当に辞めるべきなのか、今の会社ではだめなのか、よく考えることです。

やはり、会社を辞めると、それまでの収入や安定が失われてしまうので、慎重に考える必要があります。

辛い転職活動を乗り越えた先にあるもの

辛い転職活動を乗り越えた先にあるもの

今は、転職活動で辛いかもしれませんが、その先にはこれまで見えなかった未来が得られることがあります。

仕事にやりがいが持てる

それまでは仕事にやりがいが持てなかったのが、希望する仕事に転職することで、仕事に対してやりがいを持つことができます。

仕事にやりがいを持てるようになれば、休日のことばかり考えて、我慢して働かなくてもよくなるでしょう。

生きる活力が生まれる

また、それまで嫌々仕事をして生きる意味すら見出せなかったのが、やりたい仕事に就けることで、生きる活力が生まれることもあります。

仕事に対してのモチベーションが違うだけで、自分の人生の明るさもかなり変わるのです。

この辛さがいつまでも続くわけではない

今は、第二新卒の転職活動で辛いかもしれませんが、この辛さがいつまでも続くわけではありません。

辛いと周りが見えず、苦しみがいつまでも続くように思うものです。

しかし、行動し続けて、あなたが希望する仕事に就けたとき、きっと辛いながらも転職活動を頑張って良かったと思えることでしょう。

第二新卒の辛い転職を乗り切るには?!

第二新卒の辛い転職を乗り切るには?!

第二新卒の転職活動を頑張ることで、あなたの人生は大きく変わることがあります。

では、この厳しい状況でどのように乗り越えていけばいいのか、下記で詳しく見ていきます。

自分がやりたい仕事をしっかり選ぶ

まず、第二新卒の辛い就職活動を乗り越えるためには、本当にあなたがやりたい仕事を探すことです。

適当に仕事を見つけても、またすぐに嫌になってしまうかもしれません。

そうなると、年齢ばかり重ねて、さらに転職活動は苦しくなる可能性があります。

なので、あなたがやりがいを持てる仕事を探すことが大事なのです。

いろいろな仕事や会社を調べてみる

また、まだ方向性が定まらないひとは、いろいろな業界の仕事や会社のことを調べてみるといいでしょう。

これまで経験したことがないことでも調べてみると、あなたが興味を持つ業界もあるかもしれません。

柔軟にものごとをとらえることも、これから生きていくうえで大切なことです。

周りに惑わされない

また、第二新卒の転職活動をすると、周りからネガティブな意見を言われることがあります。

あとは、頼んでもないのに、勝手に就職先を判断されたりすることもあります。

そういう周囲の雑音には惑わされないことです。

あなたの人生なので、あなたが選択していくのです。

他人と比べない

また、同じような年代の友人たちと、仕事や年収を比べてしまうこともあるかもしれませんが、比べたところで意味はありません。

大切なことは、あなたが仕事に対してやりがいを持てるかであり、友人たちと年収の高さを競うことではないのです。

あなたが目指す方向に集中することです。

今後も伸びる業界か

また、転職先を探すときは、今後も伸びる業界なのか、チェックポイントに入れるといいでしょう。

新型コロナの問題など、今後も何が起こるかわかりません。

様々なことが起こっても、将来的にも発展していく業界なのか、考えてみることです。

やはり、IT業界は今後も発展していく可能性は十分にあるので、選択肢の一つとしておすすめな業界ではあります。

あなたの強みは何か

また、ただ自分のやりたい仕事を探すのではなく、あなたの強みが生かせるかどうかも、よく考えておくことです。

第二新卒となると、経験やスキルが求められたりするので、やりたい気持ちだけでは採用されない可能性があります。

アルバイトや少しの職歴でもいいので、これまでの経験で次の仕事に活かせられることはないか、考えてみるといいでしょう。

自ら勉強する

また、異業種への就職・転職活動の際も、自ら率先して勉強することが大事です。

独学でも勉強する姿勢も見せることで、仕事へのやる気のアピールにもなります。

次の仕事に繋げるためにも、少しでも勉強しておくことが大事です。

一人で悩まない

第二新卒の方は、まだ社会人経験や転職経験も浅いので、何をすればいいのかわからないひとも多いでしょう。

漠然とした悩みを抱えて、なかなか行動に起こせないひともいると思います。

そういうときは、ひとりで悩まずにまずは誰かに相談してみるのもいいでしょう。

ひとりで悩み、何も動かずにいると、なかなか先は見えてきません。

第二新卒の就職に詳しいエージェントに相談する

また、一人で就職・転職活動を行うのは、何かと不安もあるので、第二新卒向けの就職に詳しいエージェントを利用することです。

上記は、第二新卒の就職・転職向けのオススメなサイトになります。

未経験の方も、しっかりサポートしてもらえるので、ぜひチェックしてみるといいでしょう。

諦める必要はない

新卒の時とは違い、第二新卒の就職・転職活動は何かと辛いこともあるかもしれませんが、それでも諦めずに行動し続ければ、採用される可能性は十分にあります。

なので、辛いときかもしれませんが、諦めずに行動し続けることが大事です。