第二新卒の就職・転職活動は結構辛いです。

この記事を書いている筆者も、実際に第二新卒の転職を経験したことがあるので、その辛さはよくわかります。

なぜ第二新卒の転職は辛いのか

なぜ第二新卒の転職は辛いのか

なぜ、第二新卒の転職は辛いのか、それには様々な理由があります。

新卒枠で受けれない

まず、第二新卒となると、新卒枠で受けることはできません。

企業によっては、第二新卒でも新卒枠で受けられることもあるかもしれませんが、第二新卒は新卒枠で採用試験を受けられないことも多いのです。

なので、その分選択肢が減ってしまうでしょう。

特に、大手企業に行きたいひとは、あまり第二新卒での採用を行っていなく、大手への就職活動も厳しくなることがあります。

学生のノリが通用しない

また、新卒採用の時ならば、まだサークル活動やアルバイトのことなど、学生のノリで自己アピールができたかもしれませんが、第二新卒となると、すでに社会人なので学生のノリは通用しません。

第二新卒という肩書きで、冷静に採用担当者から見られることがあるのでしょう。

若さだけでは評価してもらえない

また、新卒ならばまだ若さで評価されたかもしれませんが、第二新卒となると、若さではなく、経験やスキルを求められたりします。

なので、経験やスキルがないと、高評価が得られないこともあるのです。

ネガティブに見られることがある

さらに、第二新卒の転職活動では、前職をすぐに辞めたことで、マイナスイメージがつく可能性もあります。

採用担当者によっては、「またすぐに仕事を辞めるのではないか」と見られることもあるのです。

同年代とすでに差がついている

さらに、第二新卒からの就職・転職だと、すでに同じ業界で経験を積んでいる同年代との差がついてしまっています。

なので、その分人材評価としても不利に働いてしまうことがあるのです。

第二新卒の辛い転職を乗り切るには?!

第二新卒の辛い転職を乗り切るには?!

このように、第二新卒は新卒採用とは違い、何かと辛い就職・転職活動になることが予想されます。

では、この厳しい状況でどのように乗り越えるべきなのか、下記で詳しく見ていきます。

自分がやりたい仕事をしっかり選ぶ

まず、第二新卒の辛い就職活動を乗り越えるためには、本当にあなたがやりたい仕事を探すことです。

適当に仕事を見つけても、またすぐに嫌になってしまうかもしれません。

そうなると、年齢ばかり重ねて、さらに転職活動は苦しくなる可能性があります。

なので、あなたがやりがいを持てる仕事を探すことが大事なのです。

あなたの強みは何か

また、ただ自分のやりたい仕事を探すのではなく、あなたの強みが生かせるかどうかも、よく考えておくことです。

第二新卒となると、経験やスキルが求められたりするので、やりたい気持ちだけでは採用されない可能性があります。

アルバイトや少しの職歴でもいいので、これまでの経験で次の仕事に活かせられることはないか、考えてみるといいでしょう。

自ら勉強する

また、異業種への就職・転職活動の際も、自ら率先して勉強することが大事です。

独学でも勉強する姿勢も見せることで、仕事へのやる気のアピールにもなります。

次の仕事に繋げるためにも、少しでも勉強しておくことが大事です。

第二新卒の就職に詳しいエージェントに相談する

また、一人で就職・転職活動を行うのは、何かと不安もあるので、第二新卒向けの就職に詳しいエージェントを利用することです。

上記は、第二新卒の就職・転職向けのオススメなサイトになります。

未経験の方も、しっかりサポートしてもらえるので、ぜひチェックしてみるといいでしょう。

諦める必要はない

新卒の時とは違い、第二新卒の就職・転職活動は何かと辛いこともあるかもしれませんが、それでも諦めずに行動し続ければ、採用される可能性は十分にあります。

なので、辛いときかもしれませんが、諦めずに行動し続けることが大事です。