就職活動/転職活動がなかなかうまくいかず、苦しんでいる方も少なくないでしょう。

なぜ就活がうまくいかないのか、就職活動を成功させるためにはどうすれば良いのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

目次

希望する仕事(就職先)の条件が厳しすぎる

仕事に対しての条件が厳しい

就職活動に苦戦している方は、そもそも、働きたい仕事(就職先)の条件が厳しすぎる場合があります。

探している仕事が、今の自分のスキルでは難しい仕事や会社ではないか、見直してみましょう。

例えば、かなりの高収入を期待したり、平均よりも多くの休みが欲しかったり、家に近い方が良かったり、自分が出している条件が厳しすぎると、その条件に合う会社がなかなかなく、またあったとしても高度なスキルや経験を求められ、なかなか採用されないということもあります。

だいたい学生に人気の大手企業だったり、知名度あり評判の会社は競争率が高いので、そのような会社に就くのは、高いスキルや経験が求められ、採用試験を突破するのは、とても大変です。

ひょっとしたら、自分の希望する条件が厳しすぎるかもしれないので、見直してみることも大事でしょう。

スキルや経験が足りていない

希望する会社によっては、スキルや経験を求める会社もあるでしょう。

そのような会社では、いくら就職希望をしても、スキルや経験不足で採用されない可能性が高いです。業界未経験の方は、なおさら不採用になる可能性があるでしょう。

希望する仕事が、高いスキルや経験を求められる会社ばかりでないか、見直してみることも大事です。

ただ漠然と就職活動をしていないだろうか

ただ漠然と就職活動をしていないだろうか

多くの就職希望者が陥りがちなのが、ただ漠然と仕事を探してしまうことです。

仕事をしてお金を稼ぐことばかり頭がいってしまし、「自分はどうしたいのか」「自分はどういう仕事をしたいのか」をあまり考えていないことがあります。

もし、なんとなく漠然と就活をしているならば、より具体的な志望理由/就職理由を言うのは、なかなか難しいでしょう。

どうしても、ありきたりな理由になり、採用担当者に「仕事をしたい」という熱意は伝わりづらいです。また、適当に仕事を探しても、「自分には合わない」と言って、またすぐに会社を辞めてしまう場合もあります。

仕事をする意味を自分でよく考える

そうならないためにも、自分は何がしたいのか・どういう仕事に興味があるのか、よく考えることです。

自分がやりたいこと・自分がしたいことをより明確にして、それに関する仕事を目指した方が、モチベーション高く仕事に励むことができるでしょう。

自身が納得いく就職活動を行うならば、自分が何をしたのかをよく考えましょう。

自分主体で動いてもいい

「自分が自分が」というと、自分勝手な人間に見られるかもしれませんが、自分主体の就職活動で良いのです。

自分の人生は自分で切り開くしかありません。自分のことを自分が考えずして、誰が考えるのでしょうか。

自分が興味有る仕事を目指した方が、適当に仕事を探すよりも、仕事に対して興味がわくでしょう。ぜひ、就職活動を行う際は、自分がどうしたいのかに焦点を置くと良いと思います。

目指す道が見えてくれば、足りないものを補おうともするはず

仮に、自分が目指したい道が見えてきて、自分に足りないスキルや経験がわかれば、それを補おうとするかもしれません。

なんとなく仕事を選んでいると、スキルや経験が少し必要なだけでも、すごく難しく見えたりします。

しかし、本気でその仕事に興味があり、目指したいと思うならば、足りないスキルや経験があろうとも、それを補うように努力して目指そうと思えるものなのです。

モチベーションや情熱はとても大切

自分が目指したい道へ進むためにも、モチベーションや情熱は大切です。モチベーションや情熱があれば、たとえ一般的には難しいと思うような方向/人生の道でも、頑張ろうとします。

困難を克服するためにも、自分がやりたいことを明確にすることはとても大切なことなのです。

どんな仕事を選ぶにしても、困難な場面はきっとあるでしょう。そういう場面に遭遇しても、前向きに努力するためには、その仕事に対してのモチベーションや情熱が原動力になるのです。

年収だけで会社を選んでいると失敗する可能性が高い

就職活動では、年収の高さで会社を選ぶこともあるでしょう。ただし、年収だけで会社を選ぶと、就職活動で失敗する可能性も高いです。

そもそも年収が高い会社は、それ相当なスキルや経験が求められます。なので、応募してもなかなか採用されない場合もあるのです。

年収の高い仕事が必ずしもやりがいある仕事とは言えない

また、年収の高い仕事が必ずしもやりがいある仕事とは言えません。

年収は高いけれども、自分にとっては興味を持てない仕事かもしれません。年収の高さだけで選ぶと、就職後の仕事内容に不満が出る場合も少なくありません。

年収が高い分激務だったり、会社から求められる要求も高くなります。

年収の高さで仕事を選ぶのも一つの方法ですが、本当に自分にとってやりがいある仕事なのかも、よく考えてみることが大事でしょう。

採用試験を極度に怖がっていないか

採用試験を極度に怖がっていないか

また、就活がうまくいかない方の中には、採用試験/面接に怖さを感じている方も少なくありません。

面接という場所は、何も自分を否定される場所ではありません。たとえ、不採用通知をもらったからといって、自分の人格を否定されているわけではないのです。

ただ、なかには圧迫面接などで、あなたの人格否定までしてくる採用担当者もいるかもしれませんが、そういうひとの話に耳を傾けないことです。

不採用通知は、人間性を否定されているわけではない

だいたい、就職面接であなたの全てを理解するのは不可能に近いことですし、また基本的に人間に対して優劣があるとも思えません。

もちろん、スキルや経験などの違いがあるでしょうが、だからといって、それが人間的に劣るかと言えばそうではなく、単にその仕事がすぐできるかどうかだけです。

採用面接で不合格になると、自分の人間性を否定されたかのように勘違いしてしまう方もいるかもしれませんが、あくまで会社側が「仕事や会社に合わない」と評価を下しただけであり、自身の人間性についてはなんら関係のないことなのです。

その会社の言うこと・考えることが全てではない

採用面接など受けると、「その会社の言うこと・考えや理念が全てだ」と勘違いすることがあるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

世の中には、様々な考えを持ったひとたち・会社で溢れています。その会社の考えは、社会全体のなかの一部でしかありません。

その会社が全てではないのです。会社によっては、自分たちの考えが全てのように言うかもしれませんが、そのようなことは全くないのです。

ですから、たとえ不採用通知を受けたとしても、その会社にこだわり過ぎず、気持ちを切り替えて、次の会社を目指していくといいでしょう。

就職希望者と企業は対等である

また、間違ってほしくないのが、就職希望者と企業は本来対等であるということです。

就職活動をしていると、自分が採用されるかどうか判断される立場なので、自分の方が価値が低く見えるかもしれませんが、そのようなことは全くありません。

本来、人間に優劣はなく、企業と就職希望者は対等なのです。自分の方が立場が低いと見るのは、誤った認識と言えます。

また下手に低い姿勢で構えていると、相手からは「自信の無さそうな人間」に見られてしまい、なかなか良い評価がもらえることはありません。

採用するかどうかは採用側の自由ですが、その会社で働くかどうかはあなたの自由なのです。決して採用側が偉いのではなく、お互いに選択権があり、対等であるということを忘れない方が、自信を持って良い面接ができるでしょう。

志望理由/就職理由を具体的に伝える

志望理由/就職理由を具体的に伝える

また、志望理由/就職理由を具体的に採用担当者に伝えることも大切です。

よその会社でも言えるようなありきたりな内容では、採用担当者の心には響かないでしょう。

なぜその会社で働きたいのかよく考える

ありきたりな理由ではなく、なぜその会社で働きたいのか・なぜその仕事がしたいのか、より具体的にすることです。

それが明確になれば、よりクリアに相手にも伝わり、仕事に対して興味・熱意ある人材に見えるでしょう。

採用担当者に仕事への興味や熱意をアピールすることは、採用されるためにもとても大切なことのです。

それには、やはり自分がどうしたいのか・どういう仕事をしたいのか・どういう会社で働きたいのかなどを、より具体的にイメージできることが大事なのです。

他の応募者との違いを見せることが大切

たとえ経験やスキルがなくとも、熱意やモチベーションが高ければ、他の応募者との違いが見えて、採用担当者からも「魅力的な人材」に映る可能性が高いです。

採用側の企業に興味を持ってもらうためには、他の応募者との違いを見せることも大切なのです。ありきたりなことを言っては、他の応募者の中に埋もれてしまうだけです。

そうではなく、他の応募者との違いを見せるためには、自分がどう思っているのか・自分の強みは何かなど、よく自己分析することも大切なのです。

まだまだ自分の良さに気づいていない

自分の良さに気づいていない

それまでの人生や周りの考え方に自分が影響されていることもあります。

本当はもっと可能性があるひとなのに、周りの意見に惑わされて、自分の良さに気づいていない可能性があるのです。

周囲に影響されやすい方ほど、周りの意見に惑わされ、自分が何をしたいのか・自分にはどう良さがあるのか、気づいていない場合もあります。

世間には妬みや嫉妬があり、素直に相手を認められないひともいる

世の中、妬みや嫉妬もあるので、相手を褒めることができず、否定したりするひとも多いのです。

本当はそのひとは優れているのに、それを認めると「自分が劣っている」ような錯覚に陥るので、なかなか相手を褒められない、素直に尊敬できないひとも多いです。

自分の良さに気づいてみよう

なので、そのような否定的な言葉に騙されないことです。もっと自分の良さ・長所にも目を向けて、企業にアピールすることが、就職活動では大切なことなのです。

採用企業側は、あなたの全てを知ることはできないので、あなたにアピールしてもらうことで理解を深めることができるのです。

自分を知ってもらうためには、自分でアピールするしかありません。誰かに勝手に気づいてもらえるわけではないのです。

就職活動がうまくいかない方は、カウンセリングや模擬面接を受けるのも良い

就職活動が心配な方は、カウンセリングや模擬面接を受けるのも良い

そうは言っても、自分の良さになかなか気付かない方も少なくないでしょう。

他人のことは見えても、自分のことは見えにくいものです。

なので、もし自分の良さやどういう仕事がしたいのかわからなかったり、就活がうまくいかない方は、就職専門アドバイザーからカウンセリングを受けるのも良いでしょう。

カウンセリングを受けることで、自分に合う仕事は何なのか、見えてくるものがあると思います。

下記では、カウンセリングや模擬面接が受けらえる、おすすめの就職専門サイトを紹介しているので、参考にしてみると良いでしょう。

就職/転職支援実績は累計41万人以上!「リクルートエージェント」

転職支援実績は累計41万人以上!「リクルートエージェント」「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」は、以前からある企業で、転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)と実績のある会社なので、これから就職/転職を考えている方にもおすすめです。

キャリアアドバイザーに相談して、しっかり面接対策を行うことも可能です。

10万件以上の非公開求人

「リクルートエージェント」には、一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えているので、自分に合う仕事が見つかりやすいのです。

また、「リクルートエージェント」には、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選して紹介してくれます。

様々な転職サポートが受けられる

その他にも、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートが受けられるので、「リクルートエージェント」もおすすめなのです。

「リクルートエージェント」の公式サイトはこちらになります。「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」「リクルートエージェント」

キャリアを客観的に整理してくれる「DODA」

キャリアを客観的に整理してくれる「DODA」「DODA」

「DODA」でも、就職/転職のプロに相談して、自分に合う就職活動を行うことができます。

「DODA」では、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中で紹介してもらえます。

キャリアを客観的に整理してくれる

また、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリアやスキルを総合的に判断し、現在の就職/転職市場において強みとなる部分・弱点となる部分を整理してくれます。

事前にできる限り詳しい面接情報が聞ける

また、人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイスをもらうことができますし、面接に不安を感じる方のために、事前にできる限り詳しい面接情報を聞くこともできます。

このように「DODA」も様々な就職/転職サポートが得られるので、オススメなのです。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」

「DODA」「DODA」

就活をうまくいかせるためにも、採用試験・面接の準備が大切

就活をうまくいかせるためにも、採用試験・面接の準備が大切

就活を成功させるためにも、面接対策など準備をしておくことが大切です。

何も準備をせず、その場しのぎの回答では、採用担当者に熱意は伝わらないでしょう。

なぜ、その仕事に興味があるのか、なぜその会社で働きたいのか、イメージを具体的にして、面接準備に励むことです。

そうすれば、採用面接でも自信を持って挑むことができますし、良い自己アピールにもつながるでしょう。

チェックしていない企業がまだまだあるはず

自分でもチェックしていなかった企業はまだまだたくさんあるはずです。

ぜひいろいろな企業にも注目してみましょう。キャリアカウンセラーとお話しすることで、自分に合う企業が見つかるかもしれません。

また、求人案内を見て、最初はあまり興味を感じなかった企業でも、実際に採用担当者にお会いして仕事内容を聞いてみると興味がわくこともあるので、先入観にとらわれず、様々な企業の採用面接を受けてみるといいでしょう。

笑顔は自分を魅力的に見せることができる

また、笑顔を見せると、相手に明るい印象を持たせることができます。

面接では、常に強張った表情だけではなく、時折柔らかい表情や笑顔を見せると、明るく見えて、相手に好感を持ってもらいやすくなります。

無理に笑顔を作る必要もありませんが、強張った表情になりやすい方は、なるべくリラックスすることが大事でしょう。

就活がうまくいかなくても、諦めなければ結果はついてくるはず

仕事が見つかるまで諦めない

たとえ就活がうまくいかなくても、諦めずに動き続ければ、きっと結果はついてくるはずです。

今、自分に合う仕事が見つかっていないのは、たまたま縁がなかっただけかもしれません。就活はある意味で縁なので、前向きに動き続ければ、良い縁に巡り会える可能性もあります。

ですから、不採用通知をもらっても、あまり落ち込まずに、気持ちを切り替えて、次の会社に応募するのが大切でしょう。

なかなかできない経験だからこそ楽しもう!

採用面接では、その会社の社長や役員についている方ともお話しする機会があります。

こういう機会は、普段仕事をしているとなかなかありません。会社で中核となる方とお話しするのは、考え方など非常に勉強になる部分も多いです。

就職活動は精神的に体力的にも大変な面はありますが、ある意味で貴重な経験ができる場でもあるので、ぜひ前向きに取り組むと良いでしょう!