おそらくこの記事を読んでいる女性は、今の仕事を続けるか・それとも転職するのか、迷われている方が多いと思います。

女性は、仕事をしつつも、結婚や出産など考えることはいろいろあります。様々なことが関係しているため、20代のうちに転職すべきなのか、悩んでいる方も少なくでしょう。

そこで今回は20代の正社員転職/就職について詳しく見ていきたいと思います。

目次

今の仕事を続けていて本当にいいの?

今の仕事を続けていて本当にいいの?

一番悩むのは、「今の仕事を続けていて本当にいいのか」ではないでしょうか。

せっかく就職活動をして内定をもらった会社で働いていて、なんとか生活も出来ている中で、本当に今の会社で仕事を続けていいのか、漠然と悩んでいる方もいるでしょう。

パワハラ・セクハラで被害を受けているならば労働基準監督署に相談しよう

働くの女性の中には、パワハラやセクハラなど上司や同僚から被害を受けている女性もいます。

このようなケースの場合は、即刻ハローワークや労働基準監督署に相談した方が良いでしょう。たとえ、それが効果を発揮するかわからなくとも、まずはアクションを出してみることが大切です。

また、そのような会社は働いていても意味がないので、いち早く退職した方が良いでしょう。

給料が低くて仕事を辞めたい

また、一生懸命働いているのに、給料が低くて転職を考えている方もいるでしょう。

このような場合は、すぐに転職すべきか判断は難しいところですが、さらに給料がもらえそうな会社があるのならば、検討してみる価値はあるかもしれません。

スキルアップのために転職したい

今している仕事に満足できない、もっと自分を成長したくて、転職を考えている方もいるでしょう。

こういう方は、もし技術や経験もあり、次に働きたい仕事が明確になっているならば、転職で成功する可能性も十分にあるでしょう。

今の仕事にやりがいを持てない

また、今の仕事にやりがいを持てないという方もいると思います。

なんとなく毎日社内で仕事をして、なんとなく1日が過ぎ去る。休み明けの月曜日は気分が乗らず、休みのことばかり考えている。

こういう方は、仕事へのやりがいを感じられず、転職したいと考えているかもしれません。

女性は結婚や出産のことなどもあり転職も慎重になりがち

女性は結婚や出産のことなどもあり転職も慎重になりがち

また、女性の転職の場合は、将来の結婚や出産のことを考えると、転職活動は慎重になる傾向にあります。

やはり、福利厚生や育児休暇がしっかりしている会社の方が魅力的に見えるでしょう。子供を持つと遅くまで仕事をするのは大変です。子育てに理解ある会社の方が、女性にとっては働きやすい会社と言えるでしょう。

本当にやりたい仕事か・福利厚生などが充実している仕事か

また、本当にやりたい仕事がある場合は、福利厚生や育児休暇がしっかりしている会社を選ぶかどうかで迷われることがあると思います。

本当にやりたい仕事/会社は、出産・育児休暇などが備わっていない場合もあります。そうなると、結婚して家族を持ってからが、仕事と家事/育児の両立で苦労することになるでしょう。

ただし、かといってやりたくもない仕事をしても、自分にとっては仕事に対する興味もなく、ただお金を稼ぐための労働の日々で終わってしまうでしょう。

結婚するまでの場つなぎ的な就職

また、20代女性によっては、結婚するまでの場つなぎ的な就職活動を行う方もいるでしょう。

30歳もしくは20代中盤までに結婚を目指し、会社勤めは数年で卒業しようと考えている方もいるかもしれません。このような女性は、仕事に対してのやりがいよりも、いかに定時で帰れるか休みが多いかが重要なポイントだと思います。

結婚相手を探すための就職

また、女性によっては結婚相手を探すための就職活動を行う方もいるでしょう。

たとえば、弁護士との出会いを求めて、弁護士秘書や弁護士事務所の仕事をする方もいるでしょうし、業界に入って、自分が理想とする業界で働く結婚相手を探すという選択肢もあります。

ひとによって働くスタイルは違う

ひとによって働くスタイルは違う

このように、20代女性の転職は、そのひとによって働くスタイルも違いますし、就職先も変わってくると思います。

仕事を取るのか、それとも結婚や育児・子育てを取るのかで、就職先もわかってくるのです。

本当にやりたい仕事をした方が、仕事にやりがいを持てる可能性が高い

ただし、一つ言えるのは、本当にやりたい仕事をした方が、仕事に対してやりがいを持てる可能性は高いというこです。

福利厚生や育児休暇目当てで、ある程度なんでもいいからといって働き始めた仕事の場合は、本当にやりがいを感じて仕事をできるかどうかは疑問です。もちろん、たまたま入った会社でも、自分がやりたいと思う仕事に巡り会えることもあります。

ただし、みんながみんなそうではないはずです。やはり、最初から自分のやりたい仕事を目指した方が、入社してからもある程度モチベーション高く働くことができるでしょう。

仕事はお金を稼ぐためで良いのか

これも、ひとによって考えは違うと思います。

ひとによっては、ただお金を稼ぐためだけに働くひともいるでしょう。むしろ、その方が多いかもしれません。

しかし、仕事に対してやりがいを持っているのと、持っていないのでは、人生に於いての幸福感や満足感も変わってくるように思います。

もちろん、お金のために割り切って働くということもできます。ただし、仕事に対して本当にやりがいを持ちたいならば、自分は何をしたいのかを明確にして、それに関する仕事を目指した方が、日々幸福感を得られる可能性も高いと思います。

ひとは日々年を取る

ひとは日々年を取るものです。時間は止まりません。

なんとなく過ぎ去る日々で良いのか、それともやりがいを持ちながら働くのが良いのかは、ひとそれぞれでしょう。ただし、あとで後悔しないためにも、悔いのない選択をしたいものです。

恋人のことを考えると転勤職や遠方地への転職は考えてしまう

また、恋人や婚約者・家族がいる方だと、転勤や遠方地への転職は考えてしまうでしょう。

もっとも男性に比べると女性の転勤職はそれほど多くはないかもしれませんが、遠方で働くかどうかは、彼氏や家族がいる場合は慎重に考えざるおえません。

あなたはどうしていきたいのか

あなたはどうしていきたいのか

転職を考える際は、いろいろな要因があると思いますが、大切なことは「あなたがどうしていきたいか」です。

自分が一番どうしたら幸せを感じられるのか、よく考えてみましょう。

今の仕事を続けることが本当に幸せか、それとも育児や福利厚生がもっと充実した会社に転職すべきなのか、もしくはもっとやりがいを感じられる仕事に転職すべきなのか、よく考えてみることです。

これは、どれが正解というものではありません。答えはそのひとによって違うからです。

ただし、どのような道に進むにしても、誰かのせいにせず、自分でしっかり決めた方が、あとで後悔しないでしょう。なので、誰かのせいにしたり、「誰かがいるからやむおえずそうした」というのではなく、誰のためでもなく、自分のために自分の道をしっかり決めることです。

お金がもっと欲しいから転職するのだっていい

お金のために転職するのは気が引ける方もいるかもしれません。

でも、本人が納得しているならば、お金のための転職だって全然ありなわけです。お金の稼ぐために仕事をするならば、少しでも給料が良い会社に転職した方がよいでしょう。

自分がどうしたいのかわからない方は、誰かに相談してみるのも大事

自分がどうしたいのかわからない方は、誰かに相談してみるのも大事

もっとも、そもそも自分がどうしたいのか、わからなかったり・悩んでいる方も少なくないでしょう。

20代の方は、まだ社会人経験も浅いため、自分がどういう仕事に向いているのか、わからない方も少なくないでしょう。

そういう方こそ、周りに相談してみることです。いろんなひとに相談してみることで、自分は何に興味があり、何がしたいのか、見えてくる場合もあります。

相談する相手には注意する

ただし、相談する相手には注意しましょう。

例えば、会社の上司に転職などの相談をすると、全力で引き止められたり、会社をやめることを否定される可能性があります。また、上層部にも伝達され、要注意自分物扱いされる可能性もあります。

そうなると、会社での居心地も悪くなるので、利害関係のない家族や友人などに相談すると良いでしょう。

転職のプロ・エージェントに相談してみる

また、おすすめなのは、転職のプロに相談してみることです。家族や友人は、転職や他業界には詳しくないかもしれません。

自分がやりたいこと・やりたい仕事を見つけるには、やはり転職のプロに相談した方が有力な情報を得られる可能性があります。

これから転職を考えている20代の方は、下記の転職専門サイトを利用してみるといいと思います。

20代専門の転職支援(人材紹介)「マイナビジョブ20’s」

「マイナビジョブ20's」

「マイナビジョブ20’s」は、20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートします。

20代専門の転職支援(人材紹介)「マイナビジョブ20's」

「マイナビジョブ20’s」は、東京・名古屋・大阪にオフィスがあるので、関東・東海・関西地方の転職支援(人材紹介)サービスが可能です。

また、「マイナビジョブ20’s」で適性診断やキャリアカウンセリングを受けることで、自分では知らなかった自身の長所や向いている仕事を発見できることがあります。

「マイナビジョブ20’s」の充実したサービス

履歴書・職務経歴書の添削はもちろん、日程調整をはじめとした企業とのやり取りや内定後の入社交渉の代行なども行ってもらえるので、サポートを受けながら転職活動を行いたい方は、「マイナビジョブ20’s」に相談してみるといいでしょう。

「マイナビジョブ20’s」の取り扱い求人は、通常の転職サイトでは掲載されていないような「非公開求人」が80~90%を占めているので、非公開求人を探している方にもオススメです。

「マイナビジョブ20’s」の公式サイトは、こちらになります。「マイナビジョブ20's」

「マイナビジョブ20's」「マイナビジョブ20's」

20代の就職支援で全国対応!「JAIC(ジェイック)」

第二新卒・既卒就職で全国対応!「JAIC(ジェイック)」「JAIC(ジェイック)」

「JAIC(ジェイック)」は、既卒、第二新卒、大学中退、フリーターまで20代の就職支援を行っています。

第二新卒・既卒就職で全国対応!「JAIC(ジェイック)」

また、「JAIC(ジェイック)」は東京大阪だけでなく、横浜・名古屋・福岡と九州地方まで拡大しており、全国で就職講座や面接会を行っているのです。

契約企業も5万社を超え、未経験から正社員での就職成功率805以上となります。

「JAIC(ジェイック)」の公式サイトは、こちらになります。「JAIC(ジェイック)」

「JAIC(ジェイック)」「JAIC(ジェイック)」

転職支援実績は累計41万人以上!「リクルートエージェント」

転職支援実績は累計41万人以上!「リクルートエージェント」「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」は、20代専門の転職サイトではありませんが、やはり以前からある企業で、転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)と実績のある会社なので、これから転職を考えている方にもおすすめです。

10万件以上の非公開求人

「リクルートエージェント」には、一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えているので、自分に合う仕事が見つかりやすいのです。

また、「リクルートエージェント」には、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選して紹介してくれます。

様々な転職サポートが受けられる

その他にも、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートが受けられるので、「リクルートエージェント」もおすすめなのです。

「リクルートエージェント」の公式サイトはこちらになります。「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」「リクルートエージェント」

ただし、エージェントの言葉を鵜呑みにする必要はない

このような転職サイトで相談することで、自分は何がしたいのか・自分に合う仕事は何か、見つけられたりヒントを得られることもあるでしょう。

ただし、エージェントの言葉をそのまま鵜呑みにする必要はないと思います。なぜならば、いくら経験があるエージェントでも、実際にどのような仕事が合うかは、ひとによって違うものであり、エージェントの基準では計り知れないことがあるからです。

なので、希望職種に対して「経験や実績がないので就職するのは難しい」とエージェントから言われたとしても、必ずしも働けないわけではなく、仕事ができるチャンスもあるので、諦める必要はないでしょう。

エージェントの言葉はあくまで参考程度にとどめておけば良いと思います。

20代/第二新卒の転職は在職中にすべきか?やめたから転職すべきか?

20代/第二新卒の転職は在職中にすべきか?やめたから転職すべきか?

また、20代/第二新卒の転職を、在職中にすべきか、それともやめてからすべきか、意見が分かれるところだと思います。

先ほどにも申し上げましたが、在職中に転職するのは時間もなく精神的にもきついです。ただし、そうはいっても会社を辞めてから転職活動を行おうとすると、経済的な面もあるので、長期間の転職活動は難しいでしょう。

実家暮らしならば辞めてから転職活動を行うのもあり

もし、実家暮らしの方ならば、一人暮らしのときよりもある程度経済的な余裕もあると思うので、会社を辞めてから転職活動を行うのも良いでしょう。

生活のことは親にお願いして、転職活動に専念することもできなくはありません。

失業手当期間中に職を探す方法もある

ただ、一人暮らしの場合は貯金の関係もあるでしょうが、なかなか辞めてから転職活動を行うのは難しいでしょう。

ただし、一人暮らしの方でも、失業手当を持っている期間中に転職する方法もあります。前職で失業保険に加入していた方(正社員ならほぼ加入しているはず)ならば、会社を辞めても失業手当をもらいながら、転職活動をすることができます。

ただし、自己都合で辞めた場合は、失業手当をもらえるまで、およそ4ヶ月はかかるので、やはりある程度貯金がないときついでしょう。

一方、会社都合で辞めた場合は、すぐに失業保険をもらうことができるので、前職を辞めてからでも転職活動を行うことはできるでしょう。

自分はどうしたいのか、真剣に考えてみよう

自分はどうしたいのか、真剣に考えてみよう

転職/就職活動で、結婚や出産/お金/やりがいなど、どれを優先するにしても、まずは「自分がどうしたいのか」よく考えてみることです。

よく考えて方向性が見えてきた方が、次の会社で働き始めたときも、すぐやめることなく仕事を続けられる可能性が高いです。

仕事を変えるのは体力や精神力も必要になり、結構大変なことなのです。納得できる転職活動を行うためにも、周りに相談したりして、よく考えてみることが大切です。

自分の可能性を狭める必要は全くない

自分の可能性を狭める必要は全くない

また、自分の可能性を狭める必要は全くありません。

他人に何か言われても気にする必要はないでしょう。あなたの人生は、あなたしか切り開くことはできません。

他人は、あなたが何を好み、何にやりがいを持つのかなんて、ちっとも理解することはできないでしょう。自分の道は、自分で信じて突き進むしかないのです。

何かやりたいことがあるならば、否定的な意見は気にせず、自分の気持ちに正直になり、突き進んでいくと良いでしょう。