ペンキ屋塗装工の仕事がきつくてやめたいと思う人もいるでしょう。親方、上司から理不尽な暴力やいじめを受けていたり、厳しい暑さや寒さのもとで働かさせられていたり、安月給であったりと、ペンキ屋塗装工の仕事は劣悪な環境下で仕事をさせられることもあるのです。

ペンキ屋塗装工の仕事がきつくて辞めたい

ペンキ屋塗装工の仕事を辞めたい

ペンキ屋塗装工の仕事は肉体的にも精神的にもきつい仕事です。作業量も多く、重たいものを運ぶこともあるので、なかなかなれるまで時間がかかります。どうしても辞めたいと思うこともあるのです。

親方とソリが合わずペンキ屋塗装工の仕事を辞めたい

特に親方の性格が悪いとソリが合わずにペンキ屋塗装工の仕事を辞める人も少なくありません。この場合は、肉体的というよりも精神的にきついので辞める人も多いのです。陰口を言われたり、やりたくないこともさせられるので、精神的な問題で体をこわすこともあります。

また、暴力を受けたりと肉体的なケースも存在します。口より手が出る方が早いのが親方の傾向です。特にまだ体が動く年代だと、少々のミスでも暴力を受けることがあります。人間以下のような扱いを受けることもあり、肉体的にも精神的にもきついのです。

夏場・冬場は気温がキツすぎる

特に塗装の仕事は野外なので、夏場はかなり暑く、冬場は凍るような寒さなので、辛すぎてしかたありません。しかも、気温によって乾きが悪いと何日も同じような作業をしなければいけないのです。気温差や気候で大きく左右されるのが塗装工の仕事なので、外での厳しい環境での労働がやめたくなる気持ちを倍増させます。

給料も対して高くないので辞めたい

また、ペンキ屋塗装工の仕事は頑張っても給料はそんなに高くないので、辞めたいと思うのです。精神的にもきつい上に、給料も薄給与なので、辞めてしまいたいと思っても無理はありません。

ペンキ屋塗装工以外にも仕事はたくさんある

折を見つけて、ペンキ屋塗装工の仕事を辞めるのもアリでしょう。仕事は他にいくらでもあります。

まずは、体の健康が大切なので、頃合いを見て辞めてしまいましょう。そして、次はもっと働きやすいところで仕事をするのがいいでしょう。

ペンキ屋塗装工から転職するならこちらのサイトを見ておきましょう。