第二新卒/既卒の20代の方は、転職・就職活動をしようと思っても、「本当に次は自分に合う会社で働けるのか」不安に思う方もいるでしょう。

この記事を書いている、私自身も第二新卒/既卒として転職を行った経験があるため、第二新卒/既卒で転職活動をされる方の気持ちがよくわかります。

ここでは、適当におすすめサイトを紹介するのではなく、私が感じた第二新卒/既卒の転職活動での苦労や、就職活動で成功するための方法や面接対策などについて、記載していきます。

これから、転職活動をしたい第二新卒/既卒の方に参考になれば幸いです。

目次

今の会社が自分に合っていないと感じている

第二新卒/既卒の転職活動が不安で仕方がない

転職活動を考えている第二新卒/既卒の方は、おそらく「今の仕事が自分に合っていない」と感じている方が多いでしょう。

そもそも学生時代は、自分がどういう仕事をしたいのか、どういう仕事に興味あるのか、はっきり理解するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

特に、学生時代に仕事以外に夢中であったり、仕事のことを考えていなかった場合は、とりあえず周囲の流れに沿い、何となく新卒対象の就職活動を行っていた方も少なくないでしょう。

なので、新卒入社で入って会社で働いていて、「やっぱり自分がやりたいことはこれではないんじゃないか」と感じるケースも少なくないのです。

退職を全力で阻止しようとする会社もある

会社を辞めたいという意向を、会社に伝えると上司などが全力で引き止めようとすることがあります。

あなたのためを思っていることもあれば、「お前は逃げているだけ」「お前は世の中をわかっていない」など、暴言や人格否定にも似た言葉で、退職を引きとめようとしてくることもあるのです。

あなたのことが羨ましくて仕方がない

それらの言葉は、本人のことを思ってというよりも、妬みや嫉妬心から来ている場合があります。

つまり、実はあなたを引き止めている上司や同僚たちも、本当は会社を辞めたいと思っている場合があるのです。

けれども、不安や家族などを理由にして決断することができずにいます。

そんな中、あなたが会社を辞めると言い出すので、現状を抜け出して新たな世界に行くあなたが羨ましくてしょうがなく、妬みの思いもあり、引き止めようとしている可能性があるのです。

自分たちや会社のことしか考えていない

また、あなたのことを考えているように見せて、実は自分たちや会社のことしか考えていないひともいます。

あなたが抜けることで、仕事量が増えて負担に感じるひともいるでしょう。

また、あなたが抜けることで会社にとってマイナスとなれば、退職意向を反対するかもしれません。

このように、必ずしもあなたのために言っているのではなく、実は自分たちや会社のために言っているケースも少なくないのです。

たとえ、退職を反対されても、それは必ずしもあなたのためを思って言っていることではない可能性があるのです。

そもそも会社に退職を止める権限はない

また、そもそもあなたが退職するのを止める権限は会社にはないのです。

日本国憲法には国民の職業選択の自由が保証されています。

日本国民は誰でも好きなように職業を選んでいいのです。

なので、あなたが退職することを阻止する権限は会社にはないのです。

それを会社や上司は、あの手この手で心理的に揺さぶりをかけて、あなたの退職を阻止しようとしているだけなのです。

石の上にも三年は信用しない方がいい

新卒入社などでよく行くのが、「石の上にも三年」という言葉です。

どんな仕事でもまずは三年取り組めという意味を含んでいるのですが、正直この言葉はあまり信用しない方がいいと思います。

なぜならば、実際に三年仕事をしてみてわかったのですが、やりたくない仕事や嫌いな仕事は三年経過しても好きになれないからです。

やりがいを感じられない仕事を無理に三年続けても、必ずやりがいを感じられるようになるわけではありません。

むしろ、何も変わらず、やりがいない仕事を続けてしまうことが、可能性としては高いでしょう。

確かに、三年続ければある程度仕事を覚えるでしょうが、その仕事に対するやりがいや、興味という部分は、始める前と何も変わらない可能性があります。

ならば、少しでも早く転職して、自分がやりがいを持てる仕事をした方が良いと個人的には思います。

第二新卒/既卒が転職を成功するためには明確なビジョンを持つこと

第二新卒/既卒が転職を成功するためには明確なビジョンを持つこと

第二新卒/既卒の就職や転職活動で大切なことは、明確なビジョンを持つことです。

今の仕事が自分に向いていないと思うならば、ではどういう仕事が自分に合っているのか、どういう仕事をしたいのか、なるべく具体的にはっきりさせることです。

何をしたいのか、すべきなのかを明確にしないまま、なんとなく適当に転職活動を行うと、次の会社で働いてもまた数年経つと辞めたくなる可能性が高いです。

次の会社で長く働きたい、やりがいある仕事をしたいのであれば、何をしたいのかより具体的にビジョンを持つことが大切なのです。

そうは言っても、何をしたいのか自分でもわからない

「そんなこと言われても、何をしたいのか自分でもわからない」という方も多いでしょう。

社会人経験が浅いわけですし、仕事について真剣に考える機会もなかったのならば、無理もない話かもしれません。

そのような、やりたい仕事が見つからない方こそ、転職エージェントを利用してみるといいでしょう。

転職専門のエージェントと話すことで、これまでの自身の人生経験を振り返り、自分は何に興味があり、どういう仕事がしたいのか、漠然とした中から見えてくるものがあると思います。

普段自分ではなかなか考えることがないでしょうし、また誰かと話すことで見えて来るものがあります。

そういう気づきを得るためにも、転職エージェントは有効活用するといいのです。

もし、転職エージェントを利用するならば、個人的には「DODAエージェントサービス」がオススメです。「DODAエージェントサービス」

私自身も「DODAエージェントサービス」を利用したことがあるのですが、転職のプロにざっくばらんに自分の将来について相談することができます。

やりたい仕事が決まっていなくてもいいのです。

まずは、自分がどういう仕事に興味あるのかを見つけるために、「DODAエージェントサービス」に相談してみるといいでしょう。

転職のプロなので、自分が希望することにマッチするような仕事を紹介してくれる可能性が高いです。

また、「DODAエージェントサービス」には非公開求人もありますし、専任アドバイザーが面接のポイントなどを教えてくれるので、有利に就職活動を行うことができます。

あなたに合う仕事が見つかる可能性があるので、どんな仕事が合っているかわからない方こそ、「DODAエージェントサービス」を利用してみるといいです。

「DODAエージェントサービス」の公式サイトはこちらになります。「DODAエージェントサービス」

エージェントの言うことが必ずしも全てではない

ただし、転職エージェントを使う際に注意してほしいことは、エージェントが言うことが、必ずしも全てではないということです。

転職のプロなので、エージェントがいうことを鵜呑みにしてしまうことがあるかもしれませんが、エージェントがいうことが必ずしも全て正しいわけではありません。

たとえば、エージェントが「その業界に転職するのは無理」というようなことを言ったとしても、必ずしも無理ではなく、やり方や努力次第では希望の業界に転職できる可能性もあります。

エージェントは自身の経験や業界の一般的な流れしか見ていない可能性もあるのです。

しかし、実際は様々な転職方法があります。王道だけが全てではなく、個人によって転職できるかどうかも違うわけです。

なので、エージェントに相談してヒントを得るのはいいと思いますが、一般的な考えやステレオタイプの意見だけにとらわれないようにしましょう。

ただ、エージェントは転職に役立つノウハウを教えてくれるので、それらは生かしていくと、転職活動が有利に進む場合があります。

第二新卒/既卒は経験が浅い分、中途採用では不利になることも

第二新卒/既卒は経験が浅い分、中途採用では不利になることも

また、第二新卒/既卒の就職活動となると、中途採用扱いになることが予想されます。

中途採用だと、新卒採用とは違い、即戦力としての経験やスキルを求められることがあるのです。

そうなると、経験が浅い分、第二新卒/既卒の中途採用は不利になる可能性があるのです。

やはり、能力やスキル重視で人材を求められると、経験やスキルがある転職希望者の方が有利となるでしょう。

第二新卒/既卒は若さが武器となる

しかし、第二新卒/既卒には「若さ」という武器があります。

これは何ものにも代えがたい大きな武器なのです。

若いということは、それだけ将来伸びる可能性を秘めた時間が多くあるということで、企業からも欲しい人材として評価されることがあります。

特に従業員の年齢層が高い会社だと、若いというだけで採用されるケースも少なくないのです。

なので、第二新卒/既卒も必ずしも転職活動では不利ではなく、若さが有利に働く場合もあるのです。

第二新卒/既卒が大手企業に就職するのは、新卒時よりもハードルが高い

ただし、第二新卒/既卒が大手企業に転職しようと思うと、新卒時の就職活動よりも難易度が高めになります。

これはなぜかというと、大手企業への中途採用だと、中小企業よりもさらにスキルや経験重視の傾向にあるからです。

大手企業の場合は、未経験者の採用ならば、新卒採用でまかなえるため、わざわざ年齢が上の未経験第二新卒/既卒を採用する必要がないわけです。

なので、採用されるためには、すでに業界経験を積んでいる同年代の経験やスキルレベルを超える人材でないと、大企業ではなかなか採用されることはないでしょう。

大企業から大企業への転職は十分あり得る

ただし、例外としてもともと大企業に勤めていた場合は、そのまま大企業に転職できる可能性があります。これは、他の大企業で働いた英検やノウハウが活かせられると評価され採用されるケースもあるのです。

なので、大企業で働いている第二新卒/既卒の方は、必ずしも大企業に転職できないわけではないので、諦める必要はありません。

大企業への転職が全てではない

ただし、一つ言いたいことは大企業への転職が全てではないということです。

大企業の方が安定や収入が見込めるかもしれませんが、大企業では大企業なりの苦労があります。

もし、多岐にわたる仕事をしてスキルアップしたいならば、中小企業やベンチャーの方が様々な仕事を任せてもらえ、短期間で成長できる可能性があるでしょう。

これは個人の価値観や仕事についての考え方もあると思います。

ただし、「大企業だから安心できる」という考えで転職すると、仕事にやりがいを感じられず、また転職を繰り返す可能性もあるので注意してください。

退職理由をポジティブにもっていけるか

退職理由をポジティブにもっていけるか

第二新卒/既卒の就職面接で必ずと言ってよいほど聞かれるのが、前職の退職理由です。

第二新卒/既卒の転職なので、おそらく前職の勤続年数は浅い状態での転職活動となるでしょう。

勤続年数が短いということは、仕事に対しての責任や忍耐力がない人間と、採用企業側から見られてしまう可能性もあります。

大事なのは、退職理由をどう伝えるかなのです。

ネガティブな退職理由は避ける

給料が安い、上司と考えが合わない、などネガティブな理由を言うと、採用企業からあまり好印象を得ることはできません。

ポジティブな退職理由を述べよう

なので、「自身のスキルアップのため」「御社の事業の〇〇に興味を持ったため」など、できるだけポジティブな理由を述べることが大切です。

そうすると、前向きな向上心ある人間として見られ、あなたに対して好印象を抱く可能性があるのです。

ですから、前職の退職理由は、なるべくポジティブな理由を用意した方が良いでしょう。

経験が浅くとも、仕事で何かを得たことがあるはず

経験が浅くとも、仕事で何かを得たことがあるはず

第二新卒/既卒の転職活動となると、前職の勤続年数は3年未満で経験が浅いというケースもあるでしょう。

そうなると、あなたは「職務経験で何もアピールする材料がないのではないか」と思うかもしれませんが、勤続年数が短いなりにも、仕事で経験したことや得たことが何かあるはずです。

そういう得たもの経験したものを少しでも書いたり、採用担当者に伝えることで、あなたの自己アピールのとなるのです。

転職活動を行う際は、これまでの自身の経験を見つめ直してみることが大切です。

他業界への転職でも、前職の経験をリンクさせること

また、他業界への転職でも、前職の経験をリンクさせることが大切です。

これまで行ってきた経験は、次の仕事でもきっといかすことができるはずです。

どのような業界への転職でも、何かしらの共通性はあるはずです。

その共通性を見つけ出し、面接でもアピールすることが大切です。

第二新卒/既卒の需要はまだまだある

やはり、年齢的にもまだまだ若く、将来性があるので、第二新卒の需要はあります。

若い人材を欲しがる企業は多いので、第二新卒の方なら、未経験でも転職できる可能性は十分にあるのです。

第二新卒の転職期間はどれくらいかかる?

第二新卒の転職期間については、ひとによって、それぞれ違います。

在職中か失業中かによっても、転職活動に費やせる時間が違ってきます。

ただ、早いひとだと、1~2週間以内に転職が成功する場合もあります。

おおよその平均期間は、2~3ヶ月程度です。

やはり、働きながらだと、ある程度時間がかかりますし、また期間は必ずしも早ければ良いわけではありません。

第二新卒の転職時期はいつが良い?

また、第二新卒の転職時期は、新卒採用がひと段落する、夏以降が良いとも言われています。

ただ、年中どこかしらの企業が第二新卒採用を行っているので、あまり時期は気にせずに、転職活動を行うと良いでしょう。

第二新卒の転職成功率はどれくらいか?

ちなみに、第二新卒の転職成功率は、およそ70%ほどと言われています。

成功するひともいれば、うまくいかないひともいます。

また、転職活動をしても、結局もとの会社で働くことを選ぶひともいます。

いずれにしても、転職活動を成功させるためには、適当に行わずに、よく考えて行動することです。

なんとなく次の会社を見つけて働いても、また不満を抱き、すぐに辞めてしまう可能性があります。

今の会社が全てではない

長く働くと、今の会社で働くこと以外考えられない錯覚に陥ることもありますが、会社は世の中にたくさんあります。

また、会社によっても、雰囲気や仕事内容も違うので、今の会社が全てではないのです。

他の会社も、今の会社と同じではないので、興味があるならば転職活動をしてみるのも良いでしょう。

就職活動は縁である

就職活動は、縁が大きく関係します。

タイミングにも関係してくるので、運要素もあるでしょう。

しかし、縁をつかむには、行動力も大切です。

就職/転職活動を成功させるためには、納得いくまで行動し続けることです。

そうすれば、自然と企業と出会えるチャンスも増えて行くでしょう。

履歴書や職務経歴書はしっかり用意しておく

履歴書や職務経歴書はしっかり用意しておく

履歴書や職務経歴書は、しっかり用意しておくことです。

応募書類から選考されるので、志望動機や職歴なども、よく考えて記載する必要があります。

志望動機は、他の会社でも使い回しできるような内容では、採用担当者の目には止まりにくいので、具体的に書く必要があります。

志望する会社をよく調べる

具体的に志望動機を書くためにも、志望先の会社について、よく調べておくことです。

志望企業のどういう点に興味を持ったのか、どういう仕事をしていきたいのか、面接で受け答えできるためにも、よく考えておく必要があるでしょう。

自分自身と向き合うこと

転職活動では、自分自身と向き合うことが大事です。

あなたにとっての強みは何か、どういう仕事をしていきたいのか、考えるためには、自分自身と向き合う必要があります。

自分自身と向き合うことで、今後の方向性も見えて来るのです。

ただ、なかなかひとりでは、自分のことを見つめ直すのは難しいとも思うので、だからこそ、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

第二新卒/既卒向けの転職・就職活動サイトに相談する

第二新卒/既卒向けの転職・就職活動サイトがあることを知っていますか?

第二新卒/既卒者向けの転職・就職サイトがあるので、そちらで相談してみることです。

第二新卒/既卒者向けのサイトの方が、第二新卒向けの求人を多く扱っているので、相談もしやすいです。

また、キャリアカウンセリングで、転職に役立つアドバイスがもらえるので、転職活動を有利に進めることができます。

下記では、オススメの第二新卒/既卒向けの転職・就職活動サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう!

第二新卒/既卒向けの就職・転職支援「第二新卒/既卒エージェントneo」

第二新卒/既卒向けの就職・転職支援「第二新卒/既卒エージェントneo」「第二新卒/既卒エージェントneo」

「第二新卒/既卒エージェントneo」は、第二新卒/既卒向けの就職・転職支援サイトになります。

「第二新卒/既卒エージェントneo」では、企業担当による面談対策・幅広い求人の紹介・内定後、入社後のサポートも受けることができます。

また、「第二新卒/既卒エージェントneo」では、ブラック企業を除外しているので、優良企業を紹介してもらえます。

初回面談は最大2時間行い、相談しながら将来についてしっかりキャリアプランを立てることができます。

過去の仕事経験・学生生活で経験したこと(部活動など)も含めて、それぞれの性格や考え方をヒアリングし、それらを踏まえた上で、求人を紹介してくれます。

「第二新卒/既卒エージェントneo」の取引企業は、1万社にものぼるので、あなたに合う会社・仕事が見つかる可能性は十分にあります。

「第二新卒/既卒エージェントneo」の公式サイトは、こちらになります。「第二新卒/既卒エージェントneo」

「第二新卒/既卒エージェントneo」「第二新卒/既卒エージェントneo」

最短1週間で入社も可能!「DYM就職」

最短1週間で入社も可能!「DYM就職」「DYM就職」

「DYM就職」も、既卒・第二新卒向けの就職サービスになります。

「DYM就職」では、書類選考スキップで最短1週間で入社も可能です。

しかも、100%正社員求人なので、短期間スピード勝負で正社員を目指したい方は、「DYM就職」を検討してみるといいでしょう。

「DYM就職」の公式サイトは、こちらになります。「DYM就職」

「DYM就職」「DYM就職」

第二新卒・既卒就職で全国対応!「JAIC(ジェイック)」

第二新卒・既卒就職で全国対応!「JAIC(ジェイック)」「JAIC(ジェイック)」

「JAIC(ジェイック)」は、既卒、第二新卒、大学中退、フリーターまで20代の就職支援を行っています。

第二新卒・既卒就職で全国対応!「JAIC(ジェイック)」

また、「JAIC(ジェイック)」は東京大阪だけでなく、横浜・名古屋・福岡と九州地方まで拡大しており、全国で就職講座や面接会を行っているのです。

契約企業も5万社を超え、未経験から正社員での就職成功率80%以上となります。

「JAIC(ジェイック)」の公式サイトは、こちらになります。「JAIC(ジェイック)」

「JAIC(ジェイック)」「JAIC(ジェイック)」

第二新卒者、既卒者ほか、就職浪人者などにも対応!「ウズキャリ第二新卒」

第二新卒者、既卒者ほか、就職浪人者などにも対応!「ウズキャリ第二新卒」「ウズキャリ第二新卒」

「ウズキャリ第二新卒」は、第二新卒者、既卒者だけでなく、就職浪人者、フリーター、大学中退者にも幅広く対応しています。

「ウズキャリ第二新卒」では、選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施し、無料で個別サポートを受けることができます。

また、入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度も教えてもらえるので、入社後のイメージが湧きやすいのです。

キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒

さらに、「ウズキャリ第二新卒」は、日本で唯一キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒なので、同じ経験をしているからこそ、失敗をしない就職活動をするためのノウハウを教えてもらうことができます。

「ウズキャリ第二新卒」では、エントリーや入社を強要するような行為もないので、安心してサービスを受けることができます。

また、「ウズキャリ第二新卒」からの内定率は80%以上、入社された方の定着率は93%以上と非常に高く、安定して長く働ける会社を見つけたい方にもオススメです。

ブラック企業を徹底的に排除

「ウズキャリ第二新卒」では、ブラック企業を徹底的に排除する動きが行われています。

離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認しているのです。

また、今まで5,000名以上の第二新卒の方との面談を通じて作り上げた独自のブラック企業データベースを保有していているので、優良企業を紹介してもらうことが可能なのです。

実際に選考を受けている企業に関してもブラック企業査定を行うことができます。

「ウズキャリ第二新卒」の公式サイトは、こちらになります。「ウズキャリ第二新卒」

「ウズキャリ第二新卒」「ウズキャリ第二新卒」

20代専門の転職支援(人材紹介)「マイナビジョブ20’s」

「マイナビジョブ20's」

「マイナビジョブ20’s」は、20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートします。

20代専門の転職支援(人材紹介)「マイナビジョブ20's」

「マイナビジョブ20’s」は、東京・名古屋・大阪にオフィスがあるので、関東・東海・関西地方の転職支援(人材紹介)サービスが可能です。

また、「マイナビジョブ20’s」で適性診断やキャリアカウンセリングを受けることで、自分では知らなかった自身の長所や、向いている仕事を発見できることがあります。

「マイナビジョブ20’s」の充実したサービス

履歴書・職務経歴書の添削はもちろん、日程調整をはじめとした企業とのやり取りや、内定後の入社交渉の代行なども行ってもらえるので、サポートを受けながら転職活動を行いたい方は、「マイナビジョブ20’s」に相談してみるといいでしょう。

「マイナビジョブ20’s」の取り扱い求人は、通常の転職サイトでは掲載されていないような「非公開求人」が80~90%を占めているので、非公開求人を探している方にもオススメです。

「マイナビジョブ20’s」の公式サイトは、こちらになります。「マイナビジョブ20's」

「マイナビジョブ20's」「マイナビジョブ20's」

転職活動を成功させるためには、行動力とスピードが大事!

転職活動を成功させるためには、行動力とスピードが大事!

転職活動を成功させるためには、行動力とスピードが何よりも大事です。

求人採用の募集期間は限られています。

チャンスを逃さないためにも、興味ある求人に対しては、すぐに応募する必要があります。

転職活動を始めたい方は、いますぐ始めて見ることです。

転職サイトに相談すれば、有益な情報が多くもらえるでしょう。