連日連夜の残業で、疲れ切っているWebデザイナーも少なくないでしょう。

しかし、今の状況は当たり前なわけではありません。

Webデザイナー=激務ではない

Webデザイナー=激務ではない

世の中を知らないと、「Webデザイナー=激務」と思い込んでしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

ホワイト企業はいくらでもある

実は、残業もなく定時で帰れるホワイト企業はいくらでもあります。

有給だって、好きに取ることができます。

いつまでも、ブラックな環境で働いてしまうのは、そういうホワイトな環境があるのを知らないだけなのです。

激務は身体を壊す

連日連夜、終電まで残業をして、さらに休日出勤してまでとなると、身体を壊してしまう可能性があります。

ブラック企業で働くWebデザイナーだと、会社に泊まり込みで、徹夜で働くひとがいるほどです。

Webデザイナーはリモートワークでも十分

そもそも、Webデザイナーは内勤なわけですから、リモートワークでもいいのです。

現に、新型コロナウイルス問題が起きているときは、在宅勤務で働くWebデザイナーもいます。

勤務形態は就職先で大きく変わる

このように、Webデザイナーの勤務形態は、就職先で大きく変わります。

会社の経営方針次第で、Webデザイナーの働き方は、全然変わってしまうのです。

もっと周りを見てみよう

もし、激務な職場環境が嫌ならば、もっと周りを見て、探してみることです。

よく周りの企業を見渡せば、ホワイトな環境で働ける会社は、いくらでもあります。

会社に縛られた人生を歩まない

会社に縛られた人生を歩まない

Webデザイナーの就職先は、他にもたくさんあります。

なので、今の会社に縛られた生き方をしないことです。

転職したくても、今の会社を辞めることに、不安を感じているひともいるでしょう。

しかし、周りを見てみれば、就職先はきっと見つかるはずです。

人生諦めてしまったWebデザイナーも少なくない

Webデザイナーの中には、人生を諦めて、激務な環境で働くことを選んでしまっているひともいます。

本当は、転職したいけれども、不安で転職になかなか踏み出せないWebデザイナーも少なくありません。

まずは就職相談してみる

しかし、Webデザイナーを欲しがる企業は、多いので諦めないことです。

もし、激務な環境から離れたいのであれば、下記のようなWeb系に強い転職サイトに相談してみるといいでしょう。

クリエイティブ職の転職に強い「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」は、クリエイティブ職に強い、転職支援サービスになります。

特に、Web職・ゲーム業界の求人案件が多いです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトは、こちらになります。「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」は、IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した、転職支援サービスです。

IT・Web業界に特化した4,000件を超える求人登録数を誇り、キャリアの相談から、求人の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートをしてくれます。

「レバテックキャリア」の公式サイトは、こちらになります。「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」「レバテックキャリア」

4万人を超える転職支援実績を誇る「マスメディアン」

「マスメディアン」は4万人を超える転職支援実績を誇る、広告・Web・マスコミの分野に強い転職支援サービスです。

残業少なめの求人もあるので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

「マスメディアン」の公式サイトは、こちらになります。「マスメディアン」

「マスメディアン」「マスメディアン」

独立して稼ぐのは容易ではない

独立して稼ぐのは容易ではない

また、今の会社を辞めて、思い切って独立しようか、考えるひともいるかもしれませんが、独立は結構大変です。

人脈が必要

たとえ、スキルがあっても、フリーランスで稼げない可能性は十分にあります。

Webデザイナーが独立して稼げるかどうかは、結局は人脈によるところが大きいのです。

仕事がもらえる人脈さえあれば、稼げる可能性はあります。

なので、もし独立して稼ぐならば、営業力も必要になるでしょう。

結局は動くか動かないか

結局は動くか動かないか

結局のところ、Webデザイナーがブラックか、ホワイトで働くかは、行動するかしないかです。

周りを見てみれば、ホワイトで働ける環境は、いくらでもあります。

しかし、そのことに気づかず、また行動もしないので、いつまでもブラックな環境で働くWebデザイナーも少なくありません。

もし、激務で働くのが嫌ならば、もっと周りを見てみることです。