このままWEBデザイナーの仕事を続けることに、漠然として不安もあるかと思います。

今回は、WEBデザイナーの将来性について、詳しく見ていきたいと思います。

WEBデザイナーは多くなり飽和状態になっている場合も

EBデザイナーは多くなり飽和状態になっている場合も

WEBデザイナーの将来は、雲行きがあやしい可能性もあります。

なぜならば、今は海外なども含めて安く仕事を請け負う会社も多く出てきており、なかなか良い値段で仕事を請け負うのが難しくなってきています。

WEB業界も価格競争に追われ、将来的に業界で生き残るのも難しい可能性もあるのです。

デザインだけではない何かが必要なことも

ある程度デザインができるWEBデザイナーは、世の中に多くいます。

その中に埋もれないためにも、デザイン力をさらに磨くか、他のスキルが必要になってくるでしょう。

デザイン力をさらにつけるといっても、クライアントの要望は様々なので、デザイン力を上げてもクライアントが求めるデザインができるかどうかはわかりません。

それよりも、クライアントの要望をよく聞くヒアリング力、そしてその要望を形にできるスキルが必要になるでしょう。

また、これからのWEBデザイナーは、デザインができるだけではなく、例えばプログラミングができるとさらに重宝されるでしょう。

他のスキルが求められるWEBデザイナー

プログラミングだけではなく、マーケティングやSEOに強いWEBデザイナーでも良いと思います。

とにかくデザイン以外に付加価値があるWEBデザイナーの方が、他のWEBデザイナーにはない強みができるので、仕事がもらえる可能性も高くなるはずです。

これからWEBデザイナーとして生き残っていくためには、そのような付加価値のあるWEBデザイナーを目指していくと良いでしょう。

優秀なWEBデザイナーを探している企業は多い

優秀なWEBデザイナーを探している企業は多い

WEBデザイナーに仕事を依頼しても、思うようなサイトができず、不満を感じている企業も少なくありません。

やはり、どこの企業も優秀なWEBデザイナーを探しているのです。

そういう意味でも、クライアントのニーズにしっかり応えられるWEBデザイナーになれば、将来的にも仕事に困らないはずです。

それには、自ら勉強をしてスキルアップを目指していくことです。

現役のWEBデザイナーも、下記のページで紹介しているようなスクールに通い、スキルを磨いています。

将来的にも活躍するWEBデザイナーになるためには、日々自ら勉強することが大切でしょう。

また、WEBデザイナーは転職することは必ずしも不利ではなく、逆に様々な仕事を経験することで、採用面接でプラス評価されることもあります。

現状ではなかなか成長が難しい場合は、新たな環境で働いてみるのも良いでしょう。

下記のページでも、おすすめの転職サイトを紹介しているので、参考にしてみると良いと思います。