WEBデザイナーの仕事は、結構ブラックであることも少なくありません。

ただ、なかにはWEBデザイナーの仕事でも、ホワイト企業で働けるケースもあるので、下記で詳しく見ていきたいと思います。

WEBデザイナーは確かにブラック企業が多い

WEBデザイナーは確かにブラック企業が多い

「WEBデザイナーの仕事はブラックだ」なんてよく言われたりもする。

休みがない・残業が多い、そんなイメージがweb制作現場にはあり、ブラック企業で働くイメージが強いのです。

土日出勤・徹夜で仕事もある

確かに、ブラックな制作会社は多く、土日出勤したり、徹夜で仕事をすることもあります。

なぜこのような過酷な労働になるかというと、人手が足りなかったり、納期に追われたりしてしまうからです。

人手に見合わないほどの仕事量で、キャパオーバーとなり、なかなか作業が間に合わないということもあります。

単価が安く、仕事量を減らせない

「ならば仕事量を減らせば良いのではないか」という考えがあるかもしれませんが、いまは制作単価も安くなりつつあるため、多くの案件をこなさないと会社が回らないこともあるのです。

なので、無理をしてでも多くの仕事を引き受けてしまうのです。

とくに末端の下請けが多い会社ほど、制作現場は過酷で、買い叩かれて、安く仕事を請け負っている会社も少なくありません。

また、そのような案件は極端に短納期で、少しでも休むと、納期に間に合わない状態になってしまいます。

なので、どうしても残業したり、長時間労働を強いられることになってしまうのです。

このような会社では、終電間際に帰れればまだマシな方で、繁忙期だと会社に連日泊まり込むこともあります。

こういう状態が続くので、ブラック企業で働くWEBデザイナーは、体調を崩してしまうことも少なくありません。

下記のページでも、ブラック企業で働くWEBデザイナーについて触れているので、興味ある方はチェックしてみると良いでしょう。

しかし、ホワイト企業で働くWEBデザイナーもいる!

しかし、ホワイト企業で働くWEBデザイナーもいる!

このように、WEBデザイナーは結構ブラックな労働環境で働く方も多いのですが、一方でホワイトな会社で働くWEBデザイナーも少なくありません。

終電帰りが多い業界でも、定時で帰れるwebデザイナーがいるのです。

ホワイト狙いは、大きな会社の制作部門で働くのがオススメ!

どういうWEBデザイナーがホワイト企業で働いているのかというと、大きな会社の制作部門で働くWEBデザイナーの方たちです。

このようなWEBデザイナーは、会社の自社サイト・メディアを制作することが多く、ある程度納期も優遇されているので、比較的緩やかなペースで制作することが可能なのです。

なので、定時で帰れたり、土日もしっかり休めて有給が取れたりと、よくあるブラック企業に比べても、だいぶマシな生活が送れるのです。

もし、WEBデザイナーがホワイトな環境で働きたいならば、バリバリの制作会社ではなく、WEBをあまりメインに行わない大きな会社の制作部門で働くWEBデザイナーを目指すと良いでしょう。

そうすればあまり納期の追われず、ゆったりとホワイトな環境で働ける可能性が高いです。

WEBデザイナーの仕事を極めるならブラックを経験するのもあり

WEBデザイナーの仕事を極めるならブラックを経験するのもあり

このように、WEBデザイナーがホワイトな企業で働く方法もあるのですが、ただ、もしWEBデザイナーの仕事を極めるならば、ブラック企業で一度は働いてみるのもいいと思います。

なぜなら、ブラック企業の制作現場は、確かに過酷ですが様々な仕事を任せられ、そこでしかできない経験も多くあるからです。

数多くの案件をこなすことで、自然とスキルは身についていく

徹夜での制作は大変ですが、それでも数多くの案件をこなせば、おのずのスキルも身につくはずです。

限界まで仕事をすると、相当力がつくのも確かです。

そうなれば、他の企業でも十分通用する人材になっているでしょう。

実際に、ブラック企業で大変な思いをしながら働いてきたWEBデザイナーは力を持っていて、ホワイト企業に転職してさらに活躍するケースも多いのです。

なので、本当に力をつけたいWEBデザイナーは、一度長時間労働のブラックな環境で働くのもありかもしれないのです。

一番大切なのは自分の体

ただし、そうはいっても、長時間労働で休みがないと、自分の体を壊す可能性も高くなります。

ですから、自分の体を壊さない範囲で仕事に励むことが大事でしょう。

一生懸命働いていても、自分の体を壊してしまうようでは、次の仕事につなげることができません。

ブラック企業の見分け方

ブラック企業の見分け方

これまでは、ブラック企業のことについて触れてきました。

それでは下記では、どうしたらホワイト企業で働けるのか、説明していきたいと思います。

やはり、できればホワイト企業で働きたい方も多いと思うので、ブラック企業を見分けてホワイト企業で働くコツについて、下記で詳しく紹介します。

少数精鋭のWEB制作会社は注意

まずは、少数精鋭でバリバリ働く制作会社はブラック企業である可能性が高いです。

個人的には、従業員10人以下で、下請けの制作をメインにしてる会社は、ブラック色が強いような気がします。

なぜならば、下請けの場合は、単価も安く多くの案件をこなす必要があり、どうしても労働時間も多くなりがちなのです。

そうなると、当然残業も多くなり、なかなか定時で帰ることはできないはずです。

そもそも、定時で帰れるような少ない仕事量ではないので、残業が当たり前のようになるでしょう。

また、バリバリの制作会社は、高度なスキルを要求されることも多く、自分にスキルがないと最悪クビになる可能性もあるのです。

ですから、下請けでバリバリ仕事をしている制作会社は、ブラックである可能性が高いので注意が必要でしょう。

ワンマン経営の制作会社は危険

また、ワンマン経営の制作会社もブラック企業の可能性があります。

会社のHPを見て、やたらと社長が前に出てくる企業は怪しいと思います。

また面接時に、社長が前に出てよく話す会社は、ワンマン経営であることが多いです。

ワンマン経営の会社は、社長の意見で労働環境が左右されやすい

ワンマン経営の会社は、社長の一声で残業させられたり、過酷な労働を強いられることもあるので、社長の人柄には十分注意する必要があります。

外では物腰柔らかそうに見えて、社内では社員には厳しく当たる社長も多いのです。

このような社長は自分の気分で、仕事の担当者を変えたり、長時間労働を強いることがあります。

また、突然給料がカットさせられたり、ボーナスが出ないということも起こりうるのです。

ワンマン経営の会社では、従業員は社長の考えに従うしかなく、まさに過酷な社畜人生が待っているのです。

そういう会社ではパワハラ・セクハラも横行している可能性が高いです。

なので、就職・転職活動する際は、ワンマン経営ではないか、社長の人間性はどうか、よく観察する必要があるでしょう。

ホワイト企業も良いが、WEBデザイナーはスキルが落ちる可能性もある

ホワイト企業も良いが、WEBデザイナーはスキルが落ちる可能性もある

なるべく、ホワイト企業で働きたいWEBデザイナー志望の方は、上記のようなことに注意して、転職・就職活動を行うと良いでしょう。

ただし、ホワイト企業に就職できたとしても、注意した方が良いことがあります。

それは、スキルの低下です。

確かにホワイト企業ならば定時で帰れることもあるかもしれませんが、それだけ与えられている仕事の範囲も狭い場合があり、思ったようにスキルが身につかないこともあるのです。

また、仕事ができる先輩がいるとは限らないので、自分で仕事を覚えていくしかありません。

仕事にそれほど追われない分、自分でスキルを向上させていく意識が大事

与えられている仕事の範囲が狭いなかで、自身のスキルを向上させていくのはなかなか大変なことです。

これがブラック企業でも、数多くの制作をこなす会社ならば、自然とスキルも身につくとは思いますが、ある程度ゆっくりしたペースで働けるホワイトなため、技術面ではなかなか向上しにくい環境かもしれないのです。

なので、短期間でスキルアップしたいならば、バリバリの制作会社で働くのも一つの選択肢だと思います。

これは、それぞれのWEBデザイナーの考えもあるでしょうから、ホワイト企業でゆっくり働きたいのか、自分でよく考えて見るといいでしょう。

また、ホワイト企業だからといって、力がつかないわけではなく、自分で積極的に勉強すれば、身につくスキルも多いでしょう。

WEBデザイナーの仕事で何を求めるか

WEBデザイナーの仕事で何を求めるか

ブラック企業やホワイト企業のことについて触れてきましたが、自分がどういう仕事をしたいのか、よく考えることも大切です。

会社に入って後悔しないためにも、どういう仕事をしたいのか、よく考えておくと良いでしょう。

また、現在ブラック企業で働いている方も、ホワイト企業に転職できる可能性は十分にあります。

まずは、WEB系求人に強いサイトに登録して、いろいろ求人を見てみると良いでしょう。

ちなみに、ホワイトなWEB職を探すならば、個人的に「マイナビクリエイター」がオススメです。

マイナビは求人紹介でも高い実績を築いていますし、そのマイナビのクリエイター系の仕事を専門に紹介するサイトなので、ホワイト企業の求人案件も多くあるでしょうから、興味ある方はぜひ登録しておくと良いでしょう。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。

また、その他にもオススメの就職・転職サイトは、下記のページでも紹介しているので、興味ある方はぜひチェックしてみると良いでしょう。

とにかく、就職・転職は自分で可能性を狭めずに色々見てみることが大切です。

目の前の会社が全てではなく、ホワイト企業で働くWEBデザイナーも少なくないので、興味あればぜひ求人情報はチェックしておくと良いでしょう。