よくフリーランスになるためには、かなりのスキルがないとなれないと言われたりもしますが、本当にそうなのでしょうか。フリーランスという存在、働き方について詳しく見ていくことにしましょう。

フリーランスはスーパーマンでなければいけないのか

フリーランスはスーパーマンにならないといけないのか

フリーランスになるためには、なんでもできないといけない、スーパーマンにならないといけない、という感じで言われたりしますが、現在活躍しているフリーランスの方は、必ずしもスーパーマンなわけではありません。ただ、自分に仕事をくれる人とのつながりがあるだけなのです。

特にものすごいスキルがなくとも、フリーランスで仕事をしていくことができます。要は、自分のスキルでこなせる仕事を取ってくれればいいのです。パソコンスキルはそれほどなくとも、自分に見合う仕事が見つかれば、いくらでもフリーランスで生きていくことができます。

しかし、多くの人は、自分に合う仕事を取ってくることができないのです。だから、なかなかフリーランスになりたくても、フリーランスとして働くことができないのです。

フリーランスに大切なのは人脈

本当にフリーランスに必要なことは、スキルではなく、人脈なのです。自分のスキルに合う仕事をくれる人とのつながりが必要になります。なので、フリーランスで生きていくならば、スキルを上げることも確かに大切ですが、人脈を築くことこそが、より重要なのです。人脈を築ければ、仕事は自然と増えていきます。自分のスキルに合う仕事が見つかるでしょう。また、仕事をこなしていけば、自然とスキルも向上して新たな仕事が得られるものです。なので、フリーランスで活躍するには、人脈を築くことこそ強化すべきでしょう。

会社員時代から人とのつながりを大切にする

会社員時代のつながりも大切にする

今現在、会社で働いていて、これからフリーランスを目指すならば、人脈こそ大切にすべきです。今のうちに、会社の内外問わずに人脈を築いておきましょう。人とのつながりは、フリーランスになったときも、必ずや生かすことができるでしょう。また、仕事がないときも、人脈があることで、新たな仕事を得ることができます。

とにかく、仕事を得るためには人とのつながりがすべてです。大口の仕事を得るにも、人とのつながり、紹介などから発生します。人脈を築くように意識しましょう。

まずは行動あるのみ

人脈を築くためには、行動あるのみです。セミナーや勉強会など、あらゆる場所に出向きましょう。そうすれば、自然と出会いの幅も広がっていくでしょう。こちらからしかけないと出会いはありません。臆することなく、外とのつながりを求めるべきです。フリーランスになると一人で仕事をすることも多くなるため、なかなか出会いも得られません。

今のうちに行動して人脈を広げておいてください。また、今はフリーランス専門のサイトもあります。下記でも紹介しているので、そのようなサイトを使ってみると良いでしょう。