フリーランスの仕事をしている方はわかると思いますが、フリーランスの仕事は結構孤独なのです。

ひとりで好きなように仕事ができる良さもありますが、誰にも頼れない辛さもあります。

フリーランスはほぼ一人で仕事をする

フリーランスは一人で仕事をするから孤独

フリーランスはほぼ一人で仕事をするので、孤独に感じることもあります。

会社員のときならば、誰かしらと会話をしたでしょうが、フリーランスになると、誰とも話さずにもくもくと自宅で仕事をすることが多くなります。

そうなると、当然口数も減り、時たま孤独に感じることも多くなるのです。

誰かと喋らないと辛いひとは、フリーランスになるか慎重に考えた方が良いかもしれません。

ただ、フリーランスによっては、会社に駐在して仕事をすることも可能な場合もあります。

情報が入ってこなくなる

また、フリーランスになると、一人だけで作業する時間が多くなるため、誰とも会話せず、情報が入りにくくなるのです。

それは、ネットなど見れば、ある程度情報は得られますが、人からのリアルな情報は得にくくなります。

ネットなどではなく、リアルな情報こそ使えることが多いので、そういう情報が得られないのも、フリーランスの辛いところでしょう。

モチベーションを維持するのが大変

モチベーションを維持するのが大変

フリーランスになると、会社員のときと違い、周りに仕事仲間がいないので、ひとりでモチベーション維持するのが大変です。

気分がすぐれないと、なかなか状況打破しづらいこともあります。

そして、誰かに相談したり、頼ることができないので、ひとりで悩み苦労することも多いのです。

刺激を得にくくなる

刺激を得にくくなる

基本的に、ひとりで作業するので、外からの刺激が得にくくなります。

会社員時代は、自然と外部との接触もありましたが、そういうのがなくなり、刺激が乏しくなります。

自分ひとりで完結しなければいけないことも、多くなるのです。

誰かに相談できるわけではないので、新たなアイディアが生まれづらくなることも、あるかもしれません。

様々な収入源を持つことが大事

フリーランスとして生き残るならば、様々な収入源を持つことが大事です。

例えば、少額資金からトレードして稼げる、FX投資もオススメです。

特にフリーランスの方は、今後も安定して仕事があるかわかりません。

リスクヘッジのためにも、他の収入源を確保しておくことは、とても大事なことです。