フリーランスの人は営業が苦手な人が多いです。なぜ、フリーランスは営業が下手なのか、フリーランスが仕事を得るにはどうすればよいのか、詳しく見ていきましょう。

制作人間は営業が苦手

制作人間は営業が下手

制作ばかりしてきた人間は、あまり営業経験がないため、営業するのが不得意な傾向があります。自分の強みをアピールするのが苦手です。また、対外折衝も慣れていないため、打ち合わせも十分にできない場合があります。内部の仕事ばかりしてきた人間は、相手と話すのが得意でない人も多いのです。

見積もり計算が苦手

会社どっぷりつかっていた人は、見積もり計算が苦手な場合も少なくありません。一つの仕事に対して、どれだけ時間がかかるのか、しっかり把握できておらず、安請負してしまうこともあるのです。安い見積もりで仕事を取っても、後で自分を苦しめてしまうことになるので、注意が必要です。

フリーランスは人脈作りも大変

フリーランスの人脈作り

フリーランスの場合は、人脈作りも苦労するでしょう。個人事業主になると、外部との接触も少なくなるので、新たな人脈を築きづらくなります。ですから、勉強会や交流会に参加して、積極的に人脈作りを行うのが大切です。下記でも、お勧めのフリーランス向けサイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。