フリーランスとして生活していくのは、結構大変で厳しい状況を強いられます。

フリーランスは厳しく大変である

フリーランスは厳しく大変である

フリーランスというと、自由なイメージがあるかもしれませんが、実際は結構大変です。

稼がねばならぬプレッシャー

会社からの給料はなく、自分一人で稼がないといけないプレッシャーがあります。

日々何かに追われて、精神的に休まらぬ日々を送ることもあるでしょう。

営業も経理も全て自分ひとりで担当

また、営業や経理も一人で担当しなければならず、誰にも頼ることはできません。

誰かに頼ることができず、ひとり苦労することが多いのが、フリーランスという仕事です。

忙しくて休めないけど収入は少ない

また、稼がなければいけないあまり、フリーランスは仕事を詰め込み過ぎる傾向にあります。

しかし、いくら忙しく働いても、安い単価の仕事をしていると、大した収入にはなりません。

それでも、仕事をしないと稼げないので、休むことなく忙しくしなければいけないことがあるのです。

不健康になりやすい

フリーランスになると、ついつい仕事ばかりしてしまいがちです。

フリーランスで忙しくなると、食事や睡眠をおろそかにして、健康を害してしまう個人事業主が少なくありません。

病で体を悪くしてしまうと、益々収入が減ってしまい生活が大変になります。

フリーランスの方も、適度に休みながら仕事をすることが大切なのです。

また、健康的な食事を取らずに、出来合いのものやインスタント食品を食べ続けてしまうこともあるのですが、しっかり仕事をするためにも、健康的な食事を心がけることが大切になります。

栄養に偏りがあると、体を害してしまいますし、仕事に集中すること難しくなります。

また、生活サイクルも不規則になりがちです。

夜型になったり、仕事が気になり夜も寝れず、睡眠不足になることもあります。

漠然とした将来への不安

フリーランスは、いつ仕事がなくなり、収入が減るかわからないので、漠然とした不安を抱えているひとも多いはずです。

休みがなかなか取れず、収入が伸びていかないと、不安を抱えてしまいがちになります。

生き残りをかけたフリーランスの戦い

生き残りをかけたフリーランスの戦い

このように、フリーランスは厳しい状況の中で仕事をすることもありますが、生き残るためにも覚悟を決めて打ち込む必要があるでしょう。

仕事がないなら土下座してでも取ってくる

仕事がないなら土下座してでも取ってくる

ときには、土下座をしてでも、泥臭い活動をして仕事を取っていく必要があります。

仕事がないときこそ、仕事をまず取ってくることが大切です。

付加価値をつける

あとは自分の仕事に付加価値をつけること。

ライバルと差をつけるためにも、他にもできるスキルを身につけることが大事です。

単価を上げろ

また、いつまでも安い案件を請け負うのではなく、単価を上げる努力をするのも大事です。

単価を上げられるようにするためにも、納期を守り、クオリティの高い仕事をして、信頼を勝ち取っていく必要があります。

現状維持は、地獄への片道切符

現状に甘んじるのは、地獄の片道切符と思った方が良いです。

フリーランスとして生き残るためには、常にスキルアップして、仕事を取っていく必要があります。