FX投資で大切なこと、それはコツコツ利益を重ねていくことなのです。

なぜ大きく稼ぐのではなく、コツコツ稼ぐことが大切なのか、下記で詳しく見ていきましょう。

不確かな取引で大きく稼ごうとすると、大抵は大きく負ける

FX投資で大きく勝とうとすると失敗する

もし、100%勝てるのならば、大きく稼ぐのもありでしょう。

しかし、相場に100%や絶対はありません。どんなにプロの投資家でも負けるときはあるのです。なので、常に大きく勝とうとして、ポジションを大きく持っても、大損する可能性は非常に高いでしょう。

FX投資で大敗しないためにも、コツコツ取引を行うこと、コツコツ稼ぐことが大切なのです。

一回の損失は利益よりも少なく

また、コツコツ取引で大切なことは、「一回の損失は利益よりも少なく」です。

一回の取引での利益と損失が同じ額だと、勝率50%のときに得しません。勝率50%のときでも、利益を得るためには、損失を利益よりも少なくすることです。

それには、予想に反して相場が動いたら、すぐに損きりすることが大切です。なんの脈略もなく、塩漬け状態で含み損をしても、相場が戻る保証はありません。

損失を最小限に抑えるためにも、損きりは迅速に行うことでしょう。

勉強しない限り、FX投資では勝つことはできない

勉強しない限り、FX投資では勝つことはできない

FX投資では、初心者でもラッキーパンチで勝てることもあるでしょう。

でも、ほとんどの場合で勝ち続けることはできないでしょう。運で一度勝てたとしても、負け越す場合がほとんどです。

FX投資で勝ち続けるためには、日々研究・勉強するしかありません。相場の動くパターン、自身の心理状況、資金管理など多くのことを勉強する必要があります。取引を重ねて、研究して、自分なりの投資方法を確立することで勝てるようになってくるのです。

なんの考えもなしに適当に大きくポジションを持っても、ただ大敗してしまうだけです。

もし、FXの勉強をするならば、FX関連書籍および教材で勉強するのが良いでしょう。相場で勝っているプロの手法を学ぶことはとても大切です。下記でもオススメの書籍や教材を紹介しているので、ぜひ参考にすると良いでしょう。

コツコツ利益を重ねていけば、取引量も大きくなり稼げる金額も大きくなる

また、少額取引からでもコツコツ利益を重ねていけば、取引できる金額も大きくなり、利益もさらに膨らんでいきます。コツコツ取引を行い、稼いだ分も投資に回すのです(複利運用)。

そうすれば、稼げる利益もさらに大きくなります。この時に注意したいのが、取引によって、取引する金額も変えることです。いつも同じ金額で取引するのではなく、なんとなく自信がないときは、取引量を抑えて、損失をなるべく少なく抑えます。

これは、経験のなせる技ではありますが、自分の相場観というものも頼りにして、臨機応変に取引量をコントロールすることで、なるべく損失を抑えるようにしましょう。

FX投資では忍耐力も必要

FX投資では忍耐力も必要

FX投資では忍耐力も必要です。FX投資で稼ぐためには、自分が勝てそうなタイミングで取引することです。

なんとなく勝てそうだからと適当に取引しても勝てるわけではありません。自分が勝てそうなタイミングまで待つことも必要なのです。だからこそ、FX投資は忍耐力が必要です。

特に勝てるようになってくると、気が大きくなって、不用意に取引して損失を出してしまいがちです。そうならないためにも、常に冷静に相場と向き合い、自分が勝てそうなタイミングで取引していくことです。

大きく勝とうとするほど負けてしまうので、まずコツコツ投資を心がけること。また、勝てるようになっても、不用意にポジションを持たずに、自分が勝てそうなタイミングで取引することが大事なのです。