「FXでライントレードをしているのに、どうしても勝てない」と頭を抱えているひともいるでしょう。

なぜ、あなたはライントレードをして勝てない・稼げないのか、その理由について詳しく説明していきたいと思います。

ライントレードをしても勝てない・稼げない理由

ライントレードをしても勝てない・稼げない理由

FXでライントレードをしても、なかなか勝てない方もいます。

ライントレードで勝てない理由・原因はいろいろあるのです。

どのようなことが理由で、ライントレードで勝てていないのか、下記で挙げていきたいと思います。

そもそも見当はずれのラインを引いている

まず考えれるのが、そもそも見当はずれのラインを引いていることです。

ラインを引いても、全くチャートが反応しないようなラインは意味がありません。

むしろ、意味のないラインに惑わされて、あなたが損する可能性が高いです。

ラインを引く場合は、チャートが反応しやすいポイントを押さえて、ラインを引くことです。

いつまでも古いラインを見てしまっている

いつまでも古いラインを見てしまっている

最初は反応があったラインも、いつまでも反応が続くわけではありません。

時間が経つに連れて、もう引いたラインも反応しなくなっている場合があります。

そうなると、それもあなたのエントリー判断を狂わして損をさせてしまう原因になります。

一度ラインが引けたとしても、いつまでもそのラインにチャートが反応するわけではないので、注意した方が良いでしょう。

無意味なラインを引きすぎている

無意味なラインを引きすぎている

また、無意味なラインを引きすぎて、誤ったタイミング取引をしてしまい、損をしているパターンも考えられます。

ラインは引きすぎると、どれが効果的なラインなのかわからなくなるので、注意が必要です。

エントリーで混乱しないためにも、効果的なラインを引けるようになることが大事です。

ラインを引いても騙されている可能性もある

ラインを引いても騙されている可能性もある

ラインを引いても、必ずしもチャートがその通りに動いてくれるとは限りません。

たとえば、上記の画像のように、ラインをわざと一度超えてくるだましも発生します。

ラインを引けたからといって、必ずしもそのライン通りに動いてくれるわけではないので、注意した方が良いでしょう。

短い時間足ばかり見てラインを引いてしまっている

ラインを引くのは悪くないことなのですが、短い時間足ばかり気にしてラインを引いている場合があります。

ラインを引くのは良いですが、短い時間足ばかりに気をとられてラインを引いていると、長い時間足の動きが見れていなく、損をしてしまう可能性があります。

ラインを引く場合は、長い時間足でも確認してみることが大事です。

長い時間足でも見てみることで、また違ったラインが引ける可能性もあります。

ライントレードを行う際は、短い時間足ばかりではなく、ぜひ長い時間足でも相場をチェックしてみると良いでしょう。

ライントレードを極めるには勉強あるのみ

ライントレードを極めるには勉強あるのみ

このようにライントレードで勝てない場合は、やはり間違ったラインの引き方をしている場合が少なくないので、よく見直してみることです。

また、ライントレードを極めるには、やはり勉強するしかないでしょう。

正確なラインが引けることで、稼げるようにもなりますし、また損をした場合は軌道修正もしやすくなるはずです。

FXで勝てる可能性を高めるためにも、いかに的確なラインが引けるかは、とても重要なことなのです。

ちなみに、ライントレードを本気で学びたいならば、こちらの教材がおすすめです。

やはり、ライントレードを学ぶならば、このようなライントレード専門の教材を選んだ方が、効率良く学ぶことができるでしょう。

ライントレードを本当に極めれば、勝てる可能性も格段に上がっていくと思うので、なかなかライントレードで勝てていない方は、今一度勉強し直してみると良いと思います!