キャバ嬢として働くことで様々な能力が身につきます。それらは、どれも社会で活かせられるものばかりです。キャバ嬢はどのような能力がつくのか、詳しく下記で見ていきましょう。

圧倒的な会話量により、キャバ嬢が身につける能力

キャバ嬢をすると身につく能力

今回はキャバ嬢が身につける能力についてのお話です。キャバ嬢は年間に数千人の男性客と会話をするので、かなりの能力を身につけることができます。圧倒的な会話量により、どのようなことが身につくのか、見ていきたいと思います。

キャバ嬢が身につける聴く力

キャバ嬢は聴く力がつく

まず、キャバ嬢が身につけるのが、聴く力です。かなりの数の男性客を相手にするので、お話を聞く場面が多いです。

その経験を積むことで、どのように話を聞けばいいかがわかります。単純に話を聞くだけではダメ、自然な感じで相槌を打ちながら、相手が話すのが気持ち良くなるようにリアクションをしてあげます。

驚いてあげたり、褒めてあげたりと、様々なテクニックを使い、聴く力を養っていくのです。すると、男性客もどんどん話が弾み、様々な情報を流してくれます。

キャバ嬢が身につける共感する能力

キャバ嬢が身につける共感する能力

キャバ嬢は、共感する力があります。決して否定的ではなく、共感するように話を聞きます。たとえば、お客の会社の愚痴も、親身になって聞き、決して否定的ではなく肯定的に、共感しながら話を聞きます。相手が自慢したい時は、素直に「すご〜い」などと褒めてあげるのです。キャバ嬢には、共感して相手から信頼を得るのが上手い女性たちです。

キャバ嬢が身につける物怖じしない力

キャバ嬢が身につける物怖じしない力

キャバ嬢は、物怖じしない力が身につきます。男性客は様々な人が訪れます。中には、会社のお偉いさんたちもやってきます。普通なら、そのような威厳ある男性に対して、物怖じしてしまうところですが、キャバ嬢は豊富な知識があるので、恐ることはありません。むしろ、自分のお客さんになるように、アプローチをしかけます。

キャバ嬢が身につける目配りと気配り

キャバ嬢の目配りと気配り

キャバ嬢は、気が使えないと、売上をあげられません。相手の男性客が何を感じているのか、常に気を張っています。お客さんが喜ぶように接することが、自分の売上にもつながるからです。店内に目配り、お客さんをとらえていきます。

グラスの水滴や、灰皿のカスにも注意して、気配りができる接客を心掛けます。

キャバ嬢が身につける一歩踏み込む力

キャバ嬢の一歩踏み込む力

キャバ嬢は、一歩入り込むのが上手い女性たちです。お客さんと親身な関係になり、固定客へつなげるため、お客さんの懐に入っていきます。お客さんの情報を聞き出すために、壁を作らずに親密になれるプロ集団です。

キャバ嬢の半端ないコミュニケーション能力

キャバ嬢のコミュニケーション能力

これまでの知識が豊富なので、キャバ嬢はかなりのコミュニケーション能力を持っています。様々な男性客と接することができ、この能力は他の業界でも生かすことができるでしょう。

キャバ嬢の能力まとめ

キャバ嬢の能力はすごい

以上のようにキャバ嬢の能力についてまとめていきました。キャバ嬢はかなりの男性客を相手にするので、豊富な知識と経験が身につきます。

これは他の業界でも生きてくる能力です。なので、一概にも水商売が怪しいとは言えません。ひょっとしたら、普通のOLよりも高いスキルが身につくでしょう。キャバ嬢にはそれほど、能力が高い女性たちなのです。