WEB系の仕事は人気ですが、安い給料で働いているWEBデザイナーも少なくありません。

でも、WEBデザイナーは必ずしも低い年収ばかりのひとではないのです。

実はWEBデザイナーの中にも、結構お金を稼いでいるひともいます。

WEB業界は収入格差が激しい

WEB業界は収入格差が激しい

WEB業界は収入格差が激しい業界です。

WEBデザイナーの中には、30代を超えても、自分の年齢と同じ数の月収(35歳なら月収35万円)を得られない方も少なくありません。

また、WEBデザイナーによっては、月収20万円以下の方も少なくないでしょう。

このように安い給料で生活を強いられているWEBデザイナーも多いのです。

年収1,000万円以上のWEBデザイナーもいる

しかし、その一方で年収1,000万円以上稼ぐWEBデザイナーもいます。

なかには、年収2,000万円以上稼ぐWEBデザイナーもいるので、WEB業界は収入格差が激しいのです。

実績・人脈がものをいう業界

では、なぜこんなにも収入格差があるかといえば、WEB業界は実績や人脈がものをいう業界のため、それらがあるかないかで、収入にも大きく影響してくるのです。

なので、少しでも収入を上げるならば、実績や人脈を積むことが大切なのです。

独立して仕事した方が稼げる場合も多い

独立して仕事した方が稼げる場合も多い

また、WEB業界の場合は、スキルやコネがあるならば、独立して仕事した方が稼げる場合も多いです。

やはり、会社員だと決められて給料しか得ることができませんが、独立すれば、仕事した分だけ収入を得ることができます。

今の会社の安月給に苦労しているならば、思い切って独立してみるのもありでしょう。

ある程度スキルを持ち、顧客がいるのであれば、独立後も安定して稼げる可能性が高いです。

安月給でこき使われている可能性も高い

また、本来であれば、もっと高い収入が見込めるのに、安月給でこき使われている場合もあります。

仕事や会社によって得られる収入にも違いがあります。

もっと稼ぎたい・高い給料を得たいならば、他の会社にも目を向けてみることも大事です。

今の会社は、安い月給で働かされているだけかもしれません。

他にも、あなたのような人材を探している会社がある可能性が高いのです。

まずは、興味本位に転職サイトを見てみるのも良いでしょう。

せっかく高収入が得られるチャンスがあるかもしれないのに、みすみす逃してしまうのは勿体無いことです。

下記のページでも、おすすめの転職サイトを紹介しているので、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

仕事はやりがいも大事だが生きるためのお金も必要

WEBデザイナーの仕事は、自分でデザインを考え、世に発信できるので、ある程度のやりがいはあると思います。

ただし、いくらやりがいがあっても、収入が満足に得られなくては、正確するのが大変です。

やはり、仕事はやりがいも大切ですが、生きるためにお金を得ることも大切なので、両方のバランスを取りながら仕事をすると良いでしょう。

周りを見れば、やりがいを感じつつ、ある程度の収入を得られる会社もあるはずです。

あとは行動に移すかどうか

結局のところ、行動に移したひとが、様々なチャンスを得ている気がします。

WEBデザイナーを欲しがる企業は多くありますし、今の会社が全てではありません。

また、人脈・コネがあると転職もしやすく、仕事も得やすいと思うので、その点も意識していくと良いでしょう。

今の会社の給料に不満があるのであれば、ぜひ周りに目を向けてみると良いでしょう。