異業界からWeb業界へ転職して働きたいという方もいるでしょう。

Web業界は必ずしも経験を問うものではなく、未経験からでも制作会社で働くことは十分に可能です。

Web業界で働きたい方に知っておいてほしいこと

Web業界で働きたい方に知っておいてほしいこと

Web業界で働きたい方へ、実際に業界を経験したものだからわかる、知っておいてほしいことを下記でざっと説明していきたいと思います。

Web業界で何をやりたいのか具体的にしておいた方が良い

まず、Web業界で何をやりたいのか具体的にしておいた方が良いと思います。

というのも、Web業界といえども、仕事内容は様々あります。

Web業界は、デザインする仕事だけではありません。

例えば、デザインさせたものをコーディングするひとがいたり、プログラミングするひとがいたり、お客さんと打ち合わせするディレクターがいたり、サイトを解析するひとがいたりと、様々な仕事があるのです。

また、Web業界に応募すると、「あなたはどういう仕事がしたいのか」高い確率で聞かれるでしょう。

このときに、「ただWeb業界で働きたい」だけでは、漠然としすぎて企業側には熱意は伝わらず、不採用になる可能性があります。

また、あなたが仕事にやりがいを持てるようになるためにも、Web業界でどういう仕事をしたいのか、具体的に考えておくと良いでしょう。

入社しても、希望の仕事だけさせてもらえるとは限らない

しかし、やりたい仕事があるからといって、入社後その仕事をさせてもらえるかはわかりません。

たとえば、デザイナーの仕事がしたくても、デザイン力が無いと他の仕事をさせられる可能性もあります。

そうなった場合は、デザイン力がつくまで、他の仕事も頑張ってみることです。

何をしたいのか明確なビジョンを持つことも大事ですが、特に業界未経験の場合は、会社では必ずしも希望の仕事ができるとは限らないので、柔軟に対応することも大事です。

経験やスキルよりも、人柄が大切な場合もある

Web業界は、未経験やスキル不足だからといって、躊躇する必要はないと思います。

経験やスキルは仕事をしていれば、自然とつくものです。

それよりも人柄を重視している制作会社も少なくありません。

やはり、いくら経験やスキルがあっても、会社に合わないタイプのひとだと、不採用されることもあります。

また、未経験の方こそ、経験やスキルがない分、やる気をアピールすることが大事でしょう。

なぜその会社で働きたいのか、どういう仕事をしたいのか、具体的に伝えることが、やる気を見せることにもなるので、自分の考えをしっかり持っておくことが大事です。

ポートフォリオを作りながら、就職活動すれば良い

ポートフォリオを作りながら、就職活動すれば良い

Web業界で働くとなると、ポートフォリオの提出を求められることがありますが、正直ポートフォリオがなくても、採用される場合もあります。

特に業界経験がない方は、ポートフォリオを作るにしても、採用担当側もそれほどのクオリティを期待していないこともあります。

なので、ポートフォリオを作るのは時間がかかりますし、ならばポートフォリオを完成させてからではなく、ポートフォリオを作りつつ就職活動していけば良いでしょう。

確かに、ポートフォリオ提出を求められること場合も少なくないので、提出を求められたら「まだ作成中」と伝えるか、作成途中だけれども提出してみるなどの方法もあります。

とにかく、ポートフォリオの完成を待っていたら、就職活動がどんどん遅れてしまうので、同時進行くらいの意識で取り組むのが、早く就職できる可能性もあると思います。

ブラック企業に就職しないためには

また、Web業界で働く場合は、ブラック企業にも注意しなければいけません。

制作会社によっては、残業当たり前で徹夜で仕事をする会社もあります。

特に忙しい時期は土日休みもなく、ひたすら仕事に追われることもあるのです。

なので、そのようなブラック企業に当たらないように、下記の点に注意した方が良いでしょう。

  • 残業はどれくらいか
  • 土日休みはあるか
  • 給料はある程度もらえるか
  • 有給は使いやすいか

ただ、あまり上記のことを面接採用で露骨に聞いてしまうと、休みばかり考えているひとに見られるので、募集要項や面接でさりげなく聞いてみるくらいが良いでしょう。

職場の雰囲気こそ一番大切

何より制作会社で一番大切とも言えるのが、職場環境です。

職場環境が悪いと最悪です。

制作内部で人間関係が悪かったり、パワハラ上司がいると、一気に生産性が落ちます。

なので、面接時に何歳で何人くらいのひとが働いているか、職場環境・雰囲気はどうなのか、仲間意識あり意思疎通できているのか、聞いてみると良いと思います。

ここで言葉を濁すような返答が来た場合は、その会社は要注意した方が良いでしょう。

Web業界で働きたいならば、まずは行動に起こしてみる

Web業界で働きたいならば、まずは行動に起こしてみることです。

未経験でもスキルがなくても、十分採用される可能性はあります。

ただし、応募してみないことには、何も始まりません。

また、例え異なる業界でも、これまでの経験がWeb業界で役に立つこともあります。

自分の経験スキルの洗い出し、Web業界への応募方法に困ったら、プロの転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

下記でも、Web業界向けのおすすめの転職サイトを紹介していますが、やはり、Web業界はある意味特殊な業界なので、Web業界専門の転職サイトの方が、より多くの求人案件に触れることもできると思います。

まずは動き始めることです。

早速、下記のような転職サイトを見ながら、Web業界で働くことに意識を集中させ、動き始めてみると良いでしょう。

本当に願い行動し続ければ、意外と簡単にWeb業界で働けるようになるものです。