新型コロナウィルスで世界はパニックに陥っていますが、こういう状況でWebデザイナーが就職・転職を考えるとき、どのように行動すればいいのか、詳しく見ていきたいと思います。

《新型コロナ問題》これからWebデザイナーの就職・転職で対策すべきこと

《新型コロナ問題》これからWebデザイナーの就職・転職で対策すべきこと

おそらくこの記事を見ている方は、就職・転職を考えているWebデザイナーも少なくないでしょう。

しかし、今は新型コロナウィルスで世界的に問題が起きている状況です。

景気は悪くなり、就活・転職が難しくなる可能性がある

また、株価大暴落も同時に起きており、今後の就職・転職は難しくなる可能性があります。

IT業界が廃れるわけではない

しかし、そうは言っても、IT業界が廃れてしまうわけではありません。

むしろ、今後も様々な分野でIT化は進んでいくので、Webデザインができる人材を欲しがる企業も少なくないでしょう。

リモートワークができる企業へ就職する

また、もし今後就職・転職活動をするならば、リモートワークができる企業を狙うのもいいかもしれません。

そういう企業を選べば、たとえ今回のような新型コロナウィルス問題が起きても、自宅で仕事ができ、稼げる可能性があります。

今後は、不測の事態も考えた会社選びが必要となるでしょう。

優良案件を紹介してくれるエージェントを利用する

また、ひとりで就職・転職活動を行うのは、何かと不安が多いと思います。

特に、Webデザインは特殊な仕事なので、求人サイトによっては、あまり求人案件が多くない場合もあります。

そこで、Webデザイナー向けに優良案件を紹介してくれるエージェントを利用することがお勧めです。

そのようなエージェントの方が、Webデザイナーの仕事について理解があるので、Web/IT系に強いエージェントに相談するといいでしょう。

クリエイティブ職の就職・転職に強い「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」は、クリエイティブ職に強い、就職・転職支援サービスになります。

特に、Web職・ゲーム業界の求人案件が多いです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトは、こちらになります。「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」は、IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した、就職・転職支援サービスです。

IT・Web業界に特化した4,000件を超える求人登録数を誇り、キャリアの相談から、求人の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートをしてくれます。

「レバテックキャリア」の公式サイトは、こちらになります。「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」「レバテックキャリア」

4万人を超える就職・転職支援実績を誇る「マスメディアン」

「マスメディアン」は4万人を超える就職・転職支援実績を誇る、広告・Web・マスコミの分野に強い就職・転職支援サービスです。

残業少なめの求人もあるので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

「マスメディアン」の公式サイトは、こちらになります。「マスメディアン」

「マスメディアン」「マスメディアン」

今のうちからスキルを磨いておく

また、就職・転職しやすいように、今のうちからスキルを高めておくことも大事です。

働きたい企業によっては、スキルを求める会社もあります。

スキルがあることで、企業選びの選択肢も広がっていくので、今のうちからスキルを身につけていくといいでしょう。

もし、独学や仕事でなかなかスキルが身につかないのであれば、オンラインスクールでスキルアップをしていくのもいいでしょう。

例えば、「テックアカデミー」というオンラインスクールでは、Webデザインコースがあり、しっかりデザインについて学ぶことができます。

Webデザインのスキルアップをして、就職・転職したい方は、「テックアカデミー」をチェックしてみるといいでしょう。

「テックアカデミー」Webデザインコースについては、こちら!「テックアカデミー」Webデザインコース

マーケティングやプログラミングができると強い

あとは、これからのWebデザイナーは、ただデザインができるだけではなく、例えばマーケティングやプログラミングなど、他のスキルもあると、さらに付加価値あるWebデザイナーとして、採用されやすいかもしれません。

今は、単なるWebデザイナーは多くいるので、それ以外にも何かスキルや経験を身につけて、他のWebデザイナーとの違いをアピールしていくことです。

いっそのこと、フリーランスを目指す

また、Webデザイナーは、いっそのこと、フリーランスを目指すのもアリかもしれません。

ある程度経験やスキルのあるWebデザイナーなら、独立することも不可能ではありません。

もっとも、全くスキルも経験もなく、ゼロから独立してWebデザイナーになるひともいるほどです。

独立すれば、わざわざ会社に行く必要もなく、自分のペースで仕事をすることができます。

上記のように、フリーランスの独立支援やスキルアップをサポートしてくれるサイトもあります。

Webデザイナーの方で、フリーランスに興味があるならば、ぜひチェックしてみるといいでしょう。

ピンチの時こそチャンス

確かに、この状況で就職・転職活動をするのは、難しい面もあるかもせんが、しかし不可能ではないはずです。

特に、Webデザイナーという人材を欲しがる企業も少なくないので、ぜひ諦めずに行動してみるといいでしょう。

誰もがピンチと思うときこそ、行動して成功を得るチャンスかもしれません。

PRO WORKS-プロワークスPRO WORKS-プロワークス