古い着物なんて二束三文にしかならないのではないかと思われている方へ。タンスや押入れに眠っている着物、実は高く売れるって知ってました?今回は、いらなくなった古い着物を少しでも高く売る方法について詳しく見ていきましょう。

二束三文と思うような不要な着物でも捨ててはいけない

不要な着物の処分方法

いらなくなった着物は捨ててしまう方も少なくないでしょう。古くなった着物は着る機会もないので、ゴミに出すことも考えるかもしれませんが、実は、その着物は高く売れる可能性があります。不要な着物でも、売りに出せば、数千から数万円の価値がつく場合もあるのです。捨てるとお金が得られない着物も、買取依頼に出すことで、思いがけぬ報酬を得ることができます。ですから、古くなった着物でも、むやみに捨てないようにしましょう。また、古くなった着物を売る際に、いくつかの方法を考えるかもしれません。下記で、着物を売るときに、どのようなとこで売れるのか、あげてみました。

フリーマーケットで着物を売る

まず着物を売るときに、フリーマーケットで売ることを考えるかもしれません。確かにフリマならば、着物を売りに出しやすいですよね。でも、フリマのデメリットは、限られた人しかこないことです。フリマに来た人が、着物をほしいと思うかはわかりません。なんとなくお店を見ているという人も多いはずです。

つまり、あまり期待しないでお客さんは来るので、売ろうとしても安く買い叩かれたり、そもそも着物がそれほど売れないというケースもあります。フリマはなんでも売れやすいですが、着物を良い値段で買ってくれるのはあまりないでしょう。

ヤフオクで着物を売る

また、ヤフオクで着物を売ることを考えるかもしれませんね。ヤフオクならば、着物を探している人も見に来ると思うので、古い着物でも売れることがあります。しかし、ヤフオクなどオークションサイトの場合は、商品の画像を撮影したり、紹介文を作成したり、落札されたらお客さんと連絡し合わないといけませんし、また梱包やら発送作業も行わないといけません。中にはクレーマーもいて、いちゃもんをつけられて、無駄に時間や体力を消耗させられることがあります。結構トラブルが起きたりもするものなので、めんどくさいのです。

近場のリサイクルショップに売る

あとは、近場のリサイクルショップで着物を売ることもできますね。今はリサイクルショップも充実しているので、売りに出しやすいのですが、このようなお店だと結構買い叩かれます。特に実店舗の場合は、場所代や人件費等がかかっているため、どうしても高く買取してもらえないのです。着物1着数十円という馬鹿げた値段しかつかない場合もあります。状態によっては、買い取ってすらもらえないでしょう。

着物専門の買取サイトに依頼をする

着物専門買取サイト

以上のように、着物を売りたいの思っても、売り方によってはかなり安く買い叩かれたり、むしろ着物が売れないということもあります。そこで、もし不要になった古い着物があるならば、着物専門の買取サイトに査定依頼をしてみましょう。そのようなサイトの方が、販売ルートを多く持っている傾向にあり、高く売れる可能性があります。また、ネットから買取依頼をすれば、わざわざ実店舗に持っていく必要もありません。自宅から簡単に着物を送るだけで、査定額を得ることができます。専門店の方が買取相場額を知っていることが多く、高く売れる可能性も十分にあります。

買取サイトの場合は、人件費も場所代もそれほどかかっていません。また着物を買いたいクライアントを全国、または海外にも持っていることがあり、当然高く売れやすいのです。下手に近場で安く売るよりも、ネット買取に依頼した方が断然良いでしょう。また、着物専門買取サイトの方が、着物に関して熟知しているスタッフが在籍しているので、より適正値段で買取してくれる可能性が高いのです。

着物はいくらで売れるの?

まず、よく売れる着物は、振袖、留袖、色留袖、訪問着付下げ・小紋・色無地・袖などです。また着物以外にも、丸帯、袋帯、京袋帯、名古屋帯、半幅帯などの帯も売れますし、巾着、帯留、帯締め、反物、かんざしなどの小物も売れるのです。

気になる買取金額ですが、振袖なら中古でも2~3万円前後で売れることもあります。付下げ・黒留め袖・色留袖なら1万円前後、袋帯・名古屋帯は5千円以上で売れることもあります。さらに、久保田一竹・羽田登喜男・由水十久は10万円以上、伊兵衛織・宮平初子(琉球古代織)は20万円以上の値段が付く場合もあるのです。

やはり古い着物でも、使用済み中古品よりも未使用品の方が高く売れます。場合によっては、未使用品だと倍以上の値段で売れることもあるのです。

買取価格は定価の1割程度と言われることもあるが

よく着物の買取価格は定価の1割程度と言われることがあります。しかし、これは着物の状態や希少性によっても違うでしょう。もし未使用品の高級着物の場合は、購入価格以上の値段で売れる場合もあります。そうではなくても、状態が良ければ、定価の1割以上で売れる可能性は十分にあるでしょう。ですから、あくまで他の意見であって、実際に売りに出さないとなんとも言えません。

高く売るには着物の状態も重要

着物をなるべく高く売りたい

古くなった着物を少しでも高く売りたいならば、着物の状態もとても重要な要素になります。シミやカビや汚れなどないか、よく確認しておきましょう。自分で落とせるくらいの汚れならば、落としてから、買取を依頼すると、高く売れる可能性もあるでしょう。また、帯などついている場合は、一緒に売ると高く売れることがあります。セットになっているものは一緒に売ってしまった方が良いでしょう。

なるべく早く売る方が良い

やはり、着物は新しいものの方が高く売れやすいです。ですから、今ある着物を高く売りたいならば、なるべく早く売りに出すことです。時間が過ぎるほど、大抵は価値が下がってきます。少しでも高く着物を売りたいならば、なるべく早く売るようにしましょう。

シミやカビ、細かい汚れはよく落としておくこと

また、見栄えが良い方が着物は高く売れる可能性があります。シミや汚れなどあったら、こまめに拭き取るなどしましょう。ただ、この時注意したいのが、強い洗剤を使って、着物をダメにしてしまわないことです。着物は繊細なものなので、強力な洗剤を使うと痛んでしまいます。手入れも注意しながら行うようにしましょう。

なるべくセットで売ると良い

着物はなるべくセットで売る

少しでも高く売りたいならば、帯や小物などあればセットで売りに出すと良いでしょう。まとめて売った方が高く売れることがあります。

無駄に自分で直そうとしない

着物が痛んでいると、少しでもよく見せようと自分で直そうとします。素人の裁縫は注意が必要です。それだけで価値が下がってしまう場合もあります。ですから、着物が少々痛んでいたとしても、不必要に自分で直したりしない方が良いでしょう。

思い出は値段に反映されない

仮に、どんなに思い出がある着物でも値段に反映されるわけではありません。あの人と出かけた時に来た着物、大切な人からもらった着物でも、査定評価されるのは、あくまで着物の状態からなので、思い出は値段に反映されないのです。そこは割り切って考えるしかありません。少しでも高く売りたいならば、思い出ではなく、着物の状態に目を向けるようにしましょう。

古い着物でも十分高く売れるチャンスがある!

古い着物でも売れるチャンスがある

ちなみに着物は洋服と同様に標準体型に合う着物の方がやはり売れやすいです。多くの人が着れるサイズの方が高く売れやすいのです。また、流行りの色でなくても、高く売れることがあります。自分では売れないと思う着物でも、意外と良い値段で売れる可能性もあるので、諦めないことです。

古い着物がある場合は、まず買取依頼に出してみましょう。査定は無料で行ってくれるところもあります。買取サイトによっては訪問査定してくれることもあります。ただ、訪問されると買取値段に納得いかないときに、その場で断りづらいようであれば、自宅から配送して査定してもらうのも良いでしょう。

自宅から送る場合でも送料はかからず、査定額に納得できなければ、売らずに返送してもらうこともできます。安く買い叩かれないように、下記でオススメの着物買取サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。