就業時間(業務時間)後の勉強会は残業になるのか

会社での勉強は残業代が発生するのか

残業の問題として挙げられるのが、定時終わり後の勉強会についてです。勉強は必ずしも生産性を生むわけではないので、勉強が残業として扱われるのかが、疑問に思う人も少なくないでしょう。特に、新入社員の場合は、勉強を求められる機会も多いので、会社で勉強することが残業になるのか知りたいところだと思います。

経営者の指揮管理下に置かれているかがポイント

会社の勉強会が残業になるかは、経営者や会社の指揮管理下に置かれているかが、ポイントになります。つまり、会社の命令管理下に置かれている場合は、残業と見なされるのです。

就業後の勉強会が強制のとき

例えば、就業後の勉強会が強制参加であったときは、労働管理下にある状態なので、残業代が発生することになります。自分で出席参加を選ぶことができないので、労働として残業代が発生するのです。

就業後の勉強会が自由参加のとき

逆に、もし就業後の勉強会が自由参加のときは、参加しなくてもいいので、労働管理下に置かれているわけではないので、残業代が発生することはありません。自由参加の場合は、残業代が発生しないと考えましょう。

勉強が強制でなければ、残業にはならない

なので、残業代が発生するかは、会社の勉強会が強制なのか自由参加なのかで違ってきます。ただし、日本には独特な暗黙了解があるので、自由参加と言いつつ、強制参加的な勉強会もあるので、一概には言えないところではあります。ただ、基本的には、会社での勉強が自分の意思である場合は、残業代が出ないと考えましょう。

残業代を申請したい場合は、専門家に無料相談をしましょう!