残業の平均時間を考える

残業の平均時間

会社で残業をしていると、他の職業はどのくらいの残業をしているのか、気になる人もいると思います。そこで、今回は残業の平均時間について考えていきましょう。

職種によって平均残業時間は違う

残業時間は職種や業界によって大きく違ってきます。

事務系の仕事は残業時間が少ない傾向

たとえば、事務系の仕事だと、残業時間は少ない傾向にあります。定時に帰ることも多いでしょう。急な仕事以外は、残業することなく帰宅します。ただ、残業代を稼ぎたいという社員は、あえて残業することもあります。しかし、大抵は定時に帰れることも多いでしょう。

営業やクリエイティブな仕事は残業が多くなる傾向

逆に、営業やクリエイティブな仕事は、残業時間が長くなる傾向にあります。ノルマが課せられている仕事や、デザインの仕事の場合は、残業が60時間以上になることもあります。

中小企業の場合は残業時間が管理されていないところも

また、中小企業の場合は、残業時間の管理がきちんとされていないところもあります。残業が100時間以上におよぶサラリーマンもいたりします。月80時間以上の残業は、労働基準法違反になり、過労死する恐れもあるので、非常に危険な状態です。

全体でみると残業時間の平均は20〜30時間

全体でみると、残業時間の平均は、20〜30時間になります。だいたい、1日1時間程度の残業時間です。残業しない日もあれば、1時間以上残業する日もあるでしょう。もし、平均時間以上、または80時間以上残業している場合は、自身の健康を考えて、転職するのもありかもしれません。また、もし残業代をきちんともらっていなければ、請求するようにしましょう。

残業代申請は専門家へ頼んだ方が確実です。無料相談することもできます。

あまりのサービス残業が多い場合は転職を考える

月の平均残業時間が多く、かつサービス残業が当たり前の場合は、転職を真剣に考えましょう。少し他の会社を見れば、普通に残業代がもらえるところも多いです。自分はなんて安売りをしていたんだと思うことはあるはずです。もっと正当な報酬をもらうためにも転職を考えてみましょう。きっと残業代もきちんともらえる会社が見つかるはずです。

転職するならこちらのサイトを参考にしてみてください。