不動産投資は潤沢な資金がないとできないものだと思っている方も少なくないでしょう。しかし、実は不動産投資は、低資金でも不動産投資をすることが可能なのです。その額、なんと10万円以下でも投資をすることが可能になります。なぜ、10万円以下でも投資をすることが可能なのか、詳しく見ていくことにしましょう。

不動産投資信託(REIT)で資産運用ができる

不動産投資信託(REIT)で資産運用ができる

この記事を読んでいる方の中には、不動産投資信託(REIT)という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。不動産投資信託(REIT)とは、投資家から投資金を募り、集まったお金で不動産投資を行うシステムです。集まった投資金で、実際にタワーマンションなどの大型不動産の運用を行い、配当金を投資家たちがもらうことができるのです。不動産投資信託(REIT)ならば、わずか10万円以下でも投資を行うことが可能です。

クラウドファンディング型の不動産投資

また、その他にもクラウドファンディング型の不動産投資もあります。こちらも同じように投資金を募り、不動産投資を行います。マンション運営などにも、このクラウドファンディング型の不動産投資が行われています。こちらも堅実に利益が得られると好評で、投資を行う方も少なくないのです。

利回りはそれほど高くないが堅実

利回りは高くないが堅実

このような不動産投資の場合、正直利回りはそれほど高くありません。平均して大体5%前後になるでしょう。ただし、このような不動産投資の場合は、堅実に利益を上げられることが見込めるのです。普通に自分で不動産投資をしようとすると、莫大なお金が必要になり、なかなか不動産投資ができないということもあるでしょう。また、不動産投資をしてもうまくいく保証はありません。なかなか集客がつかずに、借金返済ばかりに追われてしまうこともあります。

プロの目線で良質な不動産を選んでもらえる

しかし、不動産投資信託(REIT)やクラウド型の不動産投資の場合は、あらかじめプロが良質な不動産を選んでくれるので、失敗するリスクを最小限に抑えることができます。堅実に配当金を得たい方は、このような不動産投資もありでしょう。

また、これから不動産投資を始めたい初心者の方や、お金があまりない方でも、10万円以下で始められるので、敷居も低く、不動産投資に挑戦しやすいのです。10万円以下で不動産投資を始めたい方は、不動産投資信託(REIT)やクラウドファンディング型の不動産投資を検討してみると良いでしょう!