人はいつ死ぬかわかりません。20代30代でも不慮の事故や病気で死ぬことがあります。人の余命なんて本当に知ることはできず、いつ死ぬかは誰にもわからないのです。

今の仕事で人生を終えても悔いはないか

人生に悔いはないのか

今の仕事で人生を終えても悔いはないのか、真剣に考える必要があります。明日も生きられる保証はどこにもありません。今日という日を精一杯生きているのか、今の仕事が人生の最期になっても後悔がないか、考えるべきです。もし、後悔しそうであるならば、それは最善の仕事ではないのかもしれません。

金より何よりも本気で仕事ができるか

金も大事ですが、仕事をするならば、どれだけ本気で仕事ができるかが重要になります。本気で仕事ができれば、金は後からでもついてきます。死んでも後悔しない仕事をするならば、どれだけ本気になれるかが大切なのです。

それには、今の仕事をやり抜く、相当な覚悟が必要になります。覚悟があるほど、仕事は実りあるものになり、やりがいが生まれます。人生を本当に充実したものにするのであれば、どれだけ本気で仕事に打ち込めるかということも非常に大切なのです。

不満や愚痴ばかりいう人生でいいのか

愚痴ばかり言う人生で良いのか

相手の不満や会社の愚痴ばかりいう人生が本当に実りある人生なのか、よく考える必要があります。頭では分かっているつもりでも、行動が伴わない人が実に多いのです。不満や愚痴ばかり言わず、自分がやりがいを感じられるためにはどうすれば良いのか、本気で考える必要があるでしょう。

新たな仕事を探すのも一つの方法

仕事を変えるとなると恐怖に感じるかもしれませんが、仕事を変えた方が良い人生を送れる場合があります。新たな道へ進むことはリスクがあるでしょうが、人生はリスクをかけないと、目指す道を得ることができません。今ある仕事で人生を終わるのが嫌であるならば、もっと真剣に仕事のことについて考え、打ち込むべきでしょう。