今回は、第二新卒の方の転職活動期間は、どれくらい必要なのかについて、詳しく見ていきたいと思います。

これから、転職を控えている第二新卒の方は、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

第二新卒の転職期間は、在職中かにもよる

第二新卒の転職期間は、在職中かにもよる

第二新卒の転職期間は、在職中かどうかによっても、違ってきます。

現在仕事をしている方だと、なかなか転職活動に使える時間も多くないでしょう。

だいたい企業の面接は平日が多く、夜遅くまで面接を行っている企業は、それほど多くありません。

なので、転職活動をしたくても、なかなか面接を受けられないこともあるのです。

本人のやる気にもよる

あとは、本人のやる気にもよります。

今すぐ転職したいひとならば、割と早く転職するかもしれませんが、なんとなく漠然と転職を考えているひとだと、なかなか次の会社が見つからないこともあります。

本人のやる気や行動力によっても、転職活動の期間はだいぶ違うはずです。

企業との相性やタイミング

また、企業の相性やタイミングによることも多いです。

たまたま企業がすぐにでも人材が欲しく、ちょうど対象とする人材が現れたら、すぐに採用されることもあります。

なので、企業との相性やタイミングによる要因も大きいでしょう。

早いひとは1~2週間で決まる

早いひとは1~2週間で決まる

第二新卒の転職期間については、早いひとだと1~2週間で決まることもあります。

これは、タイミングよく理想的な企業と出会えた結果でしょう。

転職活動を始めても、なかなか1~2週間で転職活動が成功することはありません。

しかし、もっと早いひとだと、転職開始して数日で次の会社が決まることもあります。

こればかりは、運の要素も大きいと思います。

また、失業中の場合は、時間もあるので、転職活動もしやすく、早く次の会社が決まりやすいのです。

平均的な期間は2~3ヶ月

なお、平均的な期間は2~3ヶ月程度になります。

やはり、在職中であったり、ある程度検討して転職活動を行うとなると、それなりに時間がかかるものです。

また、ひとによっては、さらに長くかかる方もいます。

自分に合う会社はいつ見つかるかわからない

自分に合う会社はいつ見つかるか、わかりません。

長期間転職活動をしても、見つからない場合もありますし、一方ですぐ見つかることもあります。

なので、どれくらい期間をかければ、転職活動を成功させられるかは、誰にもわからないのです。

ひとりで転職活動をしても悩むことが多い

ひとりで転職活動をしても悩むことが多い

また、ひとりで転職活動をするひともいるかもしれませんが、ひとりだけで活動していると、結構悩むことも多いのです。

特に、第二新卒の方は、転職経験もあまりないでしょうから、どのように転職活動すれば良いのか、わからないこともあるでしょう。

なので、もし転職活動を行うならば、転職に詳しいエージェントに相談することをおすすめします。

やはり、転職のプロに相談した方が、自分自身を客観的に見ることができ、今後の方向性を定めることもできるでしょう。

また、応募書類の書き方や面接対策など、細かいアドバイスももらえるのでおすすめです。

転職する意思をしっかり伝える

また、もし転職エージェントに相談するならば、転職する意思をしっかり伝えることです。

転職する意思が曖昧だと、なかなか良い求人情報が回ってこないこともあります。

エージェントも売り上げを上げるために、転職する意思が強いひとに、サポートを集中していく傾向にあります。

なので、近いうちに転職する意思があるならば、しっかり伝えておくことです。

転職活動は必ずしも時間をかければ良いわけではない

また、転職活動は必ずしも時間をかければ良いわけではありません。

転職活動は、タイミングや運に左右されることが大きいです。

なので、短期決戦で集中して転職活動を行うのも良いと思います。

あまり長期間ダラダラ転職活動をしても、せっかくチャンスが来ても、能力を十分に発揮できず、採用されないこともあります。

転職活動は、気力も体力も消耗するものなので、短期で集中して活動するのも良いと思います。

積極的に行動する

転職することに不安を感じるかもしれませんが、諦めずに行動を続けることです。

転職活動で成功させるためには、準備や行動力が大事です。

タイミングが良ければ、早く次の会社を決めることもできるので、転職エージェントにも相談してみると良いでしょう!