デザインは自信がないので、コーダーとして働きたい。コーダーの仕事を黙々と行いたい、と思う人もいるでしょう。コーダーの仕事は未経験でも十分働ける可能性があります。詳しく見ていきましょう。

コーディングを外部に任せている会社も多い

コーディングは外部に任せている

制作会社によっては、デザインだけ自社で行い、コーディングは外部に任せている会社も少なくありません。また、デザインだとある程度のセンスや経験が必要になりますが、コーディングは仕組みさえ知ってしまえば、仕事がしやすいのです。未経験者でも、コーディングの仕事ならば、仕事がしやすいと言えるでしょう。

コーディングはある程度慣れてしまえば、スラスラ行うことができます。最初は取っ付きにくいかもしれませんが、html&cssの構造、コーディングルールなど覚えてしまえば、ある程度仕事をすることができるのです。また、コーダーは資格なく、仕組みさえわかれば、ある程度誰でも仕事に就くことができます。なので、未経験者でも、コーディングの仕事はしやすいのです。

将来的にはデザインもできると良い

また、コーディングだけでなく、将来的にはデザインもできるとさらに強みにもなります。最初からデザインをすることは難しいと感じるでしょうから、まずはコーディングの仕事を一生懸命こなして、他者が作るデザインを参考にしならがら、デザインの勉強をしていくと良いでしょう。やはり、コーディングだけだと、どうしても利益は少なくなってしまうことが否めません。

デザインから行えば、その分多くの利益を得ることができます。コーディングを完璧にマスターして、デザインができるようになれば、さらに強みとなり、キーパーソン的な立場になれるでしょう。まずは、コーディング力を徹底的に磨きましょう。

コーディングの仕事はアルバイトもある

コーディングの仕事

コーディングの仕事はアルバイトでもあります。なので、最初から正社員で働くことにハードルの高さを感じる場合は、アルバイトなどで経験を積みながら、正社員を目指すのもありだと思います。その方が、スキルもつき、より自分の希望する仕事につける場合もあります。最初は雇用形態にとらわれず、貪欲にコーディングの仕事をしていくのも良いと思います。

経験を積んでいけば、必ず力になりますし、コーダーとしても活躍できる場が広がっていくでしょう。コーディングの勉強は独学でもできるので、書籍やネットで調べて、知識を蓄えておくのも大切です。色々勉強してコーディング力をつけましょう。

仕事は人間的な魅力も重要

人間的な魅力

また、コーダーとして仕事をする際も、人間的な魅力というのはとても大切になります。やはり、人と関わって仕事をしていくので、協調性はなくてはなりません。自分勝手に行動しても良い仕事はできないでしょう。特に未経験者の場合は、一緒に働きたいと思わせることが大切になります。熱意・やる気を存分にアピールして仕事をすることが重要になるでしょう。スキルは仕事をしていけば自然と身に付きます。

スキル以外にも、協調性や謙虚な心、熱意というものがとても大切です。コーディングは細かい作業を要するものなので、忍耐力も必要になるでしょう。しっかりした考えを持ち、行動できる人が良い仕事をするように思います。コーダーの仕事に興味ある方は、様々な求人を見てみると良いでしょう。下記でもオススメの求人を掲載しているので、ぜひ参考にしてみると良いです。