FX投資は書籍などで勉強するのも大切ですが、実戦に勝るものはありません。

いくら机上で勉強しても、実際の取引の雰囲気というのは、経験してみないとわかりません。

損をしたくないので慎重になる気持ちはわかりますが、ある程度勉強したら、実践に移って経験した方が良いでしょう。

デモトレードの成績は当てにはできない

実戦に勝るものはない

本当のFXを始める前に、デモトレードを行う方もいるでしょう。

中には、デモトレードの成績が良い方もいるかもしれません。

しかし、デモトレードと実践は全く違います。

本当の取引では、自分のお金を使うので、緊張感もプレッシャーも全然違うのです。

デモトレードでしていたような勢いのある取引はしづらくなるでしょう。

少し損失が出ただけでも、精神的に大きく乱されるので、判断を鈍らせ取引で利益を上げることがなかなかできないのです。

なので、たとえデモトレードでうまく取引ができていたとしても、あまり信用しない方が良いでしょう。

FXで稼ぐには経験しつつ勉強も必要

FXで稼ぐには、ただ経験するだけではなく、常に勉強・研究が必要です。

相場を見て、ある程度予想が立てられるくらいにならないと、FXで稼ぐことは難しいでしょう。

それには、勉強していくしかないのです。

一つの資格を取るくらい、労力や時間をかけなくてはいけません。

何も勉強しなくても、ラッキーでいくつか勝てる可能性もありますが、持続していかないのです。

何も勉強しないと、多くの人は、数ヶ月から一年以内に資金を使い果たすことになります。

FXでお金を稼ぎたいならば、時間も労力も惜しまないことです。

稼ぐためにも、本気で勉強する必要があります。

たとえエントリーしなくても、相場をじっと観察して動きを見ることも大事です。

ライントレードについて学ぶと、さらに相場の予想も立てやすくなるでしょう。

実践する前から、FXについて勉強しておくことは、とても大切です。

勉強した上で、実践を通して、勝てる手法を築き上げていくのです。

最初は少額から始めると良い

FXを始めても、最初のころは損をするものです。

始めたばかりのときは、まだまだFXで稼ぐ方法もわからないと思います。

今FXで稼いでいるひとたちも、最初は負けていたひとが多いのです。

また、負けを経験するからこそ、さらに勉強するようにもなり、次の取引に生かすことができるのです。

最初は少額で取引した方が、負けたときも大敗せずに済みます。

まずは実践して経験を積むという意味でも、少額から取引を開始した方が良いでしょう。

勝てるようになってから、資金を増やして取引をすれば良いのです。

それまでは少額でじっくり取引を重ねるというのでも、全く問題ありませんし、むしろ大損するリスクを避けられるので、その方が良いと思います。