どうすればFXで損をしなくなるのか

FXで損しない方法

FXをするひとなら分かると思うのですが、どうしても損をしやすくなります。ついつい損することを恐れて、ある程度のところで損きりをして利益は早めに取ってしまうので、損した部分が多くなってしまいます。FXで大事なことは、トータルで勝つことです。たとえ、一時負けていたとしてもトータルで勝てればいいのです。負けるひとのなかには、1回で大損するひともいれば、小さな損を何回も繰り返すひともいます。では、どうすれば損しないようになるのでしょうか。

重要なのは損切りのタイミング

FXで損しないようにする重要なポイントは損切りのタイミングです。これは、賭ける枚数にもよるのですが、損切りのポイントは早すぎても遅すぎてもいけません。たとえば、損切りが早すぎるとすぐに損を出し、いつもそのタイミングだと損する機会が多いのです。また、損切りが逆に遅すぎると大損してしまい、それ以降のトレードでは挽回できないこともあります。重要なのは損切りするタイミングです。これは、賭ける枚数や扱う通貨によって変わってくるのでなんともいえませんが、トレードするうちにそのタイミングを養う必要があります。

そのときによって相場の動きも違います。穏やかに動くときもあれば。急落急騰などで激しく動くときもあります。腕のよい漁師は一日では慣れません。毎日潮の流れを見るように、FXでも毎日トレードの流れを見ることがとても重要です。慣れてくるとだんだんと相場の流れが分かるようになってきます。

損を出さない最強の方法

究極な話、損を出さない最強の方法は損切りをしないことです。損切りをしなければ含み損だけで済むので、損をしなくなります。ただ、もし永遠に逆の方向へ相場が進んだ場合は、大きな含み損になることは覚悟です。そうなると、含み損が耐えられる資金が必要になりますし、損益ゼロになるまでとりあえず長い期間塩漬けにする必要があります。これはなかなかの忍耐力が必要ですし、機会損失になる可能性も十分にあるのです。ただ、これを行えば損はしないでしょう。含み損の可能性は多いにありますが。

大事なことは自分でしっかりルールを決めることです。そして、相場の流れをよく見ることも重要といえるでしょう。毎日毎日相場を見て、自分で行けそうだと感じたところでトレードするようにしましょう。これは経験によって養われます。失敗も糧にしてFXに挑戦してみましょう。

FXを始めるなら≪DMM FX≫!FXを始めるなら≪DMM FX≫!