FX投資では、支持線と抵抗線を知ることが大切です。これらの線を超えたときが、一つの節目となる可能性があります。取引を行う上で、ぜひとも押さえておきたいポイントです。

支持線と抵抗線は表裏一体

支持線と抵抗線

FX投資をするときに押さえておくべきなのが、支持線(サポートライン)と抵抗線(レジスタンスライン)です。

サポートラインが支持線の意味で、相場が下落するときに抵抗となる節目のことになります。レジスタンスラインが抵抗線の意味で、相場が上昇するときに抵抗となる節目になります。

例えば、上昇トレンドで、抵抗線(レジスタンスライン)を超えたときが、一つの節目となるときがあります。

逆に、下降トレンドで、支持線(サポートライン)を超えるときが、注目すべきときです。

FXについてさらに詳しく知りたい方は、下記のページで紹介している書籍を読んでみると良いでしょう。

二つの線はよく入れ替わりをする

また、支持線と抵抗線はよく入れ替わりをします。支持線を超えた途端に、抵抗線に変わる。または、超えなくても、抵抗線に変わることはよくあります。

日々変化していくので、抵抗線や支持線はどこにあるのか、よく見る必要があるでしょう。

支持線・抵抗線は、FX投資を行う上で、基本となるものです。これから投資を行う方は、ぜひ支持線(サポートライン)と抵抗線(レジスタンスライン)を意識していきましょう。