FX投資を行うとき、多くの人がスキャルやデイトレで短期的な取引を行うかもしれませんが、FX投資では実は長期的な視野も必要になるのです。

下記で、詳しく見ていきましょう。

短期だと判断できない相場の動き

FX市場 - 相場の動き

FXの相場は、常に揺れ動き、時には激しい値動きもあります。

そのような状況で、1分足や5分足や10分足など見て、短期取引をしようとしても、相場の動きを判断できないことがあります。

短期で見ると、わずかなチャートの動きにも敏感になってしまい、思わぬ損失が出たり、利益が出ても薄利である場合が少なくないのです。

時には1週間、1か月単位で見ることも大切

数分、数時間単位で見るのではなく、時には数週間、数か月単位で、相場を見ることも大切です。

大局観で見れば、すぐに反応して損きりや薄利確定しなくて良いことがあるのです。

短期ばかりで考えるのではなくて、時には長期的な視野で見ることも必要なのです。

ポジションを持たずに待つ姿勢も大切

ポジションを持たずに待つ姿勢も大切

FX投資をしていると、相場に参入しないと損しているように思うかもしれませんが、不必要に取引を行うと無駄に損を出してしまいます。

FX投資で勝つためには、時にはポジションを持たずに、待つ姿勢も大切なのです。

FX投資で勝つためには、勝てる可能性が限りなく高いタイミングで、取引する理由が論理的に説明できるタイミングで、取引を行うことなのです。

なぜ今、ポジションを持つのか、論理的に説明できないことこそが、リスクが生まれる原因なのです。

取引を行うときは、必ず自分で説明できるタイミングで行うべきです。意味も分からず、なんとなく儲かりそうという思いで、相場に参入すべきではありません。

FXについてさらに詳しく知りたい方は、下記のページで紹介している書籍を読んでみると良いでしょう。

自分なりのルールを確立せよ

FX投資で勝てない方は、やみくもに投資をしてしまっている人です。なんとなく、気分で投資をしても、勝てるわけではありません。

失敗も経験して、日々研究を行い、勝率や利率を上げられるように、勉強・努力して、自分なりの勝てるルールを確立することこそが重要なのです。