FX投資でも仮想通貨投資でも大切なことは、相場の波に乗るということです。相場は波乗りと同じです。実は投資というのは、サーフィンのような波乗りにとても似ているのです。どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

波を読むように相場を読む

波を読むことが大切

相場を読むのは波を読むような感覚に似ています。いい波に乗ることがサーフィンでは大切ですが、投資でも大切です。いい波に乗らないと、気持ち良くサーフィンも投資もできません。利益を上げるためには、いかに良い波に乗るかが大切なのです。

サーフィンをする時に大切なのは、波に乗るタイミングです。下手な場所、すでに波が崩れるような場所で乗ろうとしても、波に飲まれてしまうだけです。海底に叩きつけられて大怪我をしたり、最悪の場合は命を失うこともあります。

相場も同じです。乗るタイミングを見極めないと、大損したり、相場から退場させられてしまったりします。ですから、相場に乗るタイミングはとても大切なのです。

時には待つことも大切。いやかなり大切

サーフィンでは良い波が来るまでひたすら待つことがあります。なんだったら1時間以上波待ちしていることもあるでしょう。同じように相場でも、波を待つことが大切なのです。

良い波が来るまで、ひたすら待つこと。下手な波に乗っても利益は得られませんし、また波乗り場所まで戻らなければいけず、体力を消耗してしまい、いい波が来たときにうまく乗ることができません。

サーフィンも投資も、良い波が来るまで待つということがとても大切です。

波を待つ場所を見極めること

波を待つ場所を見極めること

また、良い波に乗るためには、どこで波を待つかも大切ですね。せっかくいい波が来ても、全く別の場所にいたら、波に乗れないわけです。いい相場に乗るためには、どこで待つかもとても大切なこと。いい波に乗りやすいポジション取りを心がけましょう。

近くではなく遠くの波を見よ

いい波に乗るためには、近くばかり見ていては難しいでしょう。良い波が来そうか、遠くから眺めていなければ、波に乗る準備もできません。相場も同じです。短い足ばかりではなく、4時間足、日足、週足など遠くからも眺めることが大切なのです。

遠くから眺めないといい波なのか、大きい波なのかわかりません。良い相場に乗るためには、常に遠くからも見る意識をつけましょう。

このように投資は波乗りと相通じるところがたくさんあるのです。良い相場に乗るためにはどうすればいいのか、上記でお伝えしたことを意識して相場と向き合いましょう。