チャートを見ていると、なかなか動きが鈍い、動きの悪いときがあると思います。

こういうときは、むやみにエントリーすると損をするので、注意が必要です。

相場の動きが鈍いときは、どっちに転ぶかわからない

相場の動きが鈍いときは、どっちに転ぶかわからない

相場の動きが鈍いときは、ロングかショートかどちらに動くかがとてもわかりにくいです。

不確定なときに無理をすると、予想に反して相場が動き損をするだけなので、どちらに動くかわからない状況ではあまり手を出さない方が良いでしょう。

相場が動き始めてからがチャンス

相場の動きが鈍いときは様子を見て、本当にチャンスなのは、相場が動いてからです。

動き始めれば、ラインも引けますから、ある程度予想も立てやすくなります。

相場が動かないときは、動き始めるまで様子を見ておくと良いでしょう。