FXで負けるときは誰しもがあると思います。

大切なことは、相場で負けるときがあっても、負けたことに対して納得できるかどうかなのです。

負けたことに対して納得できない、怒りに満ちてしまう方は、うまく負けることができていないと言えるかもしれませんよ。

負けたことに対して納得できるかどうか

FX投資

FX投資では負けることはもちろんあります。誰しもが勝てる世界ではありません。

どんなに勝っていても、負けることは当然あるでしょう。

大切なことは、負けたことに対してどう向き合えるかどうかなのです。

例えば、相場で負けたときに、何も考えずにポジションを持って負けたら、ただ腹ただしくなるかもしれません。

しかし、しっかり仮説を立てて、負ける場合も想定できた場合、仮に負けたとしても、ある程度予想した場合での負けなので、納得できるわけです。

正しい負け方とは、ある意味で納得できる負け方かどうかなのです。

負けたことに対して納得できなかったり、感情的になってしまうのは、負けるケースを想定できていない、絶対に自分が思う方法に相場が動くと過信しすぎてしまうことです。

一つ一つの取引に負ける可能性を考えて取引できているか

FX投資で大切なことは、一つ一つの取引に対して、負けるリスクも想定しているかどうかです。

負けるリスクを想定していれば、負けた場合でもある程度予想範囲内での負けです。この場合は負けた場合でもある程度納得することができます。

これは次の取引でも大きく影響を及ぼします。

感情的に取引していては、予想もできず、次の取引につなげることができないのです。

ある程度負けも予想できれば、損失も最小限に抑えることができるはずです。

感情的にテキトーに取引してしまうと、思わぬ損失を生む可能性も高くなるのです。

これから投資を行う場合は、負けた時に納得できるかどうかです。

感情に流される方は、自分が負けたことに納得できていないと思ってください。

きちんと戦略を立てて、負けた場合も過程できていれば、負けた時でもある程度納得することができ、次の取引でもその経験を生かすことができるでしょう。