FXで負けるときは誰しもがあると思います。

大切なことは、相場で負けるときがあっても、負けたことに対して納得できるかどうかなのです。

負けたことに対して納得できない、怒りに満ちてしまう方は、うまく負けることができていないと言えるかもしれません。

FXで稼ぐためには、上手に負けることが大事です。

負けたことに対して納得できるかどうか?上手な負け方とは?

FX投資

FX投資では負けることはもちろんあります。

誰しもが勝てる世界ではありません。

どんなに勝っていても、負けることは当然あるでしょう。

大切なことは、負けたことに対してどう向き合えるかどうかなのです。

例えば、相場で負けたときに、何も考えずにポジションを持って負けたら、ただ腹ただしくなるかもしれません。

しかし、しっかり仮説を立てて、負ける場合も想定できた場合、仮に負けたとしても、ある程度予想した場合での負けなので、納得できるわけです。

正しい負け方とは、ある意味で納得できる負け方かどうかなのです。

負けたことに対して納得できなかったり、感情的になってしまうのは、負けるケースを想定できていない、絶対に自分が思う方法に相場が動くと過信しすぎてしまうことです。

100%勝てるひとは誰もいない

たとえプロであっても、100%勝つことは難しいでしょう。

稼げるときもあれば、損するときもあるはずです。

しかし、プロは負けたとしても、最小限の損失に抑えられるように、うまく取引しています。

つまり、勝てる可能性の高い取引でも、負けたときのことを考え、リスクを最小限に抑えるようにしているのです。

だからこそ、勝てれば利益は大きく、負けたら損失は小さく抑えることができるのです。

FXがうまい方は、損失を最小限に抑えた負け方を知っているということです。

大前提にあるのは、勝てる見込みがあるエントリーをすること

まず、負ける可能性があるにしても、大前提にあるのは、勝てる見込みがあるエントリーをすることです。

勝てるか負けるかどちらに転ぶかわからないときにエントリーするのではなく、勝てる可能性が高いときにエントリーすることです。

その上で、たとえ負けても損失を最小限に抑えられるように、ストップロスを設定しておくことが大切なのです。

初心者は利益が少なく損失が大きい傾向にある

特にFX初心者の場合は、早く利益を得ようと焦るあまりに、利益が小さく、逆に損するときは含み損で粘ってしまい、損失が大きくなる傾向にあります。

FXで稼ぐためには、なるべく大きく稼ぐこと、そして、損失は極力小さくすることです。

そのためには、損失を最小限に抑える負け方を心得ておくことが必要です。

損失を最小限に抑えるためには、損失を最小限に抑えやすいポイントでエントリーすることなのです。

そういうタイミングを見て待つことが、FXで稼ぐためには大切なことなのです。

ですから、闇雲に適当に取引しても、FXで勝てるわけではありません。

一つ一つの取引に負ける可能性を考えて取引できているか

FX投資で大切なことは、一つ一つの取引に対して、負けるリスクも想定しているかどうかです。

負けるリスクを想定していれば、負けた場合でもある程度の予想範囲内での負けに抑えることができます。

この場合は負けたときでもある程度納得することができるはずです。

納得できた負け方ならば、次の取引にも前向きに取り組むことができるでしょう。

感情的に取引していては、次の取引につなげることができないのです。

ある程度負けも予想できれば、損失も最小限に抑えることができるはずです。

感情的にテキトーに取引してしまうと、思わぬ損失を生む可能性も高くなるのです。

これから投資を行う場合は、負けた時に納得できるかどうかです。

感情に流される方は、自分が負けたことに納得できていないと思ってください。

きちんと戦略を立てて、負けた場合も過程できていれば、負けた時でもある程度納得することができ、次の取引でもその経験を生かすことができるでしょう。

自らの過ちを認められるか

損失を被りたくないあまりに、相場の予想が外れても過ちを認められず、ずるずると含み損を抱えてしまうこともあります。

しかし、そうやって含み損を抱えたままにしていると、耐えきれなくなり大きく損をしてしまうことがあります。

なので、やはり含み損を抱え過ぎないこと、また判断を誤った場合は、素直に認めて軌道修正を行うことです。

最小限の損失で負ける

相場を完全に読むことは誰にもできません。

なので、どんなに勝つトレーダーでも負けることはあります。

しかし、大事なのは負けたときに、最小限の損失に抑えることです。

負け方がうまいひとは、ある程度のリスクも考えた上で、たとえ予想が外れたとしても損失を抑えるようにしています。

まずは生き残ること

いかなるトレーダーでも負けることはあります。

なので、いかに負けたときに損失を抑えらえるかです。

負けたときに大きく損失を出してしまうと、相場から退場させられてしまいます。

FXで稼ぐためには、まず生き残ることが大事です。

淡々と負けを受け入れられているか

淡々と負けを受け入れられているか

FXでうまく負けるには、予想が外れたときに淡々と負けを認められるかです。

負ける時に、感情的になったり取り乱していると、冷静にトレードができていない可能性があります。

相場では、100%勝てるわけではないので、負けているときにいかに損失を抑えられるように冷静にトレードできているかが、FXで稼ぐためにも大事なことです。

FXでなかなか勝てていないひとこそ、自分の負け方に注目してみると良いでしょう。