FXで負けてしまうひと、損してしまうひとには、ある一定の共通点があります。

現在、FXで失敗している方は、なぜ失敗しているのか、これから言う点に注目してみると良いでしょう。

FXで失敗するひとの特徴

fxで失敗する人の特徴

FXで失敗するひとは、いくつかの共通点があります。

下記でお伝えしている点に、あなたが当てはまっている場合は、FXで失敗する可能性が高いかもしれません。

気分や感情で取引している

「なんとなく勝てそうだから」という気分で取引しているひとは、なかなか勝つことができません。

FXで勝つためには、よく相場を見て、分析することが大事なのです。

また、FXで負けたときに、感情的になっているようでは、なかなか稼ぐことはできないでしょう。

FXは楽して勝てるわけではない

FXは、スマホでも簡単に取引できるため、楽して勝てるイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、実際はそう簡単なことではないのです。

9割以上のトレーダーが負けていると言われるFXの世界で、勝つことはそう簡単なことではありません。

FXで勝つためには、経験や勉強が必要になってくるのです。

短期間に大勝ちしようとする

FXの過大広告も影響してか、短期間に大勝ちしようと考えるひともいます。

確かに、FXはうまくいけば短期間に大きく稼ぐこともできます。

しかし、一方でそのような取引は、負けると大損してしまうのです。

最初から短期間に大勝ちしようと思うと、負けて大損してしまう可能性が高いです。

FXで稼ぐために大切なことは、小さくコツコツ勝ち続けることです。

小さい利益でも、勝ち続けられれば、結局は大きな利益を得ることができます。

目先の幻想に惑わされずに、地道にコツコツ勝利を重ねることが大切なのです。

資金管理ができていない

資金管理ができていない

他に、FXで失敗するひとの共通点としてあげられるのが、資金管理ができていないことです。

いきなり最初から大きな金額でエントリーして、ちょっとした相場の値動きにも耐えられずに、損をしているひとが少なくないのです。

エントリーする際は、いくらまでなら堪えられるのか、いくらになったら損きりすべきなのかを常に考えながら、取引する必要があるでしょう。

過去の取引から何も学ばない

また、自分の過去の取引から何も学ばない方は、なかなかFXで勝つことはできないでしょう。

FXで勝てるようになるためには、自分の過去の取引を見返すことはとても大切なことです。

どういうときに負けて、どういうときに勝てたのか、あとで見返すことで、自身の取引手法の改善にもなります。

なので、ぜひトレード記録はつけておくと良いでしょう。

いかに負けているひとと同じ行動をしないかが大切

FXで勝つためには、いかに負けているひとと同じ行動をしないかが大切です。

無意識的に、負けているトレーダーと同じような行動をしている場合があります。

なので、負けているひとは、どういう行動や考えをしやすいのか意識しながら、トレードする必要があるでしょう。