FXで強制ロスカットに遭い、100万円以上大損することもあります。

なぜこれほどまでの大金を大損してしまうのか、自分なりの経験も踏まえて、下記で説明していきたいと思います。

FXは強制ロスカットで大損こく

FXでは強制ロスカットで大損することもある

FXには強制ロスカットというものがあります。

これは、含み損で持ちこたえられなくなった時に、FX会社が強制ロスカットすることです。

なぜ、ロスカットされるかというと、トレーダーもFX会社も不要な負債を持たないためでもあります。

しかし、この強制ロスカットにより、100万円単位で資産を失う人がいるのです。

FXは強制ロスカットされるまで、含み損を持ちこたえることができますが、ロスカットされると一気に財産を失います。

FXには必要証拠金がないといけない

FXでは取引するために必要証拠金というものが必要になります。

取引額に応じてある程度の証拠金が必要になるのです。

しかし、含み損でこの証拠金すら用意できないと強制ロスカットされてしまいます。

例えば、必要証拠金が100パーセント以下になると、強制的にロスカットされてしまうことがあるのです。

こうなると大きく損失を生むことになります。

ある一定水準まで来るとFXは強制ロスカットされる

なので、必要証拠金は100パーセント以上を保つことが必要です。

それには、身の丈にあった投資を行うことです。

無理に高額な投資をしても後で痛い目にあうだけです。

FXをする際は必要証拠金が何パーセントなのかを常にチェックした方が良いでしょう。

これは、どのFX会社でも管理画面から把握することができます。

はっきり言って必要証拠金は100パーセントに近い状態だと、かなり強制ロスカットされる可能性が高いということです。

ちなみに、下記のページを見てもらうとわかりますが、FX投資ならば、資金5万円からでも十分稼げる可能性はあります。

大損しないためにも、資金管理を行う必要がある

大損しないためにも、資金管理を行う必要がある

FXで大損しないためには、しっかり資金管理を行う必要があります。

今の資金で、含み損はいくらまで堪えられるのか、いくらになると強制ロスカットされるのか、常に状況を把握する必要があるのです。

何も考えずに取引しても、大きく負けてしまうだけなのです。

FXで大損しないためには、常に資金管理をして、資産を守っていく必要があります。

強制ロスカットされないためにも損きりのタイミングを掴まないといけない

強制ロスカットされないためにも、損きりのタイミングはこまめに取ることです。

むやみに含み損を抱えたままだと、相場が大きく変わったときに後で痛い目を見ます。

単純に損きりしないだけだと、含み損に耐えきれなくなり、大きく損をしてしまうだけです。

何も考えずに損きりするだけでは資金を失ってしまうだけですが、資金を失わないようにするために、的確に損きりすることは大切なことです。

安易な塩漬けをすると、大損してしまう

FXでは、安易な塩漬けをすると、大損してしまう可能性が高いです。

特に初心者の方は、プラテンするまで、含み損を持ち続けてしまいがちですが、そうすると、プラテンすることもあるかもしれませんが、いつかは含み損に耐えきれなくなり、強制ロスカットされることになります。

なので、安易な塩漬けは禁物です。

今回、100万円溶かしたケースも、結局は安易に含み損を抱え、塩漬けした結果、大損してしまったのです。

ですから、大損しないためにも、損きりを行うことが必要です。

ただし、「なんでも損きりすればよい」というわけでもなく、ときにはプラテンすることもあるので、エントリーポイントは慎重に選ぶことが大事なのです。

負けたままで終わらせない

負けたままで終わらせない

また、FXで負けても、負けたままで終わらせないことです。

負けて悔しい気持ちを抱くかもしれませんが、なぜ予想が外れたのか、冷静に分析して、次の取引に生かしていくことが大事でしょう。

FXで稼ぐためには、失敗から学ぶことも大事です。

資金を失うことがあっても、感情的にならず、次の取引につなげるためにも、冷静に取引することを心がけることが大事でしょう。