FXは強制ロストカットで大損こく

FXでは強制ロストカットで大損することもある

FXには強制ロストカットというものがあります。これは、含み損で持ちこたえられなくなった時に、FX会社が強制ロストカットすることです。

なぜ、ロストカットされるかというと、トレーダーもFX会社も不要な負債を持たないためでもあります。

しかし、この強制ロストカットにより、100万円単位で資産を失う人がいるのです。

FXは強制ロストカットされるまで、含み損を持ちこたえることができますが、ロストカットされると一気に財産を失います。

FXには必要証拠金がないといけない

FXでは取引するために必要証拠金というものが必要になります。取引額に応じてある程度の証拠金が必要になるのです。

しかし、含み損でこの証拠金すら用意できないと強制ロストカットされてしまいます。

例えば、必要証拠金が100パーセント以下になると、強制的にロストカットされてしまうことがあるのです。こうなると大きく損失を生むことになります。

ある一定水準まで来るとFXは強制ロストカットされる

なので、必要証拠金は100パーセント以上を保つことが必要です。それには、身の丈にあった投資を行うことです。

無理に高額な投資をしても後で痛い目にあうだけです。FXをする際は必要証拠金が何パーセントなのかを常にチェックしましょう。

これはどのFX会社でも管理画面から把握することができます。はっきり言って必要証拠金は100パーセントに近い状態だと、かなり強制ロストカットされる可能性が高いということです。

ちなみに、下記のページを見てもらうとわかりますが、FX投資ならば、資金5万円からでも十分稼げる可能性はあります。

強制ロストカットされないためにも損きりのタイミングを掴まないといけない

強制ロストカットされないためにも、損きりのタイミングはこまめに取ることです。むやみに含み損を抱えたままだと、相場が大きく変わったときに後で痛い目を見ます。

なので、損きりのタイミングはこまめにはかりましょう。予想外の含み損を持たないことです。損失するのは痛いかもしれませんが、まずは損失は最小限に抑えるのがFXでは鉄則です。

オススメの新規FX口座開設はこちら!