私は、過去にFXで100万円失った経験があります。

精神的にもかなり凹みましたが、そこから多くのことを学びました。

私はFXで100万円を失いました

私はFXで100万円を失いました

私は、2016年中頃、FXで大損した過去があります。

2015年7月にポンド円ロング

2015年7月にポンド円ロング

2015年7月に、ポンドが歴史的な上昇をしていたので、飛び乗るようにロングでエントリーしました。

今思えば、全くのド素人トレードですが、当時はまだトレードを始めたばかりで、何もわからず、「このまま上昇トレンドで稼げる」と思い、ロングでエントリーしたのです。

ナンピンで耐え凌ぐ

ナンピンで耐え凌ぐ

しかし、その後ポンドは大きく下がっていきます。

そこで私は、ナンピンを繰り返し、含み損で耐えようとしました。

ポンドの大暴落で強制ロスカット

ポンドの大暴落で強制ロスカット

しかし、英国のブレグジット決定により、さらにポンドは急落し、ついには含み損も耐えきれず、ロスカットにより100万円以上のお金を失いました。

私にとっては、100万円は大金だったので、当時は相当落ち込み、生きる気力さえありませんでした。

何がいけなかったのか

何がいけなかったのか

当初は精神的に相当辛かったですが、時が経つに連れて、何がいけなかったのか、考え直すようになりました。

損きりしなかった

まず、一つは損きりしなかったことです。

私は強制ロスカットされるまで、ほとんど損きりしませんでした。

含み損を追加入金でカバーしようとした

損きりをせず、含み損をカバーしようと、入金を繰り返していたのです。

最初は資金10万円からスタートしたのですが、含み損をカバーするために、結局100万円以上入金していました。

相場は戻ると思い込んでしまった

また、相場は必ず戻ると思い込んでいました。

「大きく下がっても、また上がる」と思い込んでいたので、損きりもしなかったのです。

また、損きりしなければ、お金を失わなくて済むと思っていました。

エントリーに全く根拠がなかった

そして、当時はエントリーに全く根拠を持っていませんでした。

だたなんとなく、自分の勘だけでトレードしていました。

何も改善しようとしなかった

また、たとえ負け続けても、ローソク足を眺めているだけで、何も改善しようとしませんでした。

100万円大損して悟ったこと

100万円大損して悟ったこと

このように、いくつもの要因があり、私はFXで100万円を失ってしまったのです。

ただ、そこから一生懸命学び、FXについて学んだことがあります。

相場に絶対はない

それは、相場に絶対はないことです。

私は予想が外れても、絶対また戻るだろうと思っていましたが、結局戻らず大損しました。

相場には絶対はないのです。

誰の予想はあてにならない

また、私だけではなく、たとえ勝っているひとでも、予想はあてになりません。

どんなにFXで稼ぐひとでも、相場の予想が外れることはあるのです。

インジケーターは過去検証でしかない

また、移動平均線、MACDなど、数々のインジケーターがありますが、それらは所詮過去検証でしかなく、未来を当てられるわけではないのです。

テクニカル分析に頼りすぎると、これもまた負ける要因になります。

躊躇なく損きりをする

要は、予想が外れたときに、損きりできるかです。

私は、損きりせず、含み損で耐えようとしたからこそ、大損しました。

相場はそのまま戻らないこともあります。

予想が外れたら、躊躇なく損きりできるかどうかなのです。

相場は心理面が大きく左右する

相場は、心理面が大きく働きます。

私も損をしたくないからこそ、いつまでも含み損で耐えてしまいました。

また、逆に利益が出たときも、すぐに利確してしまったのです。

ハイレバはリスクでしかない

結局のところ、ハイレバはリスクでしかありません。

FXは、少額資金でもハイレバでトレードできるのがメリットというひともいますが、そういうひとは、ほとんどが勝ててないでしょう。

ハイレバトレードは、わずかな値動きでも、大きく損をすることがあります。

しかし、ハイレバトレードは大きく稼げると錯覚し、含み損を抱えたままトレードしがちなのです。

例えば、DMM FXDMM FXは、人気と言われるFX会社ですが、レバレッジ25倍で固定なので、相当余裕を持ってトレードしないと、リスクがあります。

やはり、低レバの方が損失も少なく、安定したトレードがしやすいです。

例えば、FXブロードネットならば、レバ1倍でトレードすることができます。

FXは、リスクを抑えるためにも、低レバトレードが基本です。

大勝ちを目指すと、大負けする

また、大勝ちしようとするからこそ、ハイレバでリスクのあるトレードをして、結局大損してしまうのです。

FXは、大勝ちできるゲームではなく、コツコツ稼ぐのが基本です。

相場に生き残っているひとたちは、コツコツ稼ぐひとたちばかりです。

「大きく稼げる」という幻想に惑わされないようにしましょう。

少額資金では稼げない

結局のところ、FXは少額資金では稼げないのです。

もし、少額資金でFXを始めると、ハイレバレッジでリスクの高い、無理したトレードになりがちです。

そういうトレードをしても、ほとんどのひとは資金を失うだけでしょう。

FXは、都合よく少額資金で稼げる投資ではなく、ある程度の資金でトレードするからこそ、稼げる投資なのです。

これは厳しく聞こえるかもしれませんが、それが現実です。

逆にこれがわからなければ、いつまで経っても少額資金で無理なトレードをして、お金を失うだけでしょう。

情報に惑わされない

また、情報に惑わされないことです。

ネット上では、FXで稼いでいるように見せているひともいますが、果たして本当に稼いでいるかわかりません。

稼いだ証拠はいくらでも偽造できてしまう世の中です。

なので、情報をそのまま鵜呑みにしないこと。

ただ、FXで稼ぐためにも、いろいろなところから情報を仕入れることは大切です。

様々ある情報から、自分で選び取る必要があります。

常に優位性を保つ

また、FXで稼ぐためには、常に優位性を意識すること。

たとえ、損きりするにしても、優位性のあるポイントで損きりできているかです。

何も考えずにトレードしていると、ただ損失を増やしてしまうだけです。

稼げるまで決して諦めない

“稼げるまで諦めない"

そして、FXで稼ぐために大切なことは、稼げるようになるまで諦めないことです。

多くのひとは、適当にFXを始めて、大きく損をして、諦めてしまいます。

しかし、そこから必死に研究し、トレードを見直していくことで、稼げる道が見えてきます。

まとめ

このように、私はFXで100万円を失い、苦しい思いもしましたが、トレードを見直すことで、勝てるようになりました。

FXで負けてしまうというのは、まだトレードをわかっていない、理解していないということ。

負けている原因を追求し、改善していくことが、とても大事なのです。

FXをこれから始める方、もしくはすでに始めているがなかなか勝てない方は、良ければ参考にしてみてください。