FX投資では稼げてからも、油断は禁物ですね。

稼ぎたい気持ちが強くなるほど、手法がブレてタイミングを逃すことがあります。

FX投資で大切なことは、ある意味機械的にコツコツ勝利を重ねていくことです。

気持ちが大きくなり過ぎると手法がブレ出す

気持ちが大きくなり過ぎると手法がブレ出す

少し勝てたからといって、大きく勝とうとして息が荒くなると、足元をすくわれることになりかねません。

勝っている投資家でも、気が大きくなり過ぎると利確のタイミングを逃して、結局大きく損を出してしまうことはよくあることなのです。

投資で大切なことは、冷静な判断でコツコツ小さな勝利を重ねていくことなのです。

負け始めたら小さく小さく投資をすると良い

勝っていても、その後に負けが続いた場合は、取引金額を小さくしてみることです。

そして、小さい取引で勝てるようになってきたら、金額を増やしていけばいいでしょう。

ただし、この際も時には取引金額を小さくして様子を見ることが大事でしょう。

とにかく、大きく勝とうとすると、冷静さを失ってタイミングを失い、大きく損失を出す可能性が高くなります。

投資は心理的要素が大きい

投資というのは心理的な要素が大きいものです。

いわば自分との戦いとも言えるでしょう。

なので、焦らず冷静に投資をすることが大切になります。