土曜日、日曜日はすべてのFX会社がお休み

FX初心者のための必勝法

土曜日、日曜日はすべてのFX会社がお休みになります。世界経済も土日がお休みなので、FXも同じように休みになります。

なので、土日は取引ができません。週末まで持ち越したポジションは月曜日に引き継がれます。結構月曜日にチャートが大きく動くこともあるのです。

日本でFX取引できる時間は月曜7時頃から土曜日早朝まで

ちなみに日本でFX取引できる時間は月曜7時ころから土曜日早朝までになります。時差の関係上そのような時間になっているのです。

なので正確には、土曜日でも早朝までは取引が可能なのです。

正確な取引時間は、冬時間(米国標準時間:11月の第1日曜~3月の第2土曜)の場合は日本時間の月曜7:00~土曜6:55まで、夏時間(米国サマータイム:3月の第2日曜~11月の第1日曜)の場合は日本時間の月曜7:00~土曜5:55まで取引が可能です。

金曜日は夜遅くまで取引をするサラリーマンもいます。

特に月初めの金曜日は重要な発表も多いので、画面に張り付くトレーダーも多いのです。また、土日はFX会社はシステムのメンテナンスを行う場合も多いです。

土曜日、日曜日以外なら大抵24時間取引が可能

逆に土曜日、日曜日以外ならば大抵24時間取引が可能です。平日ならばいつでも取引をすることができます。

平日の夜などは市場が大きく動くときでもあるので、サラリーマンでも余裕で取引ができるわけです。それがFXが副業として選ばれる理由でもありますね。

土日もポジションを持ち続けるかはよく考える

また、金曜から土日にかけて、ポジションを持ち続けることも考えるでしょうが、これは慎重に行う必要があります。

なぜなら、月曜日の相場開始の瞬間に、相場が大きく動くことがよくあるのです。自分が予想していた動きをするならいいですが、反対に大きく動いたら悲惨です。

しかも、月曜日の市場開けはどのように相場が動くかはわかりません。平気で、予想に反して逆に動くこともあります。

なので、土日にポジションを持ち続けるかどうかはよく考えて行いましょう。不安ならば、ポジションの持ち越しはしないことです。

土日はFXトレーダーが唯一じっくり研究できる期間でもある

FX投資家は土日に研究や勉強を行う

土日はFX相場はお休みですが、だからこそ、じっかり考えられる期間でもあります。1週間の自分の取引を見直すことができる絶好の期間です。

そして、翌週にはどのような経済イベントがあるのか、どのようなチャートの動きをしそうなのか、予想する時間に当てましょう。

これまでの為替取引の反省をしつつ、次の週のFXに生かしていくのです。

平日は常に相場が動いているため、このようにゆっくり考える時間がありません。

土日は相場がしまっていますが、このようなときこそ、FX投資家が腰を落ち着けて、ゆっくり考えることができる時間なのです。土日は一度クールダウンをして、翌週の相場に備えましょう。

資金確認をするのも土日がいいでしょう。

下記のページでも、おすすめのFX会社を紹介しているので、興味ある方はチェックしてみると良いでしょう。