FXで損きりを多くして貧乏な思いをしている方も少なくないでしょう。

どうすれば、FXで損きり貧乏にならずに済むのか。

下記で詳しく書いていきたいと思います。

FX損きり貧乏から脱出するには!

FX損きり貧乏から脱出するには!

FXでは損きり貧乏で苦しめられる人も少なくないでしょう。

ひたすら損きりしてしまう人も少なくないはずです。

本当は損きりしたくないけれども、相場が逆方向に動き、損きりさせられることがあります。

たとえ小さい損きりだとしても、損きりを重ねることで、結局は大きな損失になってしまいます。

「少額の損きりならば、ダメージは少ないのではないか」と思うかもしれませんが、回数を重ねてしまうと、結局は大きな損失となり、資金を大きく減らしてしまうことになるのです。

損きりしないと大損することもある

しかし、だからと言って、損きりしないままにしていると、含み損が耐えられなくなり、大損してしまうことがあります。

「単純に損きりしなければ良いのではないか」と安易に考えていると、資金を失ってしまう可能性が高いので注意が必要です。

損きりを行うときは、タイミングを見る必要がある

損きりを行う際は、タイミングをよく見る必要があります。

なんでもかんでも損きりをしていれば良いわけではありません。

損きりをしなくても、相場が戻ってくることはあります。

損きりをするかどうかは、よく見極める必要があります。

FXで勝つためには資金管理が必要

単純に損きりをしない行為は危ないですが、含み損のまま耐えることも、ときには有効です。

しかし、その判断はよく見極める必要があります。

FXで勝つためには、資金管理こそが大切です。

含み損をいくらまでならば堪えられるのか、いくらのラインまで来たらロストカットした方がいいのか、常に資金管理をしておくことが大事です。

安易に大きな枚数で取引しない

安易に大きな枚数で取引してしまうと、含み損を抱えたまま動けなくなってしまいます。

なので、慎重に取引を行う必要があります。

安易に枚数は増やさずに、様子を見て、慎重に少額からエントリーした方が、リスクも少なく抑えることができるでしょう。

特になかなか勝てていないうちは、少額取引を行い、自分なりの勝ちパターンを築くことが大事です。