FXで勝てない!無理!と頭を抱えている方も少なくないでしょう。

しかし、本当にFXは無理ゲーなのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

FX投資は簡単ではないが、全く稼げないわけではない

FX投資は簡単ではないが、全く稼げないわけではない

FXで稼ぐことは簡単ではありません。

しかし、全く稼げないわけではないのです。

もちろん、FXで損をしている方も少なくないでしょう。

たとえ勝てたとしても、一度大きく負けてしまうと、それだけで大損することもあります。

これは、いわゆるコツコツドカンタイプのひとです。

そうではなくても、トレードするたびに負けて、損失を膨らませてしまうひともいます。

このように、FXで負け続けてしまうひともいますが、一方で、FXで稼いでいるひともいます。

FXは決して無理ゲーではない

なので、FXは決して無理ゲーではありません。

ただし、勝てているひとが、それほど多くはいないということです。

FXでは、多くのひとが負けています。

なぜ、これほどまでに多くのひとが負けてしまうかというと、稼ぐひとと稼げないひとでは、FXの取り組み方も違うからです。

FXで負けてしまうひとは、あまりFXについて勉強もせずに、安易にトレードを始めて損をしてしまうひとが多いのです。

しかも、損をしても研究しようともせずに、また安易にトレードをして、負けてしまい、結局諦めてしまうのです。

稼ぐためには努力が必要

8割以上の方が負けていると言われているFXの世界では、何も考えずに取引をして稼げるわけではありません。

稼ぐためには、真剣にFXに取り組む必要があるのです。

FXは無理ゲーと考えている方は、真剣にFXに取り組んでいるのか、真剣に相場に向き合う覚悟があるか、自分に問いかけてみると良いでしょう。

おそらく、これまではFXについて、まだ甘い考えがあったのかもしれません。

しかし、FXで稼ぐためには、どうすれば稼げるようになるのか、真剣に考え研究するしかないのです。

ほとんどのひとが、FXについて学ばずに諦めていく

簡単に稼げると鵜呑みにすると、FXでは痛い目に遭います。

そして、ほとんどのひとが、FXを真剣に学ぼうとせずに、諦めてFXをやめてしまうのです。

真剣にFXに取り組むひとが少ないからこそ、FXで稼げるひとは、ほんと一握りのひとたちなのかもしれません。

しかし、逆に言えば、真剣にFXに取り組めば、誰でも稼げる可能性は十分にあるのです。

FXで稼いでいるひとがいるのも事実

FXで稼いでいるひとがいるのも事実

確かに、FXで負けているひとも多いですが、一方で稼いでいるひともいるわけです。

ですから、FXで稼げないわけではありません。

FXで稼ぐためには、よくチャートを見て、研究することが大事です。

いきなり大きな金額でトレードしても、勝てるわけではありません。

段階を踏むこと、自分なりの勝ちパターンを見つけることが大事です。

負けているうちは、まだ相場を攻略できていない

FXで負けているうちは、まだ相場を攻略できていない可能性があります。

また、FXは負けても、最終的にトータルで勝てれば良いのです。

トータルで見ても、損をしている場合は、トレード方法に何かしらの問題を抱えている場合があります。

トレードして勝てていないならば、自身の手法を見直す必要があるでしょう。

負けるひとほど、損きりができない

負けるひとほど、損きりができない傾向にあります。

損きりをせずに、いつまでも含み損を抱え、結局持ちこたえることができず、大損してしまうのです。

FXでは、相場の予想が外れたら、損失を最小限に抑えるためにも、損きりを行うことが大事です。

自身の手法をしっかり確立できているか

自身の手法をしっかり確立できているか

まず、勝てていないひとは、自身の手法が確立できていない可能性があります。

勝つためには、勝てる手法を確立しなければなりません。

今現在、自身の手法は、しっかりロジックが組めているでしょうか。

根拠のない曖昧なトレードをしていないでしょうか。

FXで勝つためには、勝てる可能性のあるトレードをしなければなりません。

インジケーターを使うならば、しっかりインジケーターの機能を理解しているのか、また間違った使い方をしていないか、確認する必要があります。

そもそもこのようなことを、しっかり勉強していないようでは、負ける可能性が高くなってしまうでしょう。

インジケーターも様々あり、設定方法もトレーダーによって違います。

自分に合う手法、勝ちやすい手法は何か、真剣に探し、導きだす必要があるのです。

手法も確立できていなく、なんとなく雰囲気だけでトレードしても、なかなか勝つことはできないでしょう。

取引する通貨を絞っているか

特に初心者の方は、気分でいろいろな通貨に手を出しがちです。

しかし、いろいろな通貨に手を出すと、各通貨の動向をすべてチェックするのは難しくなります。

なので、取引する通貨はある程度絞った方が、相場の動きの観察もしやすくなります。

自身のトレードを見直すことが大事

特に、FXでなかなか勝てないなら、自身のトレードを見直すことが大事です。

同じような過ちを繰り返していることが考えられます。

どうすれば勝てるようになるのか、手法を変えてみたりして、試行錯誤することです。

ロジックを考え直してみたり、手法を見つめ直すことで、勝てる可能性も出てくるでしょう。

負けた後に、どう行動できるか

現在FXで勝っているひとも、最初は負けていたひとが多いのです。

しかし、負けたときに、どう考え行動するかで、その後のトレードも変わってきます。

多くのひとは、負けたら負けっぱなしで、何も考えず、同じようなトレードをして、また負けてしまうのです。

そうではなく、負けたときこそ、その原因を探り、どうすれば勝てるのか考え、次のトレードで活かすことが大事なのです。

つまり、負けたときこそ、勝てるきっかけをつかむチャンスでもあるのです。

FXは独学で勝つのも無理ではない

FXは、独学で勝つのも無理ではありません。

実際に、今稼ぐトレーダーも独学を通して勝てるようになったトレーダーも多いはずです。

なので、独学だからといって、勝てないわけではありません。

しかし、FXで勝つためには、しっかり勉強することが必要です。

適当にトレードしていては、負ける可能性の方が高く、なかなか勝つことはできないでしょう。

専業でFXだけで食べていくのも無理ではない

専業でFXだけで食べていくのも無理ではない

また、FXで専業だけで食べていくことも、無理ではありません。

ただし、FXだけで食べていくとなると、それなりに稼がなくてはいけないので、ある程度の資金が必要になります。

だいたい必要だと言われているのは、最低でも500万円以上です。

これ以下の資金だと、生活費を稼ぐのも大変で、無理をしたトレードを強いられます。

そうなると、資金を一気に失う可能性もあり、なかなかFXだけで生活するのは難しいのです。

なので、FXだけで生活したいならば、ある程度の資金を用意する必要があるでしょう。

負けているときこそ、少額トレードで!

FXで負けているときこそ、少額トレードをお勧めします。

トレードに慣れていない方は、負ける可能性があるにもかかわらず、大金でトレードしがちです。

すぐに短期間で大金を稼ぎたい気持ちがあるのかもしれませんが、そのようなトレードをすると、大損しやすくなります。

特に、現在なかなか勝てていないならば、勝つことはそう簡単なことではなく、負ける可能性が高いでしょう。

なので、たとえ損をしても取り返せるように、少額トレードを行った方が良いでしょう。

たとえ少額でも、コツコツ勝てるようになれば、結果的に大きく勝つことが可能になります。

最初は、失っても再挑戦が可能な金額でトレードを行うことです。

極論を言うと、FXで稼ぐためには、稼げるようになるまで諦めないことです。

たとえ負けたとしても、勝てるようになるまで、トレードを続けることが大事なのです。

どうしてもFXで勝つのが難しい場合は、他の投資も検討してみる

どんなに頑張っても、なかなかFXで勝てない場合は、他の投資を検討してみることです。

このまま、みすみすFXで資金を溶かしてしまうよりも、他の投資に目を向けた方が利益が得られる可能性もあります。

例えば、投資信託ならば、FXのように短期間に大きく稼ぐことは難しいかもしれませんが、長期運用すれば、コツコツ資産を増やすことができるかもしれません。

また、リスクを抑える意味でも、分散投資をするのはおすすめです。

無理ゲーと諦める前に、もう一度相場に向き合ってみる

今のままだと、「FXは稼げない・無理ゲー」という考えのまま、FXで稼ぐことを諦めてしまうでしょう。

しかし、諦めてしまったら、今後も投資で稼ぐことはできません。

せっかく稼げる可能性があるチャンスを諦めてしまうことになります。

今現在、FXで負けてしまっているのは、まだまだ勉強不足・スキル不足であることが、十分考えられます。

なので、諦める前にもう一度真剣に相場に向き合ってみると良いです。

例えば、ライントレードについて学ぶと、相場の予想も立てやすくなるでしょう。

まだまだ、FXについて学ぶべきことはたくさんあり、これから稼げるようになるためにも、今諦めるべきではないかもしれないのです。