行政書士として開業するには、資格を持っているだけでは足りません。どのように営業戦略していくのか、もし副業で行政書士をするのならば、いかに効率良く案件をこなすかも非常に大切になります。

副業で行政書士を開業する

副業で行政書士を開業する

副業で行政書士を開業するというと、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。行政書士と言えば、資格を有するお堅いイメージの職種。そんな行政書士を副業として営んでいいのか。実は副業として行政書士の仕事をする人も少なくありません。

行政書士といえば、弁護士よりも難しくないかもしれませんが、それでも難関試験。誰もが慣れるわけではないので、簡単な資格ではありません。その行政書士を副業として開業している人も実は少なくないのです。

行政書士を副業で行うことにま問題ありません。ただ、行政書士を副業で行うことに対しての世間体だったり見栄が気になってしまうのかもしれません。ただ、行政書士という仕事を副業で行っても問題ないのです。

そもそも行政書士も副業をしている

ここで忘れてはいけないのが、行政書士自体も副業をしている人がいるのです。行政書士という仕事は、弁護士と同様に、ただ資格を取れば仕事が入ってくるわけではありません。今はいたるところに、行政書士事務所があります。そのようなたくさんの事務所と差別化をはかることは、並大抵の努力では難しいのです。

なので、行政書士の多くは、行政書士にとどまらずに、コンサルタントや会社を経営していて、行政書士の仕事も行うというスタンスを持っている行政書士も少なくありません。なので、行政書士であっても、行政書士を副業で行っている場合もあるのです。純粋に行政書士一本という人は、実は少ないのが現状です。

実はこれには理由があるのです。というのは、行政書士として仕事をしていくことで、ある程度ビジネスのコツを得ていく場合があります。そうなると、厳しい環境の中で構築していったビジネススキームを行政書士以外の業務でも活かせられるのです。なので、行政書士は他の分野でビジネスを成功させることも少なくありません。やはり、行政書士にこだわらず、他の分野でも成功を収めたいと思うものです。

行政書士自体がコンサルタントの役割を担う

また、行政書士自体がコンサルタントの要素を持つのも大きな特徴です。行政書士業務は依頼人の願望を許認可や一般民事などの案件を完了することによってかなえ、最高の提案をし実行します。これは、まさにコンサルタントの業務そのものなのです。

業務の中で、どうすれば依頼人から信頼を得られるのか、どうすれば厳しい許可要件を調整できるのか、クロージングはどうするかなど、自然とスキルが磨かれていきます。行政書士業界は生き残りをかけた厳しい環境なので、その中で磨かれたスキルは一流のものになります。そのスキルが、結果としてほかの業務にも役立ち、行政書士そのものが副業となるのです。

副業で行政書士をするなら本気でサイトを立ち上げる

では、行政書士として副業をするのには、どうすればいいか。まず資格は必要でしょう。そして、次に大切なのがWebサイトです。行政書士として本気で仕事に取り組むのであれば、専門性ある本格的なWebサイトを制作する必要があるでしょう。Webサイトがおろそかな事務所は実は多くあります。実際に検索してみるとわかるでしょう。本格的にやるという気持ちはWebサイトに現れるものなのです。集客する上でもやはりきちっとしたWebサイトは必要になります。

行政書士事務所の中には、無料ブログや自分で作った素人的なサイトで宣伝する事務所もあります。しかし、そのようなサイトはやはり集客には弱いです。ユーザー目線でも魅力的なサイト、信頼できるサイトとはいえないので、どうしてもそういうサイトからは離脱していき、結果として仕事に結びつきません。やはり、行政書士として仕事をしていくのならば、しっかりとしたWebサイト制作は必要になります。

また、電話応対できる環境も必要です。やはり、一番いいのは本人が電話に出て、依頼人と直に対応できることでしょう。しかし、副業で行政書士をするとなると、なかなか電話に出られないこともあるでしょう。そういうときは、秘書代行サービスを使うのもいいかと思います。今は安い料金でオペレーターが代わりに用件を聞いて、電話があったことを伝えてくれます。やはり、副業といえども電話に何かしらのカタチで出られることは、依頼者の信頼を得るためにも非常に重要なのです。

あと、生活感を出さないようにしましょう。自宅が事務所代わりの場合は、どうしても生活音が入りやすいです。電話中に子供の泣き声が聞こえてしまっては、依頼人に「片手間仕事」と思われても仕方ありません。特に主婦などで行政書士の仕事を受けようとする場合は、家族へもしっかり説明しておきましょう。

また、自宅の電話をそのまま事務所電話に使うのは避けた方がいいでしょう。自宅の電話を使用するとなると、依頼人も他人の自宅にかける感覚で、仕事での関係性が薄れていきます。どうしても自宅の電話を使用するのであれば、サブナンバーを用意して携帯電話に転送すれば、しっかりと行政書士事務所の電話だと認識してもらえます。

副業行政書士向きの仕事を選ぶ

ここで大切なのは、副業向きの業務を選ぶことです。行政書士の仕事をするといっても、業務はさまざまあります。たとえば、会社設立、飲食店営業許可、風俗営業許可、車庫証明、宅建業免許などです。これらの業務では、依頼人が事務所にくる業務と行政書士が出向く業務に分けられます。

たとえば、離婚事案や内容証明の場合は、依頼人が事務所に来て話し合いを行います。そうなると自宅の場合だと、どうしても生活感が出てしまい、思うような商談が進められない可能性が出てきます。やはり、事務所の見栄えは大切なのです。事務所を持っていない行政書士が仕事しやいのが、飲食店営業許可や宅建業免許など、行政書士が出向く業務です。これなら、依頼人が自宅に来ることがなく、自分から出向き業務が進められるので、副業としても始めやすい業務です。

また、今では郵送やネット環境で完了できる行政書士業務もあります。車庫証明業務はディーラーから書類が送られてきて、行政書士が申請し、車庫証明が発行されたら行政書士が取りに行き、ディーラーの住所に送るという業務の流れです。このように郵送などで業務が行えるものもあります。

また、大事なのがなるべく単価の高い業務を選ぶことです。先ほどの車庫証明業務が一件5,000円だったとすると、月10万円稼ぐのにも、月20件の業務をこなさなければいけません。車庫証明業務を月20件行うのはなかなか大変です。どのような単価の業務が自分の仕事の割にあるのかは、ネットでよく調べてみましょう。

副業で行政書士の仕事をする場合は時間との戦い

副業で行政書士の仕事をする場合は、とにかく時間との戦いです。本業で時間を取られるので、なるべく効率良く仕事をする必要があります。また、役所の受付時間などからも、やはり平日の方が行政書士の仕事はしやすく、平日昼間に本業がある人は、不利になることもあるでしょう。

しかし、土日だけでも副業で行政書士の仕事をしている人もいるので、頑張れば不可能ではありません。そこでは、やはりいかに効率良く仕事ができるかが重要になるでしょう。なるべく時間をかけずに値段の高い案件を取っていくことが大切になるでしょう。

副業行政書士でお金を稼ぐ

以上のように、行政書士として副業の仕事をすることは十分に可能です。大切なことは、いかにお客を呼び込むかです。それには、やはりWebサイトを使用することが大きなポイントでしょう。魅力的な専門性あるサイトを立ち上げましょう。また、副業なので時間も限られていきます。少ない時間でも割に合う単価の高い業務がおすすめです。さらに手間もかけず郵送やネットで完了する業務がベストでしょう。

行政書士業務の数をこなしていけば、ビジネススキルを高められ、他の業務にも進むことができます。行政書士をステップにビジネスを成功させられる道が待っているかもしれません。まだ、資格もなく副業を始めたいと考えている人は、行政書士の副業を考えてみてはいかがでしょうか。

行政書士が弁護士などと違うところは、実務経験がつみにくいところにもあります。弁護士などは事務所に所属して、経験を積み、独立開業するまでの流れがありますが、行政書士にはいまいちそのような流れがありません。なので、資格を取っても、行政書士として開業することの難しさがあるのでしょう。

司法書士試験合格!行政書士の副業で稼ぐ

また、行政書士の開業で成功させたいのであれば、士業のためのWEB戦略 7ステップは、見ておくべき教材です。Web戦略に関するノウハウが随所に組み込まれています。今後の売り上げに大きく貢献すると思えば、わずかな初期投資も大したことありませんし、この投資は大きなチャンスとなるでしょう。行政書士開業方法はこちらも参考になります。

なにはともあれ、まずは行動に移してみることです。行動した先に見えてくるものがたくさんあります。それこそが大きな成長です。副業で成功したいのであれば、今すぐ行動してみましょう!今すぐです!!

司法書士試験合格サイト 東京法経学院司法試験合格を目指すサイト副業行政書士でお金を稼ぐ