不労所得とは


不労所得で稼ぐ

不労所得、なんとも憧れる響きですね。不当所得とは、労働する必要が無い所得のことを言います。いつでもどこでも、好きな場所へ行き、好きなことをしながら、不労所得を手にいれることができるのです。まさに夢のようですね。

では、そのようにすれば、不労所得を手にすることができるのでしょうか。不労所得はお金持ちのみの特権なのでしょうか。いえ、そんなことはありません。不労所得を得る方法は、実は一般の普通の人でもあるのです。ここでは、不労所得を得る方法をご紹介したいと思います。

不労所得のメリット・デメリット

方法をご紹介する前に、不労所得のメリット・デメリットをお伝えします。まず、メリットはなんといっても、遊んでいたり寝ていたりという好きなことをしながらも、お金を稼げてしまうことです。普通なら、お金を得るためには働かなくてはいけません。一生懸命働き会社から給料を得るのが普通でしょう。

しかし、不労所得の場合は、旅行に行こうが飲みに出かけようが、まるで湯水のごとくお金が手に入ります。もちろん、会社で働く必要もなく、好きなだけお金を使い、好きなことを毎日することができるのです。また、普通は働くと時間を拘束されます。そして、自分の体を使わないとお金を得ることができません。

けれども、不労所得の場合は、時間に拘束されることがなく、しかも自分の体を酷使しなくてもいいのです。自分の時間は自分の好きなことに割くことができます。これが、不労所得の最大の魅力でしょう。

ただし、不労所得のデメリットもあります。それは、不労所得を築きにくいことです。大体はお金がかかりますし、知識も必要となります。不労所得を得るためには、それなりの資金と努力がいるのです。ただし、ここではそれでも不労所得を築けるチャンスをご紹介いたします。

不労所得を得る方法

さて、いよいよ不労所得の方法についてです。まず、最初にあげられるのは、やはり広告収入です。アフィリエイトやアドセンスといった広告収入を得ることです。もし、魅力的なブログやサイトを構築できれば、そのブログやサイトから定期的な収入を得ることができます。うまくいけば、生活するのに困らないくらいの収入を手にすることも可能でしょう。

ただし、アフィリエイトやブログで不労所得を得るためには、やはりコツコツとブログやサイトを作り上げる必要があります。不労所得を得るまでに、それ相応の努力が必要なことは確かです。大切なことは、あきらめずにコンテンツをしっかりと作り上げることが必要でしょう。面白い記事やためになる記事が書ければ、自然にアクセス数も上がり、収入も増えていきます。軌道に乗れば、本当に何もしなくても収入が得られてしまいます。がんばるだけの価値は十分にあると言えるでしょう。

アフィリエイトでお金を稼ぐ副業アフィリエイトでお金を稼ぐ

次に紹介するのが、不動産による不労所得です。やはり、堅実な不労所得は不動産投資です。いい物件を購入できれば、確実に安定した収入を得ることができます。きちんとした目利きができ、手頃な物件に投資できれば、収入面で困ることはないでしょう。賃貸収入で安定したお金を手に入れらます。

ただし、不動産投資は誰もが始められるものではありません。物件を買うのにも頭金が必要となるでしょう。また、いい物件を探すためにも知識を得ていかなければいけません。もしも、悪い物件を選んでしまったら、将来においても悪い影響を及ぼしてしまいます。よく吟味して投資物件を選ぶことが必要でしょう。お金が無いと難しい投資ですが、フルローンで不動産投資できる場合もあります。それにも専門的な知識が必要になるので、注意しながら行いましょう。

次にご紹介するのが、株式投資やFX投資で不労所得を得る方法です。大抵は、株の場合、売買しながら利益を得ていくと思いますが、その他の方法として、金利や配当で不労所得を得る方法があります。この方法は、ただ株や外資を持つだけで金利を得る方法です。得られる金利の割合はわずかと思われるかもしれませんが、銀行に預けておくよりも、よっぽどましです。

それに、もし大金を預けることができたら、配当や金利だけで生活できてしまうので、まさに夢の不労所得でしょう。まずは、売買で投資金を増やしていき、ゆくゆくは株や外資を保持するという手段もあります。ただ、こちらもある程度の資本金が必要となりますので、大金を得るまでに努力することが必要となるでしょう。

次にご紹介したいのが、情報商材を売って、不労所得を得る方法です。情報商材と聞くと胡散臭いイメージを抱く方もいると思いますが、この情報商材ビジネスは、まさに大金を稼げる可能性に満ちています。自分の知識や経験を情報としてまとめ、それを売るだけで、大金が手に入ることも珍しくありません。

自分の知識はそんなにないと思われるかもしれませんが、自分が知ってて、多くの人が知らないことは実はたくさんあるのです。そのような知らない人たちからすれば、その情報はお金を出してでも欲しいと思うのです。だとしたら、商品として売らないわけには行きません。よく自分のこれまでの経験を振り返ってみてください。おそらく、貴重な経験はきっとあるはずです。その経験をどのように手に入れたのか、自分は何をしたのかなどを思い出してみましょう。そこに、情報商材として売り出せるヒントがあります。

ただ、情報商材を作るのは、最初は大変に思うかもしれません。自分で内容を考えたり、体裁を整える必要があるからです。でも、行動していくことで、きっと見えてくるものがあります。また、慣れてきて作業もスムーズにこなせるようになるでしょう。大変なのは、どのような情報商材にするかということだと思います。ただし、これはよくよく考えていけば、きっと見つかるはずです。そして、うまく情報商材として売りに出せれば、あとはお金が自然と手に入ってくるでしょう。

ひょっとしたら、情報商材は一番始めやすい不労所得を得る方法かもしれません。アフィリエイトやアドセンスなどの広告もある意味で、不労所得になりえますが、情報商材はまさに自分の商品なので、商品を作り出す要素もありますし、勝手に売れ始めれば、不労所得にもなるでしょう。ぜひとも、始めて欲しい分野になります。

そして、もう一つ紹介するのが、レンタルビジネスで不労所得を得る方法です。もし、あなたが余分にスペースを持っていたら、物置としてレンタルしてもいいでしょう。もし、雪山近くにいて、スキー板を持っていたら、スキー板をレンタルとして貸し出してもいいでしょう。これは極端に聞こえるかもしれませんが、何かをレンタルするのも不労所得を得る方法です。場所だったり、季節で使うものであったり、なんでもいいのでレンタルできるのであれば、それを用いて不労所得を得ることも可能です。これは、ある意味で簡単で誰でも始められる方法です。問題なのは、どのようなものを誰に貸すのかということです。それがわかれば、不労所得になりえるでしょう。

不労所得のまとめ

以上のように不労所得でお金を得る方法をお伝えしてきました。意外と始められそうなものもあったのではないでしょうか。不労所得を得られるのは、何もお金持ちだけとは限りません。一般の人であっても、知恵とわずかな努力で不労所得を得るチャンスがあるのです。これまで紹介した不労所得の方法を参考にしていただき、自分なりの不労所得を得る方法を構築していただければと思います。夢のような生活を送れる未来は、意外と近いのかもしれません。