病気になるほど残業してしまう日本経済

長時間残業は体を壊す(病気)

病気になるほど残業してしまうサラリーマンで後が耐えません。労働環境が昔より改善されていると言っても、まだまだ日本経済の下で働くサラリーマンは過酷です。休まることなく、働きづめのサラリーマンやOLも多いことでしょう。人より多くの仕事を任されて、耐えきれなくなり体を壊す人が後を絶たないのです。

過酷な労働環境は体を壊す

過酷な長時間残業労働は、身体に大きな負担をかけます。強いストレスが生まれるので、精神的にも体的にも、相当きつい負荷がかかるのです。睡眠障害にも陥るので、何をしてもやる気が起きないことが考えられます。重度の場合は、手を動かすだけでも、激痛が走ることもあるのです。そうなると、営業車を運転するのも危ないですし、取引先で倒れてしまう危険性もあります。

月45時間以上の残業は警戒レベル

月45時間以上の残業は、毎日2時間以上の残業になるので、警戒レベルです。これ以上残業すると身体に影響をきたし始めるでしょう。

月80時間以上の残業はヤバイレベル

月80時間以上の残業になると、より体に負荷がかかります。心筋梗塞や脳梗塞の危険性もあり、働き方を考えた方がいいレベルです。病気になる可能性も多いにあります。

月100時間以上の残業は今すぐ転職レベル

月100時間以上の残業になると、毎日3時間以上の残業になり、即刻仕事を辞めた方がいいレベルになります。過労死することも当然考えられるレベルです。また、うつ病に陥り、自殺する危険性もあります。即刻、転職した方がいいかもしれません。

仕事よりも体を取った方が大事

このように残業を続けることで、体を大きく壊し、重度の障害を患うこともあります。本当に思い病気になると、以前のような体には戻りません。そうならないようにするためにも、仕事よりも体の健康を大事にすることが一番です。体を壊してしまうと、どうしようもなくなります。健康でいることが大切なので、仕事よりも自分の人生を考えましょう。残業時間が転職するレベルならば、本当に会社を辞めて、転職を考えた方が良いでしょう。

残業代はきちんと請求しよう

たとえ辞めるにしても、残業代はきちんと請求するようにしましょう。会社の管理下にある時間に労働していた場合は、残業代が発生します。個人で残業代を請求するのが難しいのであれば、専門家に依頼しましょう。ひょっとしたら100万円以上の残業代を請求できるかもしれません。

専門家への残業代請求の無料相談について

いずれにしても、体の健康が一番になります。仕事本位になりすぎず、家族や自分の人生に重きを置き、仕事に励んでいきましょう!