残業代の分単位請求について

残業代は何分単位なのか

残業をしていて気になることは、何分単位で残業代申請ができるかということではないでしょうか。実は、残業代申請は、何分以上から申請可能という決まりはないのです。大切なことは、どの時間外労働時間で計算するのかが、大切になります。

日々の時間外労働時間についての切り捨ては違法

労働基準法で、残業代を日々の時間外労働時間で、端数切り捨てすることは違法とされています。

1か月の時間外労働時間についての切り捨ては認められている

認められているのは、1か月の時間外労働時間での端数切り捨てや四捨五入です。この計算にそえば、何分単位でも残業代を出すことが可能なのです。

30分単位でも10単位でも可能

なので、基本的に30分単位や15分単位で残業代を出すところも多いですが、10分単位でも1分単位でも残業代を会社が支払うことは可能になります。後は、会社がどのような労働規定を労働者と結んでいるかになります。

きちんと残業代請求しよう

以上のように、きちんと労働法にそう残業代計算であれば、残業代を何分単位で出しても可能なのです。もし、これまで残業しても、しっかり残業代をもらえなかった人は、一度、専門家に無料相談してみるのもいいでしょう。残業代は、労働法でも守られた請求権利であることを、覚えておきましょう!