老後も安泰に生活するために、老後資金を不動産投資に当てようと考えるひともいるかもしれません。

しかし、老後に不動産投資を始めるのは、かなりリスクもあります。

どういうことか、下記で書いていきます。

老後資金で不動産投資を始めるのは危険

老後資金で不動産投資を始めるのは危険

今は寿命100年時代とも言われており、年金だけで生活していくのも何かと不安です。

なので、少しでも蓄えを得ようと、退職金などで不動産投資を始めようとする方もいるかもしれませんが、素人がいきなり不動産投資を始めるのは、結構なリスクがあります。

物件選びに失敗すると借金ばかりのしかかる

下手に素人が不動産投資に手を出して失敗すると、家賃収入が入らずに、借金返済ばかりに追われることもあります。

不動産投資は、大きな金額が動くので、もし判断を誤ってしまうと、借金も大きく返済が大変になってしまうのです。

不動産投資経験がない方は、どれが良い物件なのかもなかなか判断がつきません。

一見良さそうな物件に見えても、実は多くの修繕が必要で割に合わないということもあります。

良い物件かどうかは、なかなか素人目にはわからないのです。

そういう中で、ただ老後も安心して暮らしたいからと、不用意に手を出しても、むしろ借金ばかりに追われて、生活がますます苦しくなる可能性があります。

少子高齢化で入居者が埋まる保証はない

少子高齢化で入居者が埋まる保証はない

今は、少子高齢化なので、たとえ都心であっても入居者が埋まる可能性はありません。

特に地方ならば、なおさらのこと、入居者がつかずに、いつまでも空室のまま経営しなければいけないこともあります。

いまの時代は、賃貸物件を持っていたからと言って、必ずしも成功するわけではないのです。

それでも不動産投資に興味があるならば、まずは人脈を築く

しかし、それでも不動産投資に興味があり、「物件を探してみたい」と思うならば、まずは不動産会社との人脈を築くことです。

良い物件を探すには、不動産会社を通さないと見つけることはできません。

なので、不動産会社と信頼関係を築き、良い物件が出たら、紹介してもらえるようにすることです。

上記は、おすすめな不動産セミナーなので、興味がある方は、ぜひ参考にしてみると良いです。

少額でリスクを抑えて不動産投資をするなら、クラウド型もおすすめ!

もし、少額資金でリスクを抑えて不動産投資をするならば、クラウド型投資がおすすめです。

クラウド型の投資ならば、出資者を募り、複数人で投資を行うため、わずかな資金でも不動産投資が始められます。

多くの投資家と共同で出資するので、投資案件によっては、資金1万円から取引を始めることも可能なので、試しに取引を始めてみるのも良いでしょう。

収益物件もプロが選んでくれる

また、収益物件は投資のプロが選定してくれるので、リスクを抑えつつ、安定した利回りが期待できます。

特に、不動産投資経験のない方で、安定した利回りを目指したい方におすすめです。

おすすめのクラウド型投資

上記は、クラウド型の投資を扱っている、おすすめの会社になります。

不動産以外の投資も行える会社もあるので、気になる方はぜひチェックしてみると良いです。

コツコツ貯金しているだけでは、お金はなかなか増えていかない

コツコツ貯金しているだけでは、お金はなかなか増えていかない

普通に仕事をして、コツコツ貯金をしているだけでは、なかなか大きなお金は貯まっていきません。

老後のためにも、資産運用してお金を増やす試みは大切です。

ただし、下手に素人が不動産投資に手を出すと、大怪我する羽目にもなるので、プロの投資家の力を借りて安全な資産運用を目指すのが良いです。

不動産投資に興味ある方は、ぜひ上記のことを参考にしてみると良いでしょう!