フリーランスの方は、必ずしも不動産投資する必要はありません。

フリーランスが不動産投資をするのは、リスクが高い

フリーランスが不動産投資をするのは、リスクが高い

フリーランスの方が不動産投資するにはリスクがあります。

不動産投資をするには、かなりの頭金が必要になる

まず、不動産投資はかなりの頭金が必要です。

たとえワンルームの購入でも、都心では500万円以上することもあります。

不動産投資するには、かなりの資金がないといけません。

不動産投資は多額の借金をしなければならない

また、自己資金だけでは足りず、多額の借金をすることになるでしょう。

いくら不動産投資で収入が得られるからといっても、多額の借金をするのはリスクがあります。

フリーランスは借金しづらい

また、フリーランスの場合は、社会的な信用力も低く、借金がしづらいのです。

不動産投資をしたくても、なかなか借り入れできないこともあるでしょう。

ということは、フリーランスが不動産投資をするとなると、多額の自己資金が必要となるのです。

空室で困ることもある

また、不動産投資をしても空室が埋まらず、支出だけが増えてしまうこともあります。

そうなると、収入は得られずに借金ばかり増えてしまうでしょう。

クラウド型の不動産投資がオススメ

もし、それでも不動産投資に興味ある場合は、クラウド型の不動産投資がオススメです。

こちらは、複数の出資者と共同で不動産投資を行うため、少額からでも投資ができます。

また、収益物件もプロが選んでくれるので、安心して投資しやすいでしょう。

投資信託の方が手堅く始められる

また、手堅く投資をするならば、投資信託もオススメです。

今は、AIで資産運用することもできます。

不動産投資よりも少ない資金で運用ができるので、リスクを抑えて資産運用したい方にもオススメです。

必ずしも不動産投資で稼げるわけではない

必ずしも不動産投資で稼げるわけではない

不動産投資をしても、必ずしも稼げるわけではありません。

むしろ、多額の借金ばかりで苦しい状況に陥る可能性もあります。

なので、安易に不動産投資を始めない方が良いでしょう。

もっとリスクを抑えた資産運用もあるので、いろいろ検討してみることです。