新型コロナウィルス・株価大暴落による不況で、会社の経営が窮地に立たされている企業も少なくないでしょう。

新型コロナ・不況で会社の存続危機!?

新型コロナ・不況で会社の存続危機!?

2020年に入り、新型コロナウィルス・株価大暴落と、様々なことが起こり、消費を減り、企業の経営も難しくなってきました。

おそらく、この記事を読んでいる方の中にも、経営がうまくいかず、悩んでいる企業の方も多いでしょう。

もともと厳しかった会社はさらにヤバくなる

特に、もともと自転車操業などで、経営が厳しかった会社は、ここに来てさらに不況のあおりを受け、ますます経営が難しくなってきてるかもしれません。

資金力がなく、低迷を続けている会社ほど、厳しいものがあるでしょう。

もうお金は借りれない!?

これまで多くの融資を受けていた会社は、もうお金を借りるのは難しい状況かもしれません。

お金も回らず、売上も伸びず、苦しい状況が続いている会社もあるでしょう。

事業売却も視野に入れる

実際に、新型コロナウィルスの関係で、倒産する会社も増えてきています。

このまま続けていても経営が難しい場合は、事業売却も考えた方がいいかもしれません。

上記のように、事業売却やM&Aが依頼できるサービスもあります。

赤字、債務超過の企業でも売ることができるので、興味ある方は一度相談してみるといいでしょう。

事業売却は誰にも相談できない

事業売却などについては、なかなか相談できる相手もいなく、どうすればいいのかもわからないと思います。

だからこそ、一度プロに相談してみるのがオススメです。

みどり財産コンサルタンツみどり財産コンサルタンツ

ダラダラ経営を続けても、泥沼にはまるだけ

もちろん、このまま経営を続ける選択肢もありますが、解決策も見つからぬまま、ダラダラ経営を続けていても、余計自分の首を絞めることになります。

それならば、一度リセットするためにも、事業売却を検討してみてもいいのではないでしょうか。

その方が、余計な悩みも減り、精神の衛生面的にもいいような気がします。

今は、なかなか厳しい状況が続くと思うので、事業売却も検討してみるといいでしょう。